exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
丸の内の次は原宿!
POP!

昨日、丸の内イベントに来てくれた皆さん、ありがとうございます。

月曜の丸の内としては、異例の熱い夜になりました!
楽しかったわ、ほんとに。

次は1週間後の原宿アストロホール!

決して東京ばかり贔屓してる訳じゃないんですよ、地方で応援してくれてる皆さん!
ていうか地方ももっと行きたいしね、実際。

でもまあ、やはり地元ということで東京が盛り上がるのは嬉しいですね。

丸の内〜原宿〜浅草、という流れなんか東京の人間としてはやっぱり嬉しいですね。
これに二子玉川とか、中目黒とか、そういう通常あまりライブでは行かない様な街が加わるとさらに面白いんだけどね。


さて、原宿のホフライブは、皆さんユウヒビールを予習して来てくれると、きっと楽しくなります。
原宿の街でできる僕からの最高のおもてなしをしたいと思います、ぜひぜひ存分に楽しんでって下さい!

クレープかなんか食べて、原宿を満喫してって下さい。
間違っても、ライブ前にeggs'n thingsでパンケーキを食べようなどと、甘い考えを持ってはいけませんよ!
1時間以上待つ事になって、ライブに絶対遅刻します。

みのりんごでキーマカレーなんていうのはいいかもしれません。

とにかく原宿を思いっきり楽しんで下さい!



***
ホフディラン TOKYO ダービー

☆小宮山雄飛ホーム☆
アストロホール店頭 問い合わせ 03-3402-3089
ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:72072)

【日程】11月3日(水・祝)
【会場】原宿アストロホール
【料金】4500円(ドリンク代別)
【時間】OPEN 17:00/START 18:00
 
 
★ワタナベイビーホーム★
KURAWOOD店頭 問い合わせ 03-5827-1234
ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:72835)
 
【日程】11月21日(日)
【会場】浅草KURAWOOD
【料金】4500円(ドリンク代別)
【時間】OPEN 17:00/START 18:00
***
by yuhiblog | 2010-10-26 16:01 | 軟式LIFE
1 on 1
POP!

来週、25日にDJイベントをやります。

詳細はこちら

**

『HIGHER BALL Vol.9』 
10/25(月)18:00?23:00
会場:ANTHEMBLE
    東京都千代田区丸の内二丁目6番1号
    「丸の内パークビルディング」3階
料金:FREE
出演:小宮山雄飛 西寺郷太 UMU and more

丸の内パークビル内、ブリックスクエアにある、ウイスキーを愉しむ新感覚パブラウンジ「ANTHEMBLE」が音楽とお酒をマリアージュする夜会、HIGHER BALL。
今回は、ホフディランの小宮山雄飛の呼びかけで集まったDJ たちが敬愛するアーティスト1人を
ピックアップしてスピンを披露!
つまり、ONE DJ=ONE ARTIST しばり! 新しいDJ スタイル(?)の
1on1で丸の内の夜をお楽しみください!
 
**

僕が新しく提唱する(というほど大げさなことではないのだが)、1 on 1というDJスタイル(というほど大げさなことではないのだが)。
簡単に言えば、1人のDJが1人(1組)のアーティストだけを取りあげて、その人の曲だけかける会ということです、つまり。

これね、ずっとやりたかったんですよ。

WEEZERだけかける会とか、BLURだけかける会とか、BECKだけかける会とか。

僕は本職のDJではありませんから、はっきり言ってDJプレイに自信の自の字もないんですよ(ジが多いなあ・・)

だから毎回酔っぱらって、まあ自分だけ盛り上がり過ぎて怒られたりしてる・・・(すいません、CDJ)

しかし、この大好きなアーティスト1組だけを絞ってかけるというスタイルだと、まあお客さんもそのアーティストを好きな人が集まるじゃないですか。
当然理解度も深い訳だし、同じ想いを共感してるだろうから、それだったら無理矢理盛り上げなくてもいいと思うんですよ。

例えばシングルB面の、世間的には有名じゃないけど実は名曲だよね〜!なんて曲をかけてもいい訳ですよ。
あるいは、曲と曲の間に思い入れを喋ったって良い訳ですよ。

あるいはみんなそのアーティストを知ってる上で来る訳ですから、一緒に合唱したっていいし、ある意味ファンの集いのように、来てる人同士も打ち解けるんじゃないかと思うのです。

ということで、ぜひ1度やってみたかった企画なのですが、今回実現することとなりました。

僕は小沢健二さんの曲だけかけます。

丸の内のラウンジで、小沢健二三昧(数字多いな・・)、なんかいいでしょ?
オザケンファンの皆さん、気軽に楽しみに来て下さい!

これがまた場所が違ったらね、ガンズだけとかも面白いだろうしね。
CAKEだけとかってのもやりたいよなあ。

さらに今回は、ノーナリーヴスの郷太がマイケルジャクソンだけをかけます。
これも楽しみだなあ!

