exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ツカム
POP!

ここのところ、ツアーの話や色々なニュースを伝える事が多かったので、たまにはなんでもない戯言など。

おかげさまで、日々これ色々な詞・曲提供のお誘い、あるいは連載や番組のお話し、さらにはご存知の通りカレーいなりみたいなすごい角度からのお誘いなど、楽しいお仕事の話をいただくのですが

なにかを作る際に、いつも「つかむか、つかまないか」という部分ですごく悩むのです。

つかむというのは、つまり相手の心を掴むことですね。

ちょっと前のブログに書きましたが、最近のライブを含め色々な活動は、本当に相手の胸に手をつっこんで、心臓をつかみ出すくらいのつもりでやっているのですが、そういうほんとの意味でのつかみと別に、創作活動には軽くつかむかどうかというのがあります。

言い方難しいですね。

例えば、作曲だったら、Aメロでいきなりつかむ作り方って絶対あるんですね。
ここでこう来たら、絶対ウケるだろうという、それこそお笑いで言うとこの「ツカミはOK」というやつですよね。

でもやっぱり、それはあまりやりたくない時もある訳です。

同じつかみ方でも、例えば曲を最後まで聞いて、さらに何度か聞いているうちに、徐々に徐々にしかし深くつかまれる、というようなつかみ方もありますよね。

あるいは文章とかでも、それこそ週刊誌の中吊りみたいに見出しを分かりやすくドカーン!と出してつかむ文章もあれば、明確な結論は書いてないけど、なにか読んだ後にじわじわと考えさせられるというような文章もありますよね。

そういう、つかむかつかまないか、という部分で(あるいはどこでつかむかとか、いつつかむかとか)、何かを作るときってすごく悩んだりするのです。

例えばカレーいなり

あれはもう、完璧にいきなりつかみですよね。

カレーといなりの合体

その時点でつかみでしょ。

味も分かり安くいなりの甘さとカレーのスパイシーさが出てて、もちろん好き嫌いはあるにせよ、一口食べた時点で「おお!」っていう、つかみの味だと思うんですよ。

カレーいなりは存在そのものが全く新しいものなので、それで良いと思うし、おかげさまでそれがすごく良くできた料理になったかなと。

でも、あれはやはり僕がカレーの世界では全くの新人というか、チャレンジャーだから出来たことでもあるだろうなと。

カレーの世界ではAKBみたいな立ち位置ですから(まあ既にAKBは新人ではないのですが)、とにかく頭っからつかむようなことを僕も躊躇なくできる。

逆に何十年もやっている本格カレー屋さんだったら、やはりああいう商品ではなく、派手さは無いけど食べ終わってじんわり美味しく感じる、ような商品になってたかもしれないですよね。

同じ事で、音楽でも文章でも映像でも、どこでどうつかむかというのは、ある意味自分自身との駆け引きでもあったりするので、けっこう考えるところなのです。


例えばこの文章も、もしハナっからつかもうとしたら、タイトルを
『会った瞬間に相手の心をつかむ方法!』
みたいにしたら、もっと読まれそうですよね。

てか、そういう本、よくありますよね。

Amazonでタイトルだけ見てても、まあみんなよくつかむね〜!と思うタイトルだらけです。

ということで、今日のこの文章は、少なくとも頭からつかもうとはしていないということが、タイトルだけとっても分かるかと思います。

その代わり、もし数年後にでも、何かの曲を聞いていたり、何かの文章を読んでいたり、あるいは電車の広告を見た時に、「これってつかみだなー!」「あ、雄飛が書いてたのってこのことだな・・・」って思ってくれたら

やった!
じんわりとだが、つかんだぞ!

と思う訳です。
by yuhiblog | 2012-12-27 13:50 | 軟式LIFE
目の前には富士山
POP!

今年はホ二人旅2012で日本中に行きましたが、おかげで色々な角度から富士山を見ました。

東京近郊からの富士山

新幹線で静岡辺りから見る富士山

福岡への飛行機で空から見る富士山

そして今年最後のライブだった伊豆大島のホテルの前からの富士山がこちら

f0146268_10102712.jpg


写真だとかなり小さいですが、実際にはけっこう大きく見えます。
海を挟んで見る富士山というのも不思議な感覚で、幽体離脱して自分の姿を見てるような感じです。

(あ、僕らの住む本州ってこんな感じのとこだったんだ)と。

最近はやはり自分の国というのを意識するようになってきたので、自然と富士山への愛着も今までより大きくなってきてる気がしますね。

まさに遠くの大自然よりも、目の前のマウンテン。

あれ思えば親の歌だったのかもな。
by yuhiblog | 2012-12-22 10:39 | 軟式LIVE
ホ二人旅 サンキュー!
ホ!

