exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
<   2015年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
愛しあって世界は回る!
POP!

新曲「愛しあって世界は回る」
おかげさまで、いい感じにダウンロードされてるようです。

100%POPな、個人的にも最高に気に入ってる楽曲なので、一人でも多くの人に行き渡ったら嬉しいなと。

そして、今回はフリーダウンロードというほんとに新たな試みで、音楽メディア以外にも色々取材してもらったりして、単に新曲出しました以上の反響をもらい、これがまた新たな音楽の可能性につながればいいなと思ってます。


ただ、フリーダウンロードという方法を選んだのには、べつに音楽システムを変えてやろうとか、CDはもう終わったとか、そういう重いメッセージがあるわけではないんです。

むしろ全く逆で、いかに手軽に曲を聴いてもらえるか?というのを考えて行き着いた方法です。

なので、最初からフリーというつもりで作ってたのでもなく、レコーディングしてて「愛しあって世界は回る」がほんとにPOPでエバーグリーンな曲になっていく内に「この曲はできるだけ多くの人に聴いてほしい」「聴いてもらえれば気に入ってくれるはず」という想いが強くなって、だったら一人でも多くの人に聴いてもらえるリリース方法って何だろう?と考えた末に、無料であげちゃおうになったわけです。

例えばラジオで曲を聴いて、気に入ったとしても、そのうちどのくらいの人がその曲をあえてメモったりしてその後レコード屋に行って買うだろうとか、iTunesを立ち上げて購入するだろうって考えたら、結構ハードル高いと思うんですよ。
それは曲そのものの問題ではなく、その後のアクションの問題というか、やっぱり昔よりわざわざ曲を買う(特にCDを買いに行く)という行為が直接的じゃなくなってると思うんですね。

でも無料ダウンロードだったら、ラジオで曲を聴いて気に入ってくれた人が、その場ですぐにhoff.jpに行くだけでダウンロードできる。さらにコピーして友達に配ってもらったっていい。
それで繰り返し聴いてさらに気に入ってくれて、以前のCDを買ってくれるのでもいいし、ライブに来てくれるのでもいいし、その後になにかがつながれば、そっちの方が大きいんじゃないかと。

言ってみれば、どれだけ聴く人との距離を縮められるか、というのを考えた結果の無料配信なのです。

それこそ

回る回る 愛しあって世界は
回る回る 感じあって未来は
回る回る 愛しあって僕らは
回る回る 感じあって
いつまでも いつまでも

という歌詞の世界と一緒で、いかにみんなと愛しあってこの時この曲を共有しようか、ということなんです。

なので、まずはほんとに聴いて欲しい。
そして聴いてくれたら、ぜひ今度は友人・家族・愛する人にどんどん回してって欲しいのです。

そうやって、未来は続く、いつまでも!

行くぜ10万ダウンロード!

一つ、皆さんご一緒によろしくです。

http://hoff.jp/ai/
から。
f0146268_822564.jpg

by yuhiblog | 2015-09-29 08:27 | 軟式音楽
したコメ・たけしさん&田中くん&いろいろ
POP!

さて、今ぼくの手元には2つの素晴らしい読み物があります。

一つはこれ
f0146268_23202890.jpg


皆さんもご存知のとおり、昨日のしたコメでのサニーデイ田中くんの一世一代のビートたけしさん大接近計画の模様をスポニチがすっぱ抜いた記事です。

左 ビートたけしさん
右 いとうせいこうさん

真ん中 誰????

という世間の反応を予測しつつ、勇敢にもステージセンターへと向かった40代男の晴れ舞台であります。

そしてもう一つの読み物はこちら

f0146268_2324630.jpg

盟友・西寺郷太による「プリンス論」
これまた、ミュージシャンが書いたとは思えないくらい本気のリサーチで、日本では初めて出されたプリンス本です。
(ほんとにすごいんだ、これが!)

友人二人のこの出版物(一人はただの熱唱ですが)に共通するものは、ずばり
『愛』
なのです。

二人とも本業はもちろんミュージシャンですが
たけしさんへの偏愛ゆえのこの到着点
プリンス愛が行きついた末の作家としての本出版
どちらも本気で「愛」のパワーに満ち溢れてるんです!

僕もよく、好きなカレーや街散策・ディズニー、ふしぎ発見なんかの
言わば音楽以外のことで雑誌やテレビに出させてもらうと、少なからず
「ミュージシャンなのになにやってんだ!」
的なお叱りを受けることがあります。

でも、その都度言ってるのが
「好きだからやってるんだよ・・」
なんですよ。

そもそもミュージシャンという職業だって、音楽が「好き」だからやっただけで、本来僕らにとって一番大事な原動力は「好き」であり「愛」だと思うのです。

「愛」こそが一番大事で、それが理由ならなんでもいいんですよ、ぶっちゃけ。

田中くんがたけしさんを大好きということで、みんなで色々考えて、最後はステージど真ん中でたけしさんの横で歌うまで至ったのですが、これって通常のイベントルールでいったら、絶対アウトなんですよ。
ホフディランの、さらにそのサポートのベースの田中って人がたけしさんの隣で歌うって、なんなの???って(笑)

でも、せいこうさんたけしさんTTの3ショットに嫌な感じがしないのは
田中くんが本気でたけしさんを「愛」してる感が伝わってくるからなんだよね!

