exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
<   2008年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧
人パワー
ライブというのは人パワーですね、ほんと

f0146268_1251921.jpg


スタッフからBLITZの写真が上がって来て、ほんとそう思います。
すごい人!

地方の皆様、地方ももっと行きます!

でもとりあえずはレコーディング

人パワー、溜めておいて!
by yuhiblog | 2008-05-23 12:53 | 軟式LIVE
やり上げたよ、ふんとに!
BLITZに来てくれた皆さん、ありがとうございます

やりあげとは、まさにこのことです。

そして今の僕はものすごくヘルシーなのです。

やっぱライブはいいね!

昨日発表したとおり、ホフはまたレコーディングに入りますが、新曲を携えて早くまたライブやりたいね!

信号は青ということで、ここはがっつり進みましょう!
ルールを守りながら

とにかくありがとう!

f0146268_1710331.jpg

by yuhiblog | 2008-05-19 17:35 | 軟式LIVE
満員御礼
本日
赤坂BLITZ

2週間かけて、酒を完璧に抜ききった身体で臨みます!
あと約半日後ですが、大変楽しみです。

そして終わったら2週間分飲みます!

いや、ほんと楽しみ!
by yuhiblog | 2008-05-18 04:31 | 軟式LIVE
SUPER BAD!!
いよいよあと1週間になったワンマンライブの構成およびリハの日々なのですが、ライブへの気持ちを盛り上げようと、またもDVDを大量に借りてきました。

好きな映画は何度も観てしまう方なんですが
ボビーダーリンの伝記映画『BEYOND THE SEA』をまた観ました。

そんなに観るなら毎回借りずに買えよって話なんですが、毎回借りる感じがまたいいんですね。

この映画は、オープニングのケビンスペーシーのミュージカルシーンだけでもう十分観た甲斐があるという感じで、ほんとに最高です!

映画中のボビーダーリンの曲を、全て主役(兼監督)のケビンスペーシーが歌ってるというのもすごい話です。
DOORSの映画の中のほとんどの部分をヴァルキルマーが歌ってたのと同じくらいすごいです。

ヴァルキルマーバージョンのDOORSはサントラでは手に入りませんが、BEYOND THE SEAのサントラはボビーダーリンではなく全てケビンスペーシーの歌というのも、これまたすごいですね。
誰の伝記なんだかよくわからない、よっぽど好きなんでしょうね。

f0146268_0553782.jpg


そして、もう1本すごいものを観ました!!

これはもう早くも今年1番かもしれないですね。
『スーパーバッド 童貞ウォーズ』


ほんとうにこれ絶対観た方がいいですよ!!

f0146268_0571443.jpg


いや、誰もが観て楽しいかどうかは分かりません。
しかし僕的には、マジでここ数年でもナンバー1と言ってもいいくらい、これはヤバイ!!

ストーリーだけじゃなく、細かいセリフ・動き・選曲・衣装、とにかく全部がずっといいんですよ!
もう、なんか説明に全然なってませんね「全部がずっといい」って・・・

でもマジそんな感じ。
悪いシーンが一つもない。

来週のライブの参考になったかどうかは分かりませんが、最強の映画だったことは確かです。
見終わってしまったことが悲しいくらいですね。

なんか特典メニューが沢山あるみたいだから、今からこれ観よう!

いやー、マジすごいよ、コレ!
by yuhiblog | 2008-05-11 01:04 | 軟式LIFE
食べたったでー!
今回のアメリカ旅行は、べつに食い倒れの旅ではありません。

しかしまあ、せっかくなら各地で美味しいものを食べたいと思うのが、世の常・人の常というものです。

てな訳で、既に紹介したもの以外にも色々と食べてきたので、ドドっと紹介しておきましょう。

てか、これ見ると結局は「食い倒れの旅」だったのでは・・と思うほど食ってますねえ、色々。

f0146268_1452555.jpg

N.Yチャイナタウン 『ジョーズシャンハイ』の小龍包
ニューヨークで小龍包といえば昔からここが有名ですが、塩炒飯もうまかったです。


f0146268_1481148.jpg

N.Yチャイナタウン 『PHO VIET HUONG』のフォー
ここもニューヨーク行くと1回は行ってしまいます。
本場のフォーを食べたことがないんで分かりませんが、生肉が乗ってて、それがスープで徐々にシャブシャブ的になってくのがうまいです。


f0146268_1411172.jpg

N.Y ミートパッキングエリア 『pastis』のEggs Hussardというもの
内容は
Poached Eggs w/Ham, Tomatoes, Mushrooms, Bordelaise &Hollandaise
ということですが、まあ簡単に言うとエッグベネディクトにデミグラスソースがかかったようなものなのですが、これマジで激ウマ!でした。
朝食にして$18と、かなり高めですが、これはマジで食べる価値がある!


