exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
<   2009年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
セクシーボーイでダイナミックフォト!
最近TVでものすごい数のCMが流れてるEXILIMのダイナミックフォトですが

我らがSHOOT UPも作りました!

しかもセクシーボーイで!!

題して
『SHOOT UP ダイナミック昔話』

まあ説明はさておき、とにかく見に行って下さい。
SHOOT UP

何が素晴らしいって、主演のセクシーボーイではなく!
背景を作ってくれた大原さん!

ご存知、ニューアルバム『ブランニューピース』のデザインもやってくれてる大原さんですが、今回はダイナミックフォトで合成する背景の昔話の画を、ジオラマで作ってもらってるのですが、これがホントに最高なんですよ!

合成はこんな感じ

f0146268_2332649.jpg


まあバカバカしいの一言です(笑)
これが動くから、かなり笑えます。

そして、ぜひとも見て欲しいのが、メイキング!


f0146268_2364956.jpg


こんな感じで、一つ一つの画のパーツを組み合わせて撮影することで、平面の画にはない立体感を作ってる訳です。

出来上がりはこんな感じ


f0146268_238297.jpg


ここにセクシーボーイの動画がさらに乗る訳です。

ほんと背景の手作り感がものすごい、いい味出してます!

ブランニューピースは、マジでジャケ買いだけでも納得行くデザインに仕上がってますので、ぜひともこちらSHOOT UPダイナミック昔話と合わせてお楽しみ下さい!

ほんとPOPな世界が広がっております!!

今週はPOPにやっちゃって〜!
(キムタク風に)
by yuhiblog | 2009-03-31 02:44 | 軟式ニュース
もうすぐ!
f0146268_13411431.jpg

いよいよ今週ブランニューピースが出るってことで、ちと気持ち的にソワソワしています。

はい

温かい風を受け またキミを想う
ってことで。
by yuhiblog | 2009-03-30 13:57 | 軟式ニュース
新しい季節
いよいよアルバム『ブランニューピース』発売まであと少しです!

思えば4月3日発売って、すごく良いですね。
やっぱ始まりでしょ、色んなものの。

新しい生活の始まりに『ブランニューピース』っていう名前がはまりますねえ。

な訳で、ホフの事務所でもある我がGENIUS AT WORKも引っ越しなんぞを企んでいます。

現在の原宿から、どっかまた違う原宿の物件へ・・・

と、結局同じような場所なんですが、なんとなく春だし気分転換にお引っ越ししてもいいかなと思い、日々賃貸サイトをチェックしてるのです。

僕らが探してるのは、原宿・渋谷近辺で広さ40平米以上の物件。
事務所としての使用で、住む訳ではないんであまり築年数とか水周りとかそういうことは気にしてません、てな感じです。

HOME'Sという賃貸案内サイトでは、気になった物件について問い合わせると、後日似た物件が出て来た際にメールで連絡をくれるというサービスがあるのですが、昨日始めてそのメールが来ました。

どれどれ?とその物件を見てみると。

場所は代々木。

うーん、まあ範囲っちゃあ範囲ではある。

広さが22平米。

あれ? 俺40平米以上って条件にしてたはずだけど・・・・まあ、多少狭いけどなんとかなるか??

敷金・礼金無し。

お、いいじゃない!

賃料3万円。

なぬ!!!!!!!!!

代々木で22平米で、賃料3万円ってどういうこと???

どんなに安くても原宿・代々木近辺で22平米あったら10万はするでしょ!
ってか、3万って!!

という訳で、ビックリしてサイトに詳細を見に行ったのですが、そこで見た間取りがこれ

f0146268_7344517.jpg


ん!?

間取りの中に、何やら見慣れぬ表記が。

『2段ベッド』

って、勝手にベッドの場所まで指定されちゃってるよ。

おいおい、これはどうゆうことだ??

と、よくよく詳細を見てみると、詳細に
『バックパッカーズシリーズ』
と書いてある。

なんじゃそのバックパッカーズシリーズって?

以下抜粋
*****

少ない費用で入居できるバックパッカーズシリーズ
当物件は、最大4名とルームシェアをする物件となります

トイレ、浴室、キッチン等をシェアすることにより
一人当たりの家賃負担を減らせる事が
ルームシェアの大きなメリットといえるでしょう
ルームメイトから生活の知恵や、情報交換ができることも
当物件ならではです

*****

なるほど、いわゆる共同生活ですな。
それで、最初からダブルベッドが2つ間取りに入ってたんだ・・・

って、おい!!!