ホフディラン初の二人きりツアー『ホ二人旅2012』
全国で沢山の久しぶり&初めましてのお客さんと素敵な時間を共有しながら、無事に全公演終えました!

といってもまあ、まだ今週末の伊豆大島イベントおよび来年の追加3公演があるので、気持ち的にはキーポンなのですが、まあひとまず一段落と。

まずはホ二人とは名ばかりで、関わってくれた多くのスタッフ、ゲスト、会場の方、お坊さん、などなどなど全員に感謝したいですね。
ほんとありがとうございます!

色々な意味でイレギュラーな今回のツアーは、ほんとに関わってくれた人、全員の協力あっての成果です。

そして、もちろん来てくれた皆さん!
なんかこう書くと、ものすごく優等生的なブログのような感じですが、しかし今回はほんとに感謝の意を表したくなるツアーでした、はい。

やっぱね、音楽っていうのは一人で作ってるものじゃないなと。
もちろん詞や曲、それからライブの内容そのものは僕らが作ることができます。
でも、それを奏でる場所、さらに来てくれる人やその反応
まあ言ってみれば、そんなこんな含めたその場の空気というものは、僕らだけでは絶対に作ることができない訳です。

そしてその空気こそが一番大事なものなんですよね!

そう考えると、なにもミュージシャンだけが偉いなんてことは、決してないのです。

役割りの違いこそあれど、みんなでその瞬間その場所の空気を一緒に作ってるということですよね。

そしてその空気は二度と同じものはない、というとこが切なくも面白いんですよね。
初日の山梨の緊張感、久しぶりの札幌での一体感、広島での高揚感、新潟での連帯感(なにしろ大雪だったのでw)、ほんとにどれをとっても同じ空気は二度はない。

それこそLIVEですよね。
つまりは生きるってそうゆうことなのか!?

なんてことをライブが終わった後の移動の車内やホテルのベッドで、その日のライブを思い返しながら一人ぽつりぽつりと考えていました。

なかなかにして相変わらず良い人生ですね、ほんと。

そうそう、カレーいなり。
あれもすごく評判良くて、ライブ終わった次の日の新潟のローソンにも置いてあって売り切れだったりするのを見ると、なんとも不思議な気持ちになりますね。
ファンの人はもちろんですが、僕のことを全く知らない人達が、僕が考案したおいなりさんを普通に昼食として買って食べてたりする。
これは自分でもすごく不思議な気分ですw

まあなかなかにして楽しい人生ということです、つまり。

f0146268_18235898.jpg


【ホ二人旅 追加公演 2013】
<予約キャンセル分、追加情報>
*予約キャンセル分のみの販売となりますので、お急ぎで!
*既に定員に達している場合は終了となってますので、ご了承ください。

1月26日(土) 東京 JTアートホールアフィニス
OPEN 16:30 START 17:30
  
2月3日(日) 仙台 SENDAI KOFFEE
OPEN 18:00 START 19:00

イープラス http://goo.gl/7OhbF
ローソンチケット http://goo.gl/gqLsG
by yuhiblog | 2012-12-11 18:26 | 軟式LIVE
カレーいなり LAWSONで全国発売!
POP!

今日もまた楽しいニュースを一つ。

今日から1月14日までの期間限定で、全国のLAWSONにて僕が考案した『カレーいなり』が発売されます!

ファンの人は知ってるかと思いますが、僕は大のカレー好きで日々カレーの食べ歩きをしたり(昨日の神戸でも昼に2軒はしごした・・・)、家でもオリジナルカレーを作ったりしてるんですが

そんな中で、数年前に『カレーいなり』なるものを考えました。いなり寿司の中に酢飯と一緒にドライカレーを入れて、お揚げもカレー味に煮たものです。

カレーといなり寿司というと、すごく異色な組み合わせのようですが、実際は酢飯の酸っぱさはもともとタマリンドなどで加える酸味、揚げの甘さはタマネギやフルーツで加える甘さ、さらに揚げ自体はナンと同じような役割を果たすので、実は元々カレーを構成している味の要素に近い訳です。

これは絶対合うはず!
と思い作ってみたところ、これがめちゃくちゃウマイ!