f0146268_14164680.jpg

N.Y グリニッジビレッジの飛び込みで入ったスペイン料理屋の海老のスープ
思った通りの味で、パンをつけても美味しかった。
こういう料理ってあんま日本ないですよね?
海老とニンニクの組み合わせがあれば、なんでもうまい気がするのですが、なんでみんなやんないんだろう?


f0146268_14184092.jpg

N.Y アヴェニューB 『MAX』の赤カブとゴートチーズとアボガドのサラダ
INSALATA DI BARBABIETOLA CON CAPRINO
暗くて分からないと思いますが、これもマジでうまかった!
Beet(赤カブ)ってこんなにうまいんだな、と関心しました。


f0146268_14241248.jpg

N.Y ユニオンスクエア スーパー『wholefoods』の蕎麦のサラダ
蕎麦のサラダと名乗りつつ、蕎麦としてもサラダとしても成立してない謎の一品
オリジン弁当よろしく総菜を量り売りで売ってるので、自分で色々詰めて食べれるのは楽しいです。


f0146268_142878.jpg

N.Y イーストビレッジ『stillwater』のバッファローチキンウィング
今回僕が好きだった『PLUCK U』はあちこち探したのに見当たりませんでした・・・潰れちゃったのかな・・・
ここのも正統的なジャンクでうまかった。
まだ昼間だったけど、ハッピーアワーで一人でビールを3杯も飲んでしまいました。
僕以外の客は、全員地元の飲んだくれの労働者でした。



f0146268_14393181.jpg

N.Y トライベッカ『rosanjin(魯山人)』のトロ握り
N.Y(というかアメリカ?)初の本格的な京懐石のお店。
全くアメリカナイズしてない料理がすごいです。



f0146268_14432327.jpg

N.Y ソーホー『BOOM』のバッファローのハンバーガー
こちらは同じバッファローでもチキンではなく、実際の水牛の肉です。
バンズが普通のパンではなくフォッカッチャというのがイタリアンらしく、これがまた激ウマ!!
イタリアンビールはあまり好きじゃないので、ここは一つ赤ワインでも行っておきました。


f0146268_1515931.jpg

N.Y ウエストビレッジ 『Snack Taverna』の何かよく分からないがギリシャ料理
シコウヒンTVのN.Yスタッフに連れてってもらったギリシャ料理屋さん。
なんか料理の名前はあるはずなんですよ、当然、しかし思い出せない。
ギリシャ料理では有名な前菜だそうです。
名前は思い出せないが美味しかった!



f0146268_15888.jpg

ボストン 中華街『EAST OCEAN CITY』のソフトシェルクラブのフライ
日本ではあまりソフトシェルクラブは食べれないので、アメリカ行くと食べだめしときますね。


f0146268_1522113.jpg

ボストン 『リーガルシーフード』のクラブケーキ
蟹の肉を固めたケーキですが、うまいはうまいんですが、このうまさって単純に蟹肉のうまさなんですよね。
なので、わざわざケーキ状に固めてる意味はよく分からない。
蟹から身を取る手間がなくて助かる、ということでしょうか?
なんであれ贅沢な食べ方ではあります。
ちなみにここでももちろん生のハマグリは食べました!


f0146268_15265047.jpg

N.Y アッパーウエスト『MAMA'S』のステーキ
焼き方は完全なウェルダンですが、肉は柔らかくてうまかった!
ちょっとエスニックなソースが美味です。


f0146268_15313923.jpg

N.Y コリアンタウン『Shilla』のカルビ
ニューヨークでいつも韓国料理で行く店はだいたい決まってるんですが、今回は初めてこのお店に。
表からみたらそれなりに良い雰囲気だったんですが、入ってみたらなんかやたらと学生が多く、学食で食べてるような気分でした。
お酒をガバガバ飲んでるのは僕だけ、みんなコーラとかアイスティーとか。
コーラで焼き肉食うな!
にしても「自分で焼くからいい!」って何度言っても焼こうとする韓国のおばちゃんはなんなんでしょう。
早く食べさせて客の回転を良くしたいのかもしれませんが、頼むから焼き肉のペースだけは自分で決めさせてくれ!!
でも日本より焼き肉の敷居が低くて、それこそ学生でもみんな食べに来れる感じがアメリカのコリアンはいいですね。L.AとN.Yでは、必ずコリアンは一度は食べに行きます。


