exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
カテゴリ:軟式音楽( 63 )
すげーE!!E!eels!!

バンクス!

最近買ったけど聴けてないCDが16枚もあり、今日はしっかり聴くぞー!と。

勇んでマイヘッドフォン即ちBOSEのQUIET COMFORT2を装着、目にはアイマスク。
外界を完璧に遮断!
バッチリ、音の世界へ突入ー!!

と思っていたのですが、最初に聴いたeelsの2枚組アルバム『blinking lights』ですっかり止まってしまいました。

すげーE!

なにやら97年から制作が続けられ、マニアの間では出るか分からない幻のアルバム、つまり現代版ビーチボーイズ『スマイル』だったそうなんですが。
(そう思えば、スマイルも出たしね)
これがマジで最高の出来です!

音的にもスマイルに通じる密室感・作り込み感がすごい。
まあ、E本人はスマイルは意識してないだろうけど。
こちらサイドはどうしても幻のアルバムとなると、ビーチボーイズ『スマイル』やプリンス『BLACK ALBUM』(これも最終的に出たね)と同じ接し方をしてしまう。

全33曲
トータルタイム93分44秒

しかもそれをリピートで聴いてる訳ですから。
そりゃー他の15枚のCDに進めませんよ!

いやいやしかし、マジですげーE!

ちなみにeelsの2枚組連鎖地獄から抜け出せたら聴こうと思ってるのは
TOKYO No.1 SOUL SET
Four tet
WHITE STRIPES
KILLERS
SYSTEM OF A DOWN
SPORTS
その他もろもろ15枚という感じです。

しかし、まだeelsから抜けれない。。。。

f0146268_17582720.jpg

<E気持>即ちrEm睡眠状態の筆者
by yuhiblog | 2005-05-29 15:24 | 軟式音楽
BECK 『Guero』 Produced by BECK & The Dust Brothers

バンクス!

BECKの新作
やっぱり面白い。

BECK本人はもちろん、プロデュース及びミックスのダストブラザーズの仕事がやっぱり良い!

ダストブラザーズは音の入れ方と抜き方が実にうまい。
充分過ぎる情報量が入ってるのにも関わらず、本当にスッキリしてる。

僕のバイブルとも言えるTHEY MIGHT BE GIANTSのAPOLLO 18をプロデュースしたのもこの人達!

今日はGENIUS AT STUDIOにてウムがベースの最終作業。
ウムと一緒にBECKの新作を聴いて、ふと
「こういう音楽って日本人でやってる人いるかな?」
という疑問を抱いた。

思えば、近い人もいなくはないけど、いわゆるROCKの文脈で語られる人やグループでは日本にはあんまりいないよね。
ヒップホップとか音響寄りなグループには多少いるけど、なかなかいわゆるROCKやPOPの範疇でこういう音を作る人はいない。
なんでだろ?

BECKファンは沢山いるはずなのに、BECKみたいな音楽をやる人はあんまいない。

例えばOASISみたいなバンドとか、WEEZERっぽいグループとかは日本に沢山いるんだけどね。
BECKみたいなミュージシャンっていうのはあんまいない。
なぜですかね??

さてさて、BANK$のアルバムはと言えば、ドラムもベースも録音が終了した時点で、こっから俺がそれらの音をどれだけめちゃくちゃに出来るかという段階です。

例えば1曲通してしっかり叩いてるドラムを、あえて細切れにして組み直してみたり、全く別のドラムをサンプリングして当ててみたり。
そうやって「普通じゃない」サウンドにして行きます。

次のアルバムの一つのテーマはこの「普通じゃない」という部分。
「良い」か「悪い」かではなく、「普通」か「普通じゃない」かの判断で、後者に属するという。

そこで必要なのが、件のダストブラザーズ的編集テク。
「普通じゃない」音達を、パっと聴き「普通」に聴かせてしまう。

実はすごく変なんだけど、POPソングとしてごくごくスッキリと聴けてしまうっていう。

ダスト先生を見習って日々シコシコやりたいと思います。

f0146268_16465475.jpg

良いミュージシャンってみーんな「B」から始まるのよねー!(オカマちゃん)
by yuhiblog | 2005-03-29 10:29 | 軟式音楽
赤いプロフェッショナル達

バンクス!

さてさて、現在レコーディング中の我々BANK$ですが、今回はちっと僕が使ってる楽器をお見せしましょう。

これが最近の僕のお気に入りのキーボード陣です。
どう?
赤いでしょ!

f0146268_16364454.jpg



一番上は長年愛用してるCLAVIAのNORD LEAD
真ん中はALESISのMICRON
一番下はCLAVIAの73鍵・NORD ELECTRO2

どれもこれも赤い!

こんなセッティングですから、次のアルバムはかなり「赤い」アルバムになるでしょう。
(つっても、実際は赤くない楽器もかなり使ってる訳ですが)

「赤い」といえば「AKAI」のMPC2000XLももちろん使ってますが、これを機に真っ赤にペインティングして文字通り「赤いプロフェッショナル」製の特製MPCにしようかと思ってます。

楽器って、音ももちろん重要だけど、プレイヤーサイドがノれるかどうかってすごく大事なんで、こういう見た目とかってすごく大事なんだよね。

やっぱ見た目が気に入ると、毎日使いたくなる。
毎日使ってるうちに色んな曲やアイデアが生まれてくる。

だから、見た目で楽器を選ぶとかってのも、実は重要ですよ!
インテリアと一緒、自分の気持ちをいかに上げてくれるかが楽器も大事。

な訳で、最近はこの赤い楽器達に囲まれて作業をしてます!
by yuhiblog | 2005-03-15 21:46 | 軟式音楽
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。