世間的な知名度とかその人の立場とか、イベントサイドの立ち位置とか、そういうの関係なく、このステージで一番たけしさんを愛してる人がそばに行くべき!という、すごくシンプルな出演者の流れがあるからこそ、この光景って綺麗なんだなと。
(そういう空気を可能にしてくれた、いとうせいこうさんが最高です)

同じく郷太の「プリンス論」も、普通なら音楽ライターが書くべきもので、現役ミュージシャンが書くのは色んな意味でイレギュラーなんだけど、それを全く感じさせないのは、郷太の本気のプリンス愛なんですよね。

ちょうどこの日、サンボマスターが「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」と歌ってましたが
ホフディランが今週土曜に完全フリーでリリースするシングルも
「愛しあって世界はまわる」
なのです。

よし、やっと宣伝につなげた!

という心を叫びはさておき、本当に好きなこと、愛してることを信じ続ければいつか叶うというのをすごく感じた今週なのでありました。

ちなみにビートルズの「All You Need Is Love(愛こそはすべて)」は1967年に通信衛星を使って全世界に同時放送された、言わば初めてフリーで全世界にばらまかれた曲で、それこそが<愛>がテーマだったんです。

つーわけで、みんなで愛をばらまきましょう!


f0146268_032662.png

ホフディラン 愛しあって世界は回る

f0146268_0322797.jpg

26日からフリーダウンロード開始!
みんな愛をバラまいてねー!
QRコードまたはwww.hoff.jpより!
by yuhiblog | 2015-09-24 00:41
祝!ボニーピンク結婚
POP!

ボニーピンクの20周年ライブに行ってきました。

で、もうYahooニュースとかにもなってるように、結婚を発表しました。
おめでとう!

ボニーとはホフのデビューからの仲で、もともと同じレーベルでしかも同い年だったので、思えばこの20年、要所要所のタイミングで会ってました。

これ最近いつも言ってるんですが、40歳という節目で確実に一旦いろんなことを振り返るんですね。
僕の場合、W成人式という40歳が集まるイベントがあって、そこでまず当時遊んでた色んな学校のやつらと久しぶりに会って、随分会ってなかった友達とも結局昔のように仲良くなったりして。

その後、同じく小学校の同窓会があり、やはり同じように昔の友人たちと、まるでこの30年がなかったかのようにごく自然に連絡を取るような関係になって。
さらに幼稚園の友達とすらまたつながって、幼稚園を出て以来一度も会ってなかった幼馴染と普通に飲みに行くようになったり。

さらに、偶然ではあるんだけど、同じ頃にマシロックで小沢くんや田島さん、キリンジとかと同じステージに立って、その後もみんなで集まるような機会があったり、音楽仲間でも確実に10〜20年の時を経てちょっと一周した感じでお互いすんなりといろんな人と触れ合えるようになった。

なんかほんと40歳になって、いろんなことがもう一度巡ってきてる感じなのです。

そんな中、ボニーピンクとも昨年一緒にNHKのスクールライブショーという番組に出た時に、わりと僕らとしては久しぶりに会ったんだけど、やっぱ一瞬で昔の友達感覚に戻って、収録後に一緒に食事に行って、実はそこで今回のお相手のことも聞いてて(しかも共通の知り合いでもあり)、その後5月に僕の「小宮山雄飛があの人と話す会」に出てもらった際に楽屋で結婚のことを聞いて、他人事と思えない感激でした。

20年前にボニーに会った時から何も変わってないようで、ものすごくいろんなことがあったようで、時の流れの不思議さを感じずにいられませんでした。

彼女は決して自分のプライベートをベラベラしゃべる様な人じゃないし、かといって秘密主義でもないので、どうやってファンに結婚のことを伝えようか、おそらくファンの気持ちをすごく考えて悩んでいる面もあっただろうから、そういう事情を知ってるだけに今日のライブでの発表の瞬間はとても感動的で、ファンの人たちの祝福がまた素晴らしかった。

そして、これからのボニーピンクがますます楽しみになりました!
気づけばお互いデビューして20年(ホフは来年だけど)、すごい時間が経ったけど、これからも変わらず音楽を作り続けよう!

おめでとうボーちゃん!


f0146268_113937.jpg

写真は、ボニー20周年を祝って(?)赤毛にしたグレート3白根さん。
今日のプレイが、マジでめちゃめちゃかっこよくて、ドラムまつりでの共演が楽しみになりました!
それまで赤毛なんだろうか??


白根さんも出演する、ホフディラン 秋のドラムまつり
http://hoff.jp/e/tabi15/drum.html

いよいよ今週<小宮山雄飛があの人と話す会> ゲスト・吉田類!!
http://hoff.jp/2015/08/-6-1.html


どちらもぜひ!
by yuhiblog | 2015-09-22 01:06 | 軟式LIVE
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。