俺の条件と全く違うじゃんか!!

なんで原宿で事務所を探してる人に、代々木のバックパッカーズシリーズの案内送ってくんだ!

HOME'Sさん!
完璧に『似た物件紹介機能』ぶっ壊れてますよー!


いっそのこと、借りてみますか、ここ?

僕とウムとマネージャーとまだスタッフいるので、みんなで共同生活ってことで・・・

やっぱ4月って新しい生活のスタートですな。

ブランニューピース!!
by yuhiblog | 2009-03-28 07:55 | 軟式LIFE
UMUさんworks
昨日はウムさんと飲みました。

仕事では毎日顔を合わせてるのですが、最近はお互い真面目にお酒を我慢していたので、飲むのは久しぶりです。

昨日も本当は打ち合わせの席で1〜2杯飲むだけのはずだったのですが、結果的には生ジョッキ10杯くらいは飲んでいました・・・


そんなウムさんが、またとんでもねー写真をSHOOT DOWNに投稿しております!

ぜひとも観てみてちょ!

SHOOT DOWN

ちなみにこんな感じの写真


f0146268_1041338.jpg


なんか出てるよー!
おい小僧!
by yuhiblog | 2009-03-25 10:41 | 軟式LIFE
クリエイティブファンズ
どもども

アルバム『ブランニューピース』の発売ももうすぐになってきました!

と、その前に紹介し忘れていた素晴らしいプレゼントが!

こちら


f0146268_10372044.jpg


キャンペーンの最終地、北海道のインストアイベントでファンの人からもらった、ニューピースジャケデザインのでっかいオリジナルクッキーです。

すごくね?

ものすごく精巧にできてます。

これにはスタッフ一同も感激を通り越して、感動しておりました。
すげーな、これ!と、みんな写真をパチリパチリ。

思えば、こむぞうを始めて以来、こういうオリジナルでクリエイティブなプレゼントをもらう機会が多くなりました。

こむぞうでも、やはりオリジナルのクッキーだったり、ピンバッチだったり、マグカップだったり、投稿でもオリジナルのイラストなど、実にクリエイティブなものが多い。

ファンに美術系の人が多いということでしょうか??

とにかくクリエイティブなことは良きことです!

ご存知の通り、僕はうちでも鶏ガラからスープをとり、自家製でラー油・コチジャンを作り、仕事では曲を作りPVを作り、もっと大きなものでは自分で事務所を作り(あ、建物を作ったとかそういうことではないですよ・・・さすがに)、まあ可能な限りDIYでやろうと思ってます。

もちろん、自分達でできない部分はレーベルやイベンター、その他沢山の関係者の皆さんに支えられてやってるのですが、できる限りのところまでは自分達(と友達)でやろう!というのが、僕の原動力の一つです。

なので、クリエイティブなものをもらうととても嬉しく思う訳です。

べつにものをもらうだけじゃなくね、ファンの人がお客さんサイドとして僕らを見てるだけではなく、独自でクリエイティブに何かをしている姿は美しいものなのです。

またこむぞうの話に戻りますが、リスナーブログを沢山立ち上げてもらってるのも、同じ理由です。
ただ聞いてるだけじゃなく、リスナーサイドからの発信があったらもっと面白いんじゃないか!
と。

これからも、ぜひとも僕ら以上にクリエイティブな皆さんでいて下さい。

よろぴくー!
by yuhiblog | 2009-03-22 10:58 | 軟式ニュース
雄飛寿司
ものすごく美味しいお酢をもらった!

どういうお酢かといいますと
高級なお寿司屋さんなんかで、シャリがほんのり赤くなってるお店があるでしょ。

あれは『赤酢』という昔ながらの製法のお酢を使っているからご飯が赤みがかるのですが、あの赤い寿司飯を自宅で簡単に作れてしまうお酢なのです!

それがこれ


f0146268_22511549.jpg


『三ッ判 山吹』というお酢!

このお酢と塩だけで、本当にプロのお寿司屋さんのような寿司飯が出来上がるんですよ!

僕は寿司飯(酢飯)が大好きで、寿司飯だったらいくらでも食べ続ける自信があるのですが(なんでお酢の味がついただけで、あんなに食べれるんだろう??)

このお酢を使って作った寿司飯は、ホントにプロの味になるんですよ!

