exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Urban Outfitters
POP!

以前にもブログに書きましたが、僕がアメリカに行くと必ず行くお店が
Urban Outfitters
というセレクトショップです。

最初に行ったのはサンタモニカだったかニューヨークだったか忘れたけど、その頃はまだそんなに店舗数があった訳でもなく、とにかくセンスの良いお店だなあという感じだったんですが
今ではアメリカ以外にも進出してて、150店くらいあるそうです。

GAPとかとは比べ物になりませんが(ちなみにGAPは全世界に3000店以上あるんだって!)、それでも最近はアメリカの主要な街には必ず1店はあるくらい有名になってます。

f0146268_11125115.jpg


最近すっかりアメリカに行けてない僕は、Urban Outfittersのオンラインショップで服を購入することにしました。

インターナショナルの送料はどれだけ買っても$40

まあTシャツを数枚買うとかには高いですけど、けっこうまとめ買いすれば、安いですよね、海外から送られて来るんだから。

というよりも、もしアメリカ行って買い物したとしても、全部まとめて日本に3000円くらいで送れるなら、むしろ送りたいくらいですね。

つーわけで、結構あれもこれも頼んで、すっかりショッピングを楽しんだのですが

ここからが実に大変だった。

いつになっても届かないなあ・・・と思ってサイトをチェックしたら、なぜか全部キャンセルになってる。。

どういうこっちゃ!
とメールで連絡したら、なんかの確認のメールをしたのに返事がなかったからキャンセルにしたと言っている。

ということでメールをチェックしてみたら、随分前に迷惑メールボックスに確かにメールが来てた。

ごめんごめん迷惑ボックスに入ってたわ!的なことを英語でメールしてみるも、すでに一度キャンセルになってしまったので、もう一度最初から注文せよ!と、けんもほろろな対応。(この表現あってんのかな?)

ほんじゃあということで、今一度最初から注文したのですが、その間にすでに売り切れになってしまったものなどもあり、なんか腑に落ちない。

やっと再注文が完了すると、またもやなんかメールが来た。

英語なのでよく分からないんだけど、クレジットカードが本人のものか確認するので、こっちの住所とクレジットカード番号・実際に使った形跡などが分かる書類を送れ、みたいなことが書いてある。

これがすごく大変だったのです。

まあ簡単に言えばクレジット会社から送られて来るご利用明細書をコピーして送れ、ということなんですが、まず住所が日本語(漢字)なんで、そのまま送ってもなんの証明にならない。

さらにご利用明細が載ってるページにクレジットカードの番号が書いてなかったりする。
なので、このカードで買ったかどうかが分からないから、これまたなんの証明にもならない。
(単に僕は最近こんな買い物してまーす!という報告にしかならない、そんなもの見てどうすんだ?)


しかもその詳細ももちろん日本語だから
『すしざんまい 渋谷東口店 5250円』
とかって書いてある。
こんな明細をアメリカ人に送って、一体むこうはそこから何を分かるのか、よく分からない。。

さらに面倒なことに、写真入りのID、つまり運転免許証かパスポートのコピーも送れと書いてある。

これも全く意味が分からない。

海外ではお店でよく写真入りのIDの提示を求められることは確かにありますが、それは顔と写真を見比べて本人だということを確認するためですよね。
しかしよくよく考えていただきたい、オンラインショッピングなんだからそもそもこっちの顔見てない訳ですから、写真付きのパスポートを見た所で、本人かどうか、なんの確認にもならないでしょ??
単にどんな顔してんのか知りたかったのか??

とにかくそんなややこしい確認作業が何度もあって、やっとカードが本人のだということが認められて、送ってくれることになりました。

しかしどう考えても、僕が送った書類で分かるのは、こんな顔した人が先月すしざんまいに行ったんだ、ということだけなんだけど、なぜあれで認められたんだろう??

まだこれからさらに一悶着ありそうですが、頼んだのは秋冬の服なんで、せめて今月中には届いて欲しいです。


<追伸>
GREAT! 今回の注文が完了しました!
というお知らせのメールには、なぜか「今後またオーダーしてもらう際には、また同じ書類を送ってくれという連絡があると思います」と書いてある・・・
また次も、すしざんまい行った証明を写真付きで送んなくちゃいけないのかい!
by yuhiblog | 2011-11-24 11:56 | ブログ
イメージングスクエア!
POP!

僕が編集長をしているEXILIM FAN SITE /SHOOT UPにて、CASIO IMAGING SQUAREとのコラボ企画を開催中です!