さらにUMUが細野 晴臣さんだけをかけるという、渋い時間帯も!

なんにしても、好きなアーティストの曲だけをかける、しかもそのアーティストをすでに公表してるということで、ほんと何の気負いもなく好きに楽しめると思うんですよ。

しかも、ビックリなことに今回は入場無料!
さらに、下にある画像を見せると1杯お酒も無料だってよ!!


はたして、ここまで楽しい条件が揃ってて、遊びに来ない理由があなたにはありますか?

ある人はぜひ教えて下さい、僕もそっちに遊びに行きたい!

いやいや、そういうことじゃなかった、、、とにかく素敵な夜を準備してお待ちしております!

丸の内でお会いしましょう。

f0146268_12134865.jpg


f0146268_1214979.jpg

by yuhiblog | 2010-10-18 12:17 | 軟式ニュース
パチンコはパチンコ屋でやるものだ!のまき。
コジコジ!

事務所にもらったCR『コジコジ』に台が付いたので、ちゃんとプレイできるようになった。
(今までは台がなかったので、地べたにそのまま置いていた)

さっそく遊んでみたんですが

うーん・・・

全然面白くない・・・・!


なぜ、面白くないか。

理由は簡単です。

お店じゃないので、機械の裏から落ちてくる玉を拾ってまた上のトレイに戻す、という作業を自分でやらないといけないのです。

玉を打つ

裏から落ちてくる

拾って上に戻す

玉を打つ

裏から落ちてくる

拾って上に戻す

玉を打つ


これを繰り返さないといけない。

これ、娯楽じゃなく、完璧に労働ですよね。。

しかも大当たりなんか出たものなら大変です、とてもじゃないけど打ってる暇はありません。

大当たり状態だと、当然『玉を打つ』量に対して『落ちてくる』量の方が多い訳ですから、もう打ってる場合じゃない訳です!

ちょっと打ったら、拾って上に上げる動作に集中しないと、出てくる玉が追いつかなくなっちゃう。

玉拾って上に上げて
玉拾って上に上げて

もうドリフの雨漏りのコントみたいな状態になります。

ホフのコジコジ銀座が流れて、画面でもコジコジが色々やってるんですが、そんなの見てる暇もありません。。。

ということで結論

パチンコはパチンコ屋さんでやるものだ!
f0146268_14401813.jpg


f0146268_14403046.jpg


f0146268_14404710.jpg


f0146268_14405531.jpg



疲れる。。
by yuhiblog | 2010-10-08 14:41 | 軟式LIFE
スタジオはどうあるべきなのか?
POP!

昨日、事務所兼スタジオのmac PROのハードディスクを増強してRAIDなるものを組んだら(そこら辺、僕自身よく分かってないっで、詳細は割愛)、マシーンがめちゃめちゃ早くなった!

プロツールスでの音楽編集とFINAL CUTでの映像編集用にチューンアップさせたのですが、予想以上に早くなって、ちと感激でした。


話は変わって先日、スタジオ系雑誌の「ミュージシャンの自宅スタジオ紹介」的な取材を受けることになったのですが、困ったことに今の事務所兼スタジオは、引っ越して来たばかりなのでまだ機材などもあまり揃ってない。

どうにも絵にならないのですね。

なので一度はお断りしようと思ったのですが、まあこれを機に以前のスタジオに眠ってる機材などを運び込んで、しっかり構築するのもいいかなと思い、スタジオを整備した訳です。

しかしですね、根本的に僕はあんまり機材を置きたくないタチなんですよ。

ステージ上も見てもらえば分かる通り、僕は基本的にキーボードを1台しか置きません。

これはデビュー当初からずっとそうやってて、なんというかキーボードを2台も3台も置いてあるような、あの感じが苦手で、とにかく1台で済ませるようにしてるんですね。

そもそもギターポップが好きだったので、バンドにキーボードがあること自体が好きではない、、、、と言うと自分自身の立ち位置も危うくなってしまうので(笑)、さすがにそこまでは言いませんが、とにかくあまりごちゃごちゃしたのは好きじゃないんですよ。

スタジオも然りで、できるだけプロのスタジオっぽくない、簡易的なセットで、でもすごいことをしたいんですね。

ちょっと前までは旧型の首振りiMacで作業してたくらいですから。
(それでいてプライベート用にはMAC PROを使ってた、完璧に逆)

なので、根本的に僕の作業場は大したものは置いてないんですよ。

むしろ、ノートパソコン一つで全部作ってどこでもプレイしちゃう、みたいなテクノ系のDJみたいな方が憧れるんですよね。

さらに言えば、実際最近は機材がどんどん良くなってきてるんで、20年前だったら何十台もの機材を並べないとできなかったようなことが、1台のパソコン〜キーボードでできるようになってる。

