exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
カテゴリ:軟式音楽( 65 )
DVDジャケ&大画面チェック
ピース!

先日、現在製作中のライブDVDに関して、ジャケやブックレットのデザインもやってると書きましたが、実際に僕がデザインやイラストに描いてるという訳ではありません。

今回もデザインは、ここのところのホフ作品を全て担当してくれてる天才・大原大次郎さんがやってくれてる訳です。

僕はあーだこーだ好き勝手言ってるだけです。

今回も僕が最初のアイデアとイメージを持ってって、それを元に大原さんに実際のデザインとして上げてもらうのですが、とにかくドンピシャなものが上がってくる!!
まさにジーニアス!

もちろんその後にも細かく何度もやりとりして完成させていくのですが、最初の立ち上がりがすごいんですよ。

こちらが欲しいものがまず8割のとこまでは1発目で出来上がってくる。

あとは、細かい修正や、試しにちょっと違う方向もやってみる、みたいな形で進めれるので,大原さんだと本当に助かります。

これはレコーディングエンジニアでもWEBデザイナーでもみんな一緒ですが、やっぱり仕事のできる人は、単にセンスが良いだけじゃなく、こちらがお願いしたものが、ほぼその形で1回目から返ってくる。
これ、ほんとに助かります。

中には、全然違うものが上がってきて、ほんとに1から全部ディレクションし直し・・・みたいな人もいますよ、実際。

その点、大原さんはほんとにこちらが望んだものがそのまま返ってくるし、といって、単に言われた通りにデザインできる職業デザイナーとは全然違って、大原さんのセンスが前面に出ている。

スタッフ自慢ですいませんが、うちの事務所のWEBデザイナーS女史もそうで、こちらが投げたアイデアの、全ての条件をしっかり満たした上で、ちゃんとデザインとして素敵なものを1発で上げて来る。

8割をスタート地点にして、その先の段階の提案をできるので、ほんとにワクワクします!

という訳で、DVDのジャケデザイン、かなり良い形ですすんでおります!

そして今日は同時進行で、映像の方の大画面チェック。

いつもはFinal cutで編集してるものをMACの画面上で見てるので、実際のテレビ画面でチェックしないと分からないことがあるのです。

今まで事務所にはパソコンは何台もあっても、意図的にTVは買わないでいたのですが、今回は映像チェックのためにHITACHI Woooを購入。

僕の家がHITACHI Woooなので、家と同じものの方がいつも観てる画像と比べれて良いだろうという判断。

やはり大画面で観てみると、パソコンモニター上では気にならなかったことも気になってくる。

ということで、すでに編集の終わった映像を、もう一度頭から全曲修正作業・・・
これは、かなり根気のいる作業です。

原因は簡単で,元々の映像のピントが甘かったり、ちょっとした手ブレなんかが結構あり、カメラやパソコンのモニターではそこまで気にならないものでも、テレビの大画面で見るとものすごく気になる。

これを一つ一つ修正していく。

これははっきりいってかなり辛い、なにしろ上記の大原さんの仕事などと違い、良い素材をさらに良くして行こう!というクリエイティブな作業ではなく、使えないものを選別して外していくという、いわばとても消極的で事務的な作業な訳です。
クリエイティブじゃない作業をしているときは、とてつもなく疲労を感じます。
根気よく付き合ってくれてる編集担当Kさんに感謝。

実際、良い映像のカメラが何台もある時はワクワクしますよ「この角度もいいけど、こっちも捨てがたいな。このタイミングで切り替えてみるか!この映像にはこういうエフェクトが合うかも!」って。
でも、使えない映像ばかりの時は、どうしたって消去法で「これならまだましか・・」っていうのを選ばないといけない、これはほんと嫌ですねえ。

しかしまあ、そういう地道な作業を重ねて、最終的に最高のライブDVDになれば目出たし目出たし!ということで、締め切りギリギリまで作業は続くのです。

夕食は最近お気に入りの円山町HUGBURGERのデリバリー。

美味しかったけど、やっぱ店で作り立ての方が美味しいなあ。
by yuhiblog | 2009-09-05 01:11 | 軟式音楽
マスタリング終了!
『13年の金曜日』ライブDVD&CD、マスタリングが無事終了しました。

つまり、音は出来上がったということです!