てな感じで、まあ色々食べたな、こう考えると。
by yuhiblog | 2008-05-07 15:39 | 軟式グルメ
アメリカン最古
それではアメリカン最古ツアーに戻ります。

こちらがアメリカ最古のレストラン『ユニオンオイスターハウス』で食べたもの
f0146268_21402593.jpg

これ、生のハマグリです。

食べ方は生カキと一緒、トマトベースのカクテルソースとホースラディッシュ。
これが、マジでうまい!!
生カキも食べましたが、こっちの方が断然うまい!!

ということで、来週のこむぞうは僕の独断と偏見で急遽テーマを『ハマグリ』にしましたので、詳しい感想はぜひそちらで聴いてください。

にしても、トーク番組で1週間のテーマが『はまぐり』というのも意味不明な状態ですが、偶然にも慶三の出身地千葉も、ウムの出身地三重もハマグリが名産!

なんという巡り合わせでしょう!!
3人で熱いハマグリトークをぶっ放す予定です!
(ハマグリトークというジャンルはそもそも無いですが・・・)

さらにボストンと言えば、こちら
f0146268_21403878.jpg

ロブスター!

まあこれは好き嫌いなので何とも言えませんが、個人的にはロブスター自体にはそんなに惹かれなかったですね。
サイズは100分の1以下ですが富山の白エビの方が全然好きですね。
(まあ比べるものでもないのですが・・・)

しかしそこはそれ、アメリカ最古のレストランでロブスターというのがいい訳ですよね。
ここで富山の白エビが出て来るよりは、確実にロブスターの方が似合ってる
(そういう問題かどうか分かりませんが・・・)

f0146268_21404960.jpg


ちなみに信じられないかもしれませんが、このお店90分待ちで入りました!

入り口で名前を告げてから街を散策して、帰ってきてもまだ時間があり、バーでしこたま飲んでたら、やっと
「ユウハイーー! ユウハイーー!!」
とレジのおばさんに呼ばれました。

あれだけ名前を告げる時点で
「ユウハイじゃなくて、ユウヒだ」
と言ったのですが、結局ユウハイで呼ばれました。

このユニオンオイスターハウス、90分待ちからも分かる通り、すっかり観光地化してるのですが、それでもシーフードそのものは実に美味しい。

こちらは次の日行った中華街

f0146268_2141128.jpg


ロブスターの刺身があると聞いて行ったのですが
はっきりと
「そんなものねえ!」
と言われてしまいました。

てかネットで写真まで見たんだから、あるに決まってんだろ!!

こちとら日本にいる時点から調べて行ってんだよ!

ということでチップをうんと少なくしてきました。
by yuhiblog | 2008-05-05 21:42 | 軟式LIFE
クジラだ!!
アメリカン最古ツアーの話をする前に

今回ニューヨークからわざわざニューヘイブン経由(というか途中下車)でボストンに行ったのには大きな一つの目的があります。

それは、あるものを見たかったからです。

レッドソックスの試合ではありません。

それは、クジラです!!

そうです、あのクジラです!

とにかく、生でクジラを見るのが僕の夢だった訳です。

細かい話は近々TALK SHOWで発表しましょう。

あ、そうそうTALK SHOWを楽しみにしてくれているファンの皆さんから、早く更新してくれという、僕としてもとても嬉しい要望を昨年末からたくさんもらってるのですが、もちろん僕も書き溜めておりました。
そして、本当は昨年中に昨年の分は発表するつもりだったんですが、パソコンというやつは時としていきなりブっ飛んだりする・・・

という訳で、そのデータを今一度復元したりしているうちに日々が過ぎてしまった。

しかし近いうちに、確実に昨年僕が書いた文章達を復旧して発表しますので、どうかもう少しお待ち下さい。

<閑話休題>

詳しい話はそのTALK SHOWにいずれ載せるので、もったいぶっておくとして、とにかくクジラを見に行った訳です。

でもって、見たよ、実際!