IMAGING SQUAREとは、web上で写真に色々な加工をできるサービスです。

個人的なお薦めはヴァーチャルペインター!
相当ゴリゴリっと思い切った加工が可能です。

例えば、元画像こちら

f0146268_9424952.jpg

神谷町のインド料理の名店ニルヴァナムのカレー

僕はカレー好きですが、あえて言うと「カレーライス」好きなんですよね。
ナンと一緒に食べるいわゆるインド料理のカレーよりも、ご飯で食べるカレーライスの方が断然好きなのです。
(といっても、カレーライスの中では欧風や日本風よりもインド風が好きなので、なかなかジャンル分けが難しいですね。インド風日本カレーと言いますか・・・)


なので、カレー好きな割にあまりインド料理屋さんには行ってなかったんですが、美味しいと評判のインド料理屋さんで食べると、やはりスパイスの使い方でほんとのビックリさせられる!

もうね、食べ物というジャンルを越えてるというか、ほんとスパイスを食べてる感じ。
おそるべしインド!

最近では
西新宿 コチンニヴァース
経堂 ガラムマサラ
そしてこの
神谷町 ニルヴァナム
が衝撃の旨さでした!


ということで、話は戻ってIMAGING SQUARE

上のカレーの写真をぽちっとするだけで、こんな風に変わる!

f0146268_952531.jpg


油画風!

もう
これほんと描いたみたいっしょ!

さらにゴシック油彩なるモードで変換するとこんな感じ

f0146268_9532822.jpg


これなんてね
このまんまニルヴァナムの壁にかかってても良さそう。

というか元の写真よりむしろインド料理感が出てくるのが不思議ですね。

さらにシルクスクリーン加工だとこんな感じ

f0146268_95671.jpg


大友克洋風で実にPOP!

とにかくこんなのが一発で出来ちゃうのがすごい!


そんなIMAGING SQUAREのさらにすごい機能がDPアニメーション!

写真で撮った静止画に動きを加えて動画を作れる機能です。


SHOOT UPではそのDPアニメーション機能を使ってコラボ企画を開催中です!

ビルが踊ります!

紅ショウガが踊ります!

って説明されても、なにがなにやら意味が分からないと思うので(笑)

ぜひ皆さん実際に見てみて!

http://shootup.net/

なかなか面白いことになってます。

f0146268_1051433.jpg

by yuhiblog | 2011-11-14 10:10 | 軟式ニュース
ディズニー

POP!

最近、ウォルト・ディズニーの伝記を読みあさってます。

元々僕はすごいディズニーオタクでして、中学生までは東京ディズニーランドに新しいアトラクションが出来る時には、必ず学校を休んで初日の1番目の乗客になるべく朝からディズニーランドに行っていたくらいです。

ミュージシャンになって、ディズニー映画バグスライフのイメージソングをやらせてもらったり、ミッキーマウスのトリビュートアルバムに参加できた時は、まさに夢が叶った瞬間でしたね。

僕が好きなディズニーって、どちらかといえば最近の日本のファミリー向けのディズニーよりも、もうちょっと昔のいかにもアメリカっぽいディズニーなんですよね。
(僕は勝手にオールドディズニーと呼んでますが)

最近になって、大人買いでiTunesで昔のディズニー映画『白雪姫』『ピノキオ』『不思議の国のアリス』『ダンボ』なんかを買い直して観てるんですが、ほんと全く古さを感じないのが凄いですね。
これこそディズニーが目指していたアートの世界だなと。

ほら、本物のアートって、10年前のものでも50年前のものでも、見え方が変わらないでしょ。
流行のデザインとか服とかって、去年のものすら古く見えるけど、アートの領域まで行くと10年20年なんて時間の経過は全然関係なくなってくる。

ミッキーマウスの白黒のアニメなんかも、もちろん白黒なんで古く見えるし音楽もオールドスタイルなんだけど、その奥にディズニーの創造性をしっかり感じて今見ても全然面白いんですよね。

ウォルトディズニーの伝記を読むと、さらにその奥に色々な当時の事情や、ウォルト自身の生き方とかが見えてきて、すっかりまたディズニーオタクへと返り咲いています。

ああ、またディズニーの仕事がしたい!!!


f0146268_2322018.gif

ディズニースタジオを辞めたハーマン=アイジングがミッキーの真似して作ったキャラクターBOSKO

たしかにかなり似ているが、決定的に何かが違うとこがすごい!
by yuhiblog | 2011-11-01 23:26 | ブログ
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。