まあはっきり言って、僕らの演奏や歌はお世辞にもウマイとは言えません・・・
でも、ライブの楽しさや盛り上がりはきっちり伝わるんじゃないかな。

そこだからライブって!!(半分言い訳)

そして引き続きジャケットデザイン制作、映像制作、盤面やブックレット等のデザイン制作、などなど沢山作業が残ってます!

まことにおこがましい話ではありますが、今僕はすっかり伊丹十三の気分なんです。

伊丹さんはいわゆる映画監督というよりも(もちろん監督としてもすごいのですが)、作品全体のプロデューサーとして、撮影用の小物のセレクトからサントラの曲選びからポスターデザインから、ほんとに細かいとこまで直接関わることで、独自の伊丹ワールドを作った訳です。

そんな気分で、映像の編集はもちろん、ジャケデザイン、ブックレット制作その他もろもろ楽しくやってる毎日です。

ライブDVDとCDなので、いわゆるオリジナルアルバムとは違いますが、細かい部分へのこだわりはオリジナルアルバムとなんら変わらない形で作ってるので、ぜひぜひ11月を楽しみに!

引き続き作業するぜー!

f0146268_17364666.jpg

青山M's DISKにてマスタリング終了!
by yuhiblog | 2009-09-02 17:37 | 軟式音楽
カメラが増えた
日々ライブDVDの映像の編集をしてるわけですが
本日はライブDVDの音源の方のMIX作業

そうです、ライブったってあ〜た、客席にマイク2本おっ立てておいて録音すればそれで録音OKというわけにはいかんのですよ。

各楽器を別々に録音して、お客さんの声だけも録ったりして(オーディエンスマイクというやつです)、それらを曲毎に良いバランスでMIXすることで一番良い音源を作る訳です。

というわけで、本日は音源のMIX作業です。

f0146268_0584070.jpg

f0146268_0585092.jpg

f0146268_059077.jpg


さてさて、映像の編集の方は、ほぼ出来上がりつつあるのですが、15台のカメラを駆使してもやはり撮り逃しがある訳です。

この瞬間にこの角度からこの人を狙ってる映像がない・・・

というフラストレーションがある訳です。

それをワタナベイビーに言ったところ

「あ、僕が撮ってるカメラが2台あるよ」

なぬ!?

僕が撮ってるカメラってなに??

「いや、僕専用カメラ、基本僕を撮ってるやつ」

え!!

そんなのあったの??

あんたどんだけ自分好きやねん!!
自分専用のカメラが2台あったわけ??

「まあ、たまには他のメンバーも撮ってるんで、なんかの役に立つかもよ」

おお!

というわけで、ワタナベイビー専用カメラも素材に加わることに。

さらに僕がステージ上から撮ったカメラがあったので、合計18台の映像で作ることに!

よっしゃ、これでさらにかゆい所に手が届くライブ映像になるはずだ!

にしてもワタナベイビー、自分専用カメラ2台って、ほんとすごいよ、あんたは。。。
by yuhiblog | 2009-08-30 01:57 | 軟式音楽
DEVO!!!!!
ピース!

今回の渡米も『シコウヒンUSA』での対談が目的なので、色々な人に会ってます。

そのメインイベントと言えるのが、この人との対談


f0146268_71176.jpg


誰だか分かるでしょうか?

この人は、あのロックバンドDEVOのボーカル、マークマザーズバー大先生です!!

もう、本気で憧れの人!!

