exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
<   2012年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ロンドン
海外旅行に行く時は、いつも行きの成田エクスプレスの時点で寂しくなる。

といっても、早くもホームシックが始まって寂しくなってる訳ではなく、むしろ逆で、これから行く旅の終わりを思って寂しくなるのです。

今向かってるこの旅も数日もすれば終わって、気付けば同じ成田エクスプレスを逆方向に向かって乗ってるんだろうなあ、と考えると寂しくなるのです。

正確に言うなら、寂しいではなく、虚しく感じるというか、時間が止まってくれることはないんだっていう絶対的なルールの前に、人間の虚しさを感じるわけです。

普段の生活であれば、一日が終わってもまた明日と思うし、一週間が終わってもまた新たな一週間が始まると、時間を気にせずに生きてるわけですが、旅だとそういう訳にもいかない。一定の期間が終わったら確実に帰って来なければいけないのです。

どんなに楽しい旅でも、行ったら帰ってこないといけない。

だから楽しみな旅になればなるほど、早くそこに行きたいという思いと同時に、まだ行きたくない、行っちゃったら終わっちゃう、という思いが強く生まれてくるのです。

それって何かと思うと、人生と一緒だなと。

僕らもいつか死ぬわけです。
たまたまその旅行日程が明かされていない、あるいは人によって違うだけで、絶対誰しも終わらないといけないのです。

旅の直前は毎度そんなことにふと気づかされてしまい、成田空港で「羽伸ばしてくるぞー!」「買い物しまくるわー!」などと盛り上がってるカップルやOLさんたちの横で、一人ポツンとセンチメンタルになってたりするのです。

今回、blurのライブを観るためにイギリスに来た訳ですが、今回は特にその複雑な思いをめちゃめちゃ感じてます。

なにしろblurはこのライブが最後になるかもしれないと、デーモン本人が発言してる事実上の解散コンサートだから(たぶん数年したらまたやる気はしているのですが・・・)、早く観たい!という思いと、始まらないで!という思いがそれはもう葛藤していたのです。

なんなら成田エクスプレスどころか、6月の終わりくらいから
「ああ、ロンドン行きたくないな・・・」
と思ってた訳です。

だって、行ったら終わっちゃうでしょ、旅もblurも。

でもそれが人生、それが旅なのでしょう。
べつに僕がロンドンに行かなかったからってblurが解散しない訳ではないw
だったら見届けた方が良い。

僕が旅に行かずに日本にいたからって、時間が進まない訳ではない。

旅に行って帰ってくることで、明確に始まりと終わりを意識することができるだけで、日々の生活だって同じく始まりと終わりの連続なのです。

この文章をここまで読んだ人は、もうこの文章の最初の方を読んでた頃には戻れないのです。
そして、いずれ(わりと、もう数行で)この文章だって終わるのです。

そう考えると、なんかすごいことに巻き込まれちゃったって気がするんですね、「生きる」という。
望んで来たのかすらよく分かりませんが、なんかほんとすごく切ないことに巻き込まれちゃったんだなと。

「出会い」は偶然ですが、「別れ」は必然です。

あと数時間で始まるblurのラストライブを前に、一人ハイドパークからそんな気持ちを手紙に書くようにお伝えしてみました。

ということで、やはりこの文章も始まった以上、こうやって終わる運命なのだ!

サヨウナラ!サヨウナラ!

f0146268_20412266.jpg

by yuhiblog | 2012-08-12 20:44 | 軟式LIVE
海を越えた!
アロハ!

というか、ただいま。

ハワイより帰ってまいりました。

で、何を言いたいかといいますと

海を越えたぞ!!

ということです、はい。

ご存知の通り、軽い閉所恐怖症の僕は、ここんとこ飛行機に乗るのが怖かったのです。

元々は「世界の国からコンニチワ」「TO THE WORLD」などの曲があるように、世界中を旅するのが大好きだった僕、美味しい唐辛子を買うだけのために飛行機を乗り継いで(しかも国内線のかなり小さなもので)サンタフェまで行ってしまうほど、旅も飛行機移動も大好きだったのですが、ある時期から閉所が怖くなり始め、気がつけば電車や車も含め長距離の移動が苦手になっていたのです。

とはいえ仕事上全く移動しない訳にもいかないので、なんとか我慢してそこそこの移動をしながら生活していました。

しかし!

今回久しぶりに長距離の飛行機移動を成功させました!!
(と大げさに書いてますが、何も僕は操縦した訳でもなんでもなく、単に乗ってただけですが・・)

これで晴れて、来月のロンドンも心配なく行けるし、秋のツアーも堂々と飛行機で北海道や九州に乗り込めるというものです。
(僕だけ陸路にしようかと企んでた時期もありましたが・・)

そして、こうなってくると、やっぱり旅は楽しい!

飛行機に乗ってる時間も、今となっては携帯やネットのつながらない貴重な精神的解放区と呼べる時間。
実際、東京にいる時は寝ている間以外、なんらかの形で常にネットにつながってる人間にとっては、ゆっくり本を読んだり考え事したりできる、とても貴重な時間なのです。

さあ、すっかり盛り上がって来たぞ!

ということで、久しぶりに世界中を旅する気まんまんになってきたのです。

なんなら「世界ふしぎ発見!」にミステリーハンターの方で呼んでもらえないか。(無理だ)

べつに閉所恐怖症だったからという訳ではないのですが、最近は「東京の街」を紹介するような役割が仕事ですごく多かったのですが、これからはまた「世界の街」も紹介できればと思います。

行くぜ、TO THE WORLD!!
f0146268_15212513.jpg

by yuhiblog | 2012-08-01 15:21 | 軟式LIFE
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。