な訳で、わざわざ下高井戸にある安くて有名な魚屋さん長谷川商店まで行って、色々と魚を買ってきて、自分で寿司を作りました。

ちなみに長谷川商店は、ものすごく小さな魚屋なのですが、それでいていつもすごい人だかりで、なんと『単位面積あたりの売り上げ日本一』の魚屋なんだそうです!

てか、そんな調査、誰がやってんだよ??
いつ調べてるわけ?

まあ、とにかくそんな訳で、美味しいお酢と魚で、雄飛寿司とあいなった休日でした。
by yuhiblog | 2009-03-20 23:06 | 軟式グルメ
選曲家
最近、某飲食チェーン店のサウンドプロデュースの仕事をやっています。

まだお店の名前は言えないのですが、そのお店が初のホテル出店となるのを機に、内装やライティングなどと同様に、BGMもお店の一つの要素としてしっかり作りたいということで、まあ平たく言えばBGMの選曲のお手伝いをしている訳です。

元々僕はこういう、いわゆるDJではなく、僕が選んだBGMが流れてるお店、というのをずっとやりたかったんですね。

DJだとお客さんを踊らせる・盛り上げる、というのが基本にあるけど、そうではなくあくまでBGMとして成立する曲を選曲していく、というのをずっとやりたかったんですよ。

しかし、これがやってみると実に難しい、、、

BGMを選ぶといっても、JAZZ喫茶みたいにその曲をみんながじっと聴いてればいいという訳ではなく、あくまで食事が主役で、それを美味しく楽しく食べてもらうための脇役としての選曲なので、あまり派手な曲や、変な言い方だけど良すぎる曲は選べない。
曲を聴いちゃって、食事に集中できなくなってはいけない訳です。

でいながら、それこそ文字通り単なるBGMになってしまったら、わざわざ僕がサウンドプロデュースをする意味はなく、単に有線でも流しておけばいいじゃんってことになっちゃう。

そこのサジ加減が実に難しい。

ファンの方はご存知の通り、ホフディランのライブ開演までの会場のBGMも毎回僕が選んでいます。
あれも結構考えていて、いかに待ち時間を楽しく過ごせて、さらにライブにいかに盛り上がった状態で入ってもらえるかを考えてる。

BGMで、印象的な時間に『今夜はブギーバック』をちょっと大きめの音量でかけておくと、お客さんは当然「あ、ブギーバックだ!」ということになる。で、ライブ本番が始まって、最後の方の曲でブギーバックのフレーズを入れたりする。
「あ、ここの伏線としてBGMでかけてたんだ!」と面白くつながったりする。

それをやるためには、ある程度お客さんが入ってからのBGMじゃないと意味がないので、そういう時間まで考えて、まだお客さんがまばらな時間帯にかかるBGM、ライブ開始直前のワクワク感が高まってきてる時のBGM、などなど色々と考えながら選曲している訳です。

公演によっては、開場のBGMと、退場のBGMを微妙に変えたりもしているのです。
ライブが終わった後だからこそ流れて楽しい曲もある訳です。

あ、話は変わりますが、JALの国内線(国際線もかも)の機内放送のJ-POPチャンネルの1曲にホフディランの『ニューピース』が選ばれてるみたいです。

飛行機の機内放送って、まさに旅のBGMだから、昔からシングル出るたびに「なんとか飛行機の機内放送に選ばれないか!」と思ってたんで、これは嬉しいですね、ほんと。

中学校1年の時、初めてロサンゼルスに行った時に、ワクワクしながら聴いた機内放送で流れてた曲とか、いまだに覚えてますからね。
(ちなみにDJは小林克也さんだった)

つねづね、作曲家であると同時に選曲家でありたいと思っていたので、今回のお仕事はワクワクしながらやっております。
by yuhiblog | 2009-03-19 09:08 | 軟式グルメ
日本中の皆さん、ありがとうございます!
ウヒャヒャ!

東京〜福岡〜名古屋〜大阪〜札幌

ホフディラン初のインストアイベントツアーに来てくれた皆さん、ありがとうございます!

正直最初は不安でした。

アイドルでもない、35歳にもなったミュージシャンが(しかも相方は40歳・・・)、今時、握手会などというものを開催して、果たして来てくれる人はいるんだろうか??と。

しかし、新宿タワーレコードの400人(!)をスタートに、全国ほんとに沢山の人が集まってくれて、安心しました。

ほんとにありがとうございます!!

イベントと兼ねて行った各地のラジオ・雑誌等のプロモーションキャンペーンも、相変わらず温かく迎えられ、いやーいいねえ、ミュージシャンって!お得!