プロ用の大きなスタジオでも、めちゃくちゃ機材が揃ってるのに、実際に使ってるのはプロツールスとコンプとかプリアンプだけ、みたいな状況もよくあります。


なのでね、自宅スタジオなんて、もっともっと簡単なセットでいいと思うんですけどね、今時。

スタジオのドでかいスピーカーでサウンドチェックしたって、聴く人はiPodとイヤホンだったりするんで、むしろそういう状況でちゃんと良く聴こえる音作りにした方がいいと思うんですよね。


などとスタジオミニマム化論を唱えつつも、最近ではそういう環境で作ってると思われる音楽が世の中にどんどん溢れて、ダイナミクスが無くなってるとも思うのです。
全部プリセットでできちゃってるような音作りのものが氾濫してる。

音楽でも映像でも、自宅で一般人でも簡単に作れるようになってきたのはいいことなんですが、それによってどんどんダイナミクスが小さくなっちゃってるのも事実。


そこはとても危険なので。

機材をコンパクトにしながらも、クリエイティブは大きく保ちたいものですね。

バッグ一つで世界中を旅する、みたいなこと?

なんか違うけど、まあ言わんとしてることは分かるよね?
by yuhiblog | 2010-10-06 13:04 | 軟式音楽
パニック障害を克服するぞ!
POP!

先日、こむぞう3人で伊豆大島へ男3人旅行に行って来ました。

詳しくはこむぞうで話しますが、僕が遅刻してしまい、大変なツアーの幕開けだったのです。

Twitterでリアルタイムでその状況を呟いていたので、知ってる人もいるかと思いますが、朝のフェリーの時間を寝過ごしてしまい、急遽、調布飛行場からセスナで大島へ向かうことになったのですね。

渋谷から調布に行き、調布からタクシーで飛行場へ、というそれ自体が結構な旅だったのですが、チケットを買って荷物も預けて、いざ搭乗という段階になって、怖くなって乗れなくなってしまったのです。

閉所恐怖症というやつです。

想像していた以上にセスナが小さく、どう考えても狭い機内のことを考えてる内に、怖くなってきて、ギリギリで「すいません、実は閉所恐怖症で、怖くなってきちゃったんで・・」と申し入れて搭乗キャンセルしたのです。

これはね、ほんと恥ずかしかったし、ものすごい敗北感でした実際。。。

その後、調布から電車で浜松町まで行き、午後のフェリーに乗ったのですが、このフェリーが思っていたのと違い、密閉された空間でね、デッキとかそういうの全然ないのよ。
それがまた微妙に怖くなって、フェリーすら降りようかと思ったんだけど、さすがにここで降りたら今後飛行機も船も乗れなくなっちゃうということで、なんとか我慢して乗りました。

ちゅーことでね、久しぶりに自分の閉所恐怖症ぶりを再確認して、めずらしくヘコんだ訳ですよ、僕も。

実を言うと、先日ホフディランで青森までみんなでバンで行った時や新幹線で大阪に行った時も、ちょっと怖かったんですよ。

しかしまあ、こうなってくると仕事への影響も出てくるでしょ。乗り物全般が怖いとなってくると。

実際、ブライアンウィルソンなんかはツアーに向かう飛行機でパニックを起こして、その後ビーチボーイズのコンサートはブライアンウィルソン無しで行われるようになった。
(まあブライアンは他にも山ほど精神的な問題を抱えてたんですが)

ということで、ここらで閉所恐怖症=パニック障害を本気で治そう!
と思いたち、ネットで治療法などを探したんですが、これがねえ、ぶっちゃけうさん臭い治療法しかないのよ、ほんとに、、、

早い話が、いわゆる病院で治療して治るようなものではないんですね。
どちらかというと精神的なことなので。

そうなってくると、登場するのが「催眠療法」とかそういうやつ。

これがほんとにうさん臭い!

いや、実際にそれで治るなら、なんでもやりますよ。

でもホームページ見てるだけでも、なんかもうめちゃくちゃなんですよ。
体験談とかさ、そういうのたっぷりな訳。

普通、病院のホームページに体験談とか無いじゃない。
「私はこの病院に通って、その後人生がハッピーになりました!」
とか、そういうの無いでしょ。

催眠療法って、そういうのばっかなのよ。。

いずれ壷でも買わされそうなとこばっか。

ある先生の紹介文なんか
【大学を卒業後、大手メーカーに就職。その後世界中を巡り・・・】
って、大学名や会社名をちゃんと書け!全部曖昧だぞ!!

てな感じの連続。

結局は、そういうとこには頼らず、自力で、ストレスの無い規則的な生活とか、日々の運動とか、そういう基礎的なことで徐々に治すしかないみたいです。

まあ、これを機にヘルシーな生活になれば、一石二鳥ということで地道に治しましょう!

でも、なんか劇的に効く方法を知ってる人がいたら、ほんとに教えて下さい。
ふんとに!
by yuhiblog | 2010-10-03 09:59 | 軟式LIFE
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。