僕はDEVO自体の大ファンですが、それ以上にマーク個人の大大大ファンなのです。

このブログでもよく名前が出て来る80年代のアメリカの子供番組・PEE WEE'S PLAYHOUSEのテーマ曲に始まり、ウェスアンダーソン監督の『ロイヤルテネンバウムス』『ライフアクアティック』のサウンドトラック、アニメ・ラグラッツ映画版のサントラ、ゲーム・クラッッシュバンディクーのBGMなどなど、とにかくすごい数の楽曲制作をしてる人なんです!

映画やアニメを観てて「この曲かっこいいな」と思って、ラストのクレジットを観ると、必ずと言っていいほどマークマザーズバーの名前が出て来る。
とにかく僕のPOP聴覚に100%の確率でヒットする人なんです。

僕が作ってるシコウヒンTVのテーマソングや、シコウヒンUSAのエンディングテーマ、過去に制作した番組BGM/SE的な楽曲は、はっきり言って全てマークをお手本にして作ったと言っても過言ではありません。

そんな、憧れの人に今回会う事ができたのです!


f0146268_713083.jpg


こちらが彼のスタジオ兼事務所・ムタトムジカ!!
蛍光に塗られたローマのコロッセオのようなすごい造り!

実は、僕の会社GENIUS AT WORK自体、このムタトムジカを目指して作ったようなものなんです。

彼がロックバンドDEVOをやりながらも、色々なサウンドクリエイトやプロデュース、さらにはグラフィックや企画制作などをやって大成功しているというスタイルも、僕がホフディランをやりながら様々な活動をしているののお手本なんです。(まだまだ足元にも及びませんが・・・)

そんな大大大先生との対談。

これだけでもアメリカまで来た甲斐が充分にあるというものです。

対談の模様は5月の『シコウヒンUSA』で配信されます。

対談の後、スタジオや仕事場も見学させてもらったんですが、とにかくものすごいPOPパワーをもらって来ました!
(そしてDEVOでのある種ミステリアスなイメージと裏腹に、実際はものすごく優しい子供のようないい人でした!)

そして恐れ多くも、マークに『ブランニューピース』を渡して来ました!

こうしてどんどんPOP世界へとつながって行くのです。

We'are All Devo!!!
by yuhiblog | 2009-04-16 07:31 | 軟式音楽
ピース!!
ピース!!

ついに発売になりました、ブランニューピース!!

ってことで、ピース!!

ご覧の通り、ブログのヘッダーも新しくなってピース!!

そして発表になりましたが、7月3日のデビューの日に『13年の金曜日』と名付けて、記念ライブを渋谷c.c.lomonホールでやることになりました、これまたピース!!

ってか、みんな来てくんないとヤバイんで、絶対来てピースになって下さい!

その前に5月のツアーもね!!

ということで、なにもかも全てが新しいホフディランです。

あ!
http://hoff.jp/
も新しくなってんだよ!

さらに、近日中にTALK SHOWも遂に追加されるんだよ!!

稚内 も行くんだよ!

ということで、ほんと全てが新しいホフディランです。

つまりはブランニューピースです!!

これからも常に新しいピースを皆さんに届けて行くので、とにかく受け取って下さい!

よろしくねー!

はービバノンノン!!


f0146268_1193654.jpg


なわけで、ピース!!!!!!!!!
by yuhiblog | 2009-04-03 01:19 | 軟式音楽
福岡!
やって来たぜ、福岡インストア!

昨年の水戸映画祭や、こないだの新宿でのインストアなど、アコースティック編成のホフでのライブもちょろちょろやってましたが、そういう場合でも、大抵はパーカッションとして田中ゲンショーさんに参加してもらったりしていたのですが

今回は、正真正銘、2人っきり!

100%ピュア

混じりけ無しのホフディランであります。

ライブ後には恒例の握手&サイン会

なんてピースなんだ!!

ということで、売り場にもしっかりニュービーズ&ニューピースが!!

もう、ピースなのかビーズなのか、ホフなのかボブなのか、、、、(笑)
とにかくピースに盛り上がっております!


行くぜ、大阪・名古屋・札幌!!