ということで、昨日の札幌を最後に、ひとまずはキャンペーンは一段落しました。

後はホームタウン東京にて、さらりさらりとインタビューなど受けつつ、アルバム発売を待つばかり!

もうあと2週間もすれば、アルバムを皆さんと共有しながら、また次のステップの発表などできる訳ですな。

うーん、なんてポジティブな空気!

しかしその前に、日本各地で付けてきた脂肪を落とさないといけません・・・
(とにかく食ったかんね、今回は・・・)

明日からは運動だな、マジで。



f0146268_14273140.jpg


日本中行ったでー!
by yuhiblog | 2009-03-17 14:30 | 軟式ニュース
ジャックブラック三昧!
ジャックブラック!

以前にも書いたと思うけど、ほんと一番好きな役者ですね、ジャックブラック。

最高だョね!

という訳で、自宅でジャックブラック三昧を。
(といっても、すでに両方とも観てるものなのですが、改めてDVDで)

まずは『テネイシャスD』
f0146268_0292821.jpg


ふんとにバカです。

すごい勢いでROCKな人ですね、ほんと。

そして『僕らのミライへ逆回転』
f0146268_0332610.jpg


これはちょっと泣けます。

(2度目なので)冷静に観てみると、ストーリーにかなり無理があるんですが、でもミシェルゴンドリーが監督なだけあって、あちらこちらに「さすが!」なアイデアと、純粋な映像の楽しさが沢山あります。

でも、やっぱよくよく考えてもストーリーや設定にはどうしても無理がある(笑)

この両方の映画に共通してるのは、音楽!

テネイシャスDは、その名前自体がずばりジャックブラックのバンド名だし、ミシェルゴンドリーも元々ドラマーをしてて、基本的には音楽畑の人ですからね。
いたるところに、音楽好きが音楽好きのために作った映画、と分かる仕掛けが沢山入ってる。

僕も基本はミュージシャンでありながら、自分でPV撮ったり、番組作ったり、台本書いたり、漫才やったりしてるので、ある意味似ている所があるのかもしれません。

たぶん音楽との関わり方って沢山あるんだと思うんですね。

ギター片手に弾き語る

とかって、それこそ100%ピュアに音楽なんで、それはそれで尊敬するけど

それだけが音楽な訳じゃなく、PV作ってる人や、映画や脚本で音楽の感覚を伝える人もいるだろうし、文章で音楽を表現する評論家の人だって、立派に音楽しているのだと思うのです。

よく
「ミュージシャンは、潰しがきかない(=他の仕事ができない)」
って言われるのですが

実は、ミュージシャンの感覚を捨てないまま、他のことだってできるのでは?と思う訳です。

ロックの精神を持った豆腐屋とかさ、そういう人もいてもいいじゃない。

ジャックブラックのロック魂を見てると、ほんとそう思うのです。

何の映画で,何の役やってても、根底のロック魂・音楽魂が見えるからね。

こういう男になりたいっす、僕も!
by yuhiblog | 2009-03-12 00:26 | 軟式LIFE
もうすぐブランニューピース!!
思えば!

遂に1ヶ月を切りました。

アルバム『ブランニューピース』発売まで!

なんかね、最近体内時計がめちゃくちゃなのよ、昨年末から。

アルバムレコーディングとライブと、PV撮影とシングルキャンペーンと、、、、
(しかも、我々ホフディランは、例えばレコーディング期間中でも、面白そうなら、平気でラジオでもTVでもサクっと出に行っちゃうので、明確な○○期間というのが全然無い)

まあそんな訳で、とにかく色々なことが平行で行われていた訳です。

しかも、その間に年はまたぐは、ご存知の通り<父親>という新しい肩書きが付くはで、もう自分が一体どこの誰で、何をしているのか、全然着いて行けてないのですが、、、

しかし、そんな中でも着々と出るものは出てく訳です。

ということで、アルバムもいよいよ1ヶ月を切りました!

ということで、またいーのよ、ジャケットが!

ドン!!


f0146268_17271612.jpg


こんだけでね

買い!

即決!

まあ、内容に関してはね、聴いた人ひとりひとりが自分で噛み締めて判断してくれればいいことなんでね、僕からは軽くしか言いませんが、たぶん、みんなが大好きなホフディランが「ギュッ!」と(東京カレーライフ風)詰まってると思います。

にしても、このジャケ

良くね?

POP!!!
by yuhiblog | 2009-03-05 17:36 | 軟式ニュース
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。