完全オリジナルで作ると、結構な手間なのですが(いなりとカレー両方作る訳ですから)、それだけの価値がある美味さ!
さらにオリジナルのカレー粉『カレー粉ディラン』を調合して、ライブ会場で販売したり、まさに曲名どおり『東京カレーライフ』をすっかり満喫していた訳です。

そして今年の夏
雑誌・dancyuのカレー特集でカレーいなりをレシピ付きで発表したのですが、なんとその号を読んでいたLAWSONの人が、実際にレシピ通りに作ってみて「これは美味しい!」ということになり、商品化したいという話をdancyuにしてくれたそうです。

正直最初は「また小山薫堂さんがdancyuと仕掛けた大がかりなドッキリなんじゃないか!?」と疑っていたのですが、実際に打ち合わせに行ってみると、本物のLAWSON担当者の人や工場の人がずらっと並び、そこにはすでに試作として作られたカレーいなりも並んでいる。

あ、これホントだ・・・!
と逆にビックリw

そこからは「こんな作り方はできないか?」「こういう行程で中身を詰められないか?」など、素人をいいことに工場の方にも色々とわがままな提案をさせてもらい、最終的な完成品へとこぎつきました。

ということで、本日晴れて全国の店舗に並んでます!


これほんとに美味しいんで、ぜひぜひ朝にお昼に夕食に、日々これパクついて素敵なカレーライフを送ってください!

f0146268_9342767.png


f0146268_934459.png


<BGM>
ホフディラン「tokyo curry life」

WAKE UP 旅へと向かう僕ら
言ってみりゃ毎日は そんな連続なんだ
NICEDAY ドアを開ければ今日も
新しい喜びが 僕らを待ってるんだ

SUNSHINE 空に向かって伸びた
東京タワー目指して 道は続いてるんだ
so MOVING ぶらり勝手気ままに
西へ東へ行けば oh 腹も減るってもんだ

いつも東京の街のどこかで 誰かがカレーを作ってるんだ
今日も東京の街のどこかで 新しい出会いが待ってるんだ

HAPPY ちょっとした出来事が
僕たちの毎日を グッと 明るくしてるんだ
SO LONELY 落ちる時もあるけど
それはそれで僕らを ぎゅっと強くしてるんだ

いつも東京の街のどこかで 誰かがカレーを作ってるんだ
今日も東京の街のどこかで 懐かしい香りが待ってるんだ

食べよう 帰ろう

PEOPLE(YEAH!) それぞれの毎日は
この街の隅々を 形作ってるんだ
トワイライト 君と夜空見上げて
たまにゃ星に願いを そう かけてみるのもいいね

いつも東京の街のどこかで 誰かがカレーを作ってるんだ
今日も東京の街のどこかで 素晴らしい出会いが待ってるんだ

交差点の前で 足踏みする二人
旅に出る僕らは 喜びと悲しみ 詰め込み 手を振る

いつも東京の街のどこかで 誰かがカレーを作ってるんだ
今日も東京の街のどこかで 新しい出会いが待ってるんだ

食べよう 帰ろう・・・
by yuhiblog | 2012-12-04 09:41 | 軟式グルメ
おめでとうワタナベイビー!
広島のライブで本人から発表がありましたが、ワタナベイビーにベイビーが誕生しました!

おめでとうワタナベイビー!!
僕は初孫ができた気分です。

http://ameblo.jp/watanababy-blog/

孫にこの曲の歌詞を捧げたいと思います。


<MILK>

OH それは僕にとって 今もそうさ特別だよ
ミルクがそこにある
ミルクがそこにあるからさ
僕はここにいる

OH それは証なんだ 今 キミが生まれたから
ミルクがそこにある
ミルクがそばにあるだけで
僕はそこにいる

今も昔も 犬猫も僕らも
夜の終わりでも 疲れ切った時でも 他人でも
キミの笑顔も 子供たちの寝顔も 地球のどこでも
乾き切った土地でも
キミの中に生まれてる

OH それは繋がりなんだね また僕が生まれる時に
ミルクはそこにある
ミルクがそばにあるからさ
僕がここにいる
ミルクがそこにある
ミルクはそこにある

f0146268_830088.png

by yuhiblog | 2012-12-02 08:31 | 軟式ニュース
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。