まき散らすぜ、ピース!!


f0146268_18162840.jpg

by yuhiblog | 2009-02-22 18:14 | 軟式音楽
アーティストの顔が見たいわ!
どもども

先日はすっかりモテ期に浮かれていたわたくしですが

その後、もらったものをじっくりと見たり食べたり読んだりして、ビックリしたのです。

何がビックリって、すべて僕の好きなテイストな訳です!

例えば、うどん用の醤油をくれた子がいるのですが、その醤油はもうすぐシコウヒンTVのお取り寄せコーナーで紹介しようとしていた鎌田の『だし醤油』
f0146268_16503439.jpg

だったりしたのです。

ちなみにこの醤油、僕が大好きな富ヶ谷のうどん屋『やしま』で使っている(らしい)ので、僕自身お取り寄せして使ってたものです。

あるいは、ちょうど買って読もうと思ってた本だったり、気になってたお店のチョコだったり、とにかくいただいたものが、全て僕のテイストな訳です。

まあ、ありがたくも僕のファンの人達な訳ですから、趣味嗜好が似ているというのも当たり前と言えば当たり前ですが、それにしても、具体的に頼んだ訳でもないのにここまでテイストがピッタリのものをもらえるというのも、すごいことであります。

ほんと当たり前のことのようですが、アーティストとファンというのは、親と子供のように似てくるものなのです。
(べつにどちらが上ということではありません)

それは、ヘヴィメタのファンはヘヴィメタの格好をしてるとか、パンクのファンは気性が荒いとか、そういう表面レベルのことではなく、もっと人間的なとこや奥深い所で似てくるものだと思うのです。

だから、良いファンが育ってるアーティストというのは、良いアーティストだと思うのです。

また、その逆も然りで、ファンによってアーティストも良い方向に行ったり、勘違いしてしまったり、影響を受けるものなのです。

良いアーティストには、良いファンがいて。

良いファンには、良いアーティストがいるのです!

なので、例えばライブ会場で平気でタバコのポイ捨てなんかしてる子を見ると
「親の顔が見たいわ!」
ではなく
「アーティストの顔が見たいわ!」
と思う訳です。

逆に、どうにも鼻持ちならないアーティストなんかに会うと
「ファンの顔が見たいわ!」
と思う訳です。

一体こいつのファンは、どんなアーティストの育て方をしたんだ!
と思う訳です。

なので、ファンの皆さんからもらったもの一つ一つを見て、つくづく思った訳です。

「俺のいいとこだけ引き継いで、いいファンに育ったなあ・・・」と。

そしてファンの皆さんにも、そう思っていただきたい訳です

「私に似て、いいアーティストになってきたなあ・・・」と。

夫婦でファンなんて人達は
「雄飛って、あなたに似て、いいアーティストになってきたわね!」
「いやいや、目の辺りなんて、お前そっくりだよ!」
「でも、やっぱりあなたの育て方が良かったのよ!」
なんて、やりとりして欲しい訳です。
(はい、そろそろまた話が脱線してまいりました・・・)

てな訳で、僕のテイストにピッタリのいただきものを沢山いただいた訳ですが、中でも良かったのがこれ
f0146268_16424429.jpg

華麗満月というカレーせんべいなのですが、めちゃくちゃうまかった!

兵庫県の『播磨屋本店』というとこのものらしいですが、さすがにこれは僕も知りませんでした。

いやー、ほんといいファンに育ったよ君たち!!

そして、これからももっともっといいアーティストに俺を育ててくれ!

俺だって子供だ!
(同じくファンの人からもらった、宮藤官九郎さんの本のタイトルより・・・)
by yuhiblog | 2009-02-18 17:21 | 軟式音楽
本当に売っている
大阪のスタッフから、店頭にならんでる『ニューピース』の写真をもらいました。

f0146268_1142843.jpg


こうやって見ると、ほんとに売ってるんですね!