この感動をどう言葉で表せるでしょうか?

絶対無理です。

そのくらい感動です!

f0146268_1773196.jpg


2時間ほどかけてクジラを見れるスポットに行くんですが、幸運にも何匹ものクジラを見た最後に、僕はもしクジラを生で見れる機会があったら絶対にやろうと思ってた行動に移りました。

それは、この旅ではとても重要な存在になってますが
クジラを見ながら、THEY MIGHT BE GIANTSの『Mammal』を聴く!ということです。

Mammalとは『ほ乳類』のことです。
そして、この曲が入ってる僕が一番好きなTMBGのアルバムのジャケがこれ
f0146268_17232880.jpg


僕にとって生のクジラを見ながらこの曲を聴くというのが、どれだけ至福の瞬間か分かってもらえるでしょうか?

いやー、ほんとに良かったよ。

f0146268_1774734.jpg

ボストンの古き良き住宅街・ビーコンヒルには、玄関の前にこんなものもあったりする。
しかし、いったいこれを何に使うのかは分からない・・・

f0146268_17355175.jpg

ビーコンヒルは本当にきれいな住宅街
一度住んでみたいっす。


p.s.
先日ワタナベイビーに赤坂ブリッツで『欲望』を合唱しようぜ!と、このブログに書いたと伝えたところ

「(笑)いやー、しないんじゃない。 そんなことより僕のブログでさー・・・」

と、全く自分のブログの事しか興味がないようでした・・・
ワタナベイビーの自分のブログへの執着心、恐ろしや!

皆さん、このブログの(ってかホフファンの)威力を彼に見せつけてやってください!

それと、ワタナベイビー発案により、今度のライブでやって欲しいマニアックな曲(つまりいつもはあまりやらないような曲)のリクエストを開始したようです。
ライブに来れない人も、投票は右枠のパーツからどうぞ!

にしても、ついにネットを自由自在に操るようになるのか、ベイビー!?
by yuhiblog | 2008-05-04 17:43 | 軟式LIFE
世界最古のハンバーガー
N.Yからアムトラックで1時間30分ほど、YALE大学があるニューヘイブンに『ハンバーガー発祥の店』があるというのは、10巻組のDVD『アメリカ・魂のふるさと 〜アメリカの歴史と真実〜』で観ていました。

アメリカ好きの僕はよくこのDVDを、食事中などに何の気無しにかけていることが多いのです。

な訳で、僕の中ではそのお店『LOUIS LUNCH』が、グルメ番組でよく紹介される東京のレストラン以上に、あたかも毎週毎週TVで紹介されている名店のような錯覚に陥ってる訳です。

ニューヘイブンはその昔THE DOORSのジムモリソンがライブ中に逮捕された場所でもあります。
http://jp.youtube.com/watch?v=lH51GhIMcyg
こんな感じに捕まったらしいです。

ということでドアーズファンとしても一度訪れてみたい場所だったのです。

ちなみに映画『DOORS』も僕が高校生の時に劇場で観て以来、家で死ぬほどビデオで繰り返し観てるので、僕の中ではいつの間にかニューヘイブンはアメリカの中でもかなり有名な都市になっていたのかもしれませんね。

つーことで行ってきました、ニューヘイブン

といっても『アメリカ 途中下車の旅』ばりに、ボストンに行く途中にわざわざハンバーガーを食べるだけの理由で3時間ほどの途中下車なので、急がねばいけません。

f0146268_9171263.jpg

こんなお店

f0146268_9172555.jpg

こんなバーガー

ケチャップ・マスタードをつけちゃいけないという元祖のハンバーガーは、まあ〜〜とにかく肉でした。
肉をそのまま食べてる感じ。

そりゃーみんなケチャップつけるようになるわ!という感じ。

しかしまあなんでも紀元を知っておくというのは重要です。
そしてこの後僕はボストンで『アメリカ最古のレストラン』にも行くのです。

もうハンバーガーとか、ホットドッグの最古じゃないからね、レストランの最古だからね(笑)

ああ、そういえばサンタフェで『アメリカ最古の家』ってのも行ったな。

なによ、最古の家って!?って感じでしょ。

まさに<アメリカン最古>ツアーしてますね。

久しぶりにダジャレを言いました、はい。
by yuhiblog | 2008-05-03 10:07 | 軟式グルメ
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。