って当たり前か。

狩野英孝じゃないんだから、ここまで大掛かりなドッキリで「実はリリースはしません!」なんてこたーないですよね。

ふんわりニュービーズのCMも実は嘘で、僕が見てた画面だけに裏で配線変えて流してた、なんてことだったら逆にすごいですけどね。

もう映画『GAME』の世界ですね。

あれ面白かったなあ・・・

って、相変わらず話が飛びまくるなあ,僕の文章は。いかんいかん

しかし、実際に作品が店頭に並ぶっていうのはかなり嬉しいものです。
しかもこういうPOPなポップまで作ってもらえて!

タワレコの全国店頭イベントキャンペーンは今週末からスタートですから、せめてそれまではこうやって盛り上げておいていただきたい!

行ってみたら、「やっぱりドッキリでしたー!」というのはぜひともやめていただきたい。


にしても、これだけホフを1コーナー使って押し出してくれてる中、右上の一番良い位置に置かれてる3人組(なのか?)のCDは一体誰なんだ??

なにも、か弱きホフの貴重なスペースの1枚分を使わずとも、サザンとかミスチルとか、そういう人達のもっと潤沢にある場所の一カ所に紛れ込んでくれればいいのに!

あ、ファンの皆さんはもちろん、この逆でホフのCDあっちこっちに置きましょうね!

特に、間違われそうな二人組の所にはさらっと置いておけば、多くの人が間違って買って行く事でしょう。

などと、あまり言ってると怒られそうなので、今日はここまで!
by yuhiblog | 2009-02-11 11:42 | 軟式音楽
ティータイム
ここのところは日々これレコーディングです。

僕はコーヒーが飲めないので、レコーディングとなると1日中お茶を飲んでます。

だいたいスタジオには、紅茶・緑茶・ほうじ茶・玄米茶などなどのティーパックが常備されていて、自分でお湯を入れて作る訳ですが(コーヒーを飲む人は、コーヒーメーカーみたいのを使ってるので、ちょっとズルい気がするんですが、まあそれはしょうがないとして)、僕はティーパックに関して極めてエコな男なのです。

どうエコかと言いますと、普通1つのティーパックで1杯のお茶を作る訳ですが、僕の場合は、半日くらいは1つのティーパックにお湯を継ぎ足し注ぎ足しで作って過ごしてしまうのです。

それはもう江戸の鰻屋のような男な訳です。

火事になったら、他の荷物は置き去りでも、その日のティーパックだけは絶対に抱えて持っていくような、そんな男な訳です。

もちのろん、2回目以降、お湯を注ぎ足したお茶は最初のお茶より薄くなります、さらにその次その次とどんどん薄くなって行きます。

しかし、そんなことも含めてティーパックを愛せてしまうのです。

どんどん薄くなりながらも、がんばって文字通り全身からお茶をだしてくれてるティーパックに愛情すら感じてしまうのです。

とても1回ヤったら捨ててしまうような、そんなことはできないのです。

だからなんだ?と言われれば、それまでです。
この話にオチはとりたてありません。

自分がエコであるということを表したかった訳でもなければ、鰻屋であると言いたかった訳でもありません。

そんな感じでレコーディングしているぞという、これも一つのレコーディング報告と思っていただければこれ幸いです。

f0146268_14322956.jpg

こいつと1日をともに!

言うならば戦友だ!
by yuhiblog | 2009-01-18 14:48 | 軟式音楽
写真発見!
へいへい!

カウントダウンJAPANにて、1枚も写真を撮らなかった僕ですが、スタッフはしっかりと撮っていてくれたようです。

なので1週間遅れですが、カウントダウンJAPANの報告です。

f0146268_12101720.jpg

ステージの中央で、観客を大盛り上がりに導いているカリスマ

って、よく見るとウム!!

俺じゃない・・・

f0146268_12103258.jpg

すごい人数の人達

やっぱこういうのを見ると、後からでも盛り上がりますね。

ああ、こんなに多くの人が一緒に盛り上がってくれてたのだ!と。

と言いつつ、相変わらず俺は写っていない。。。

本当にいたっけ?俺。

f0146268_12104433.jpg

ということで、やっと出て来た僕

って、ライブ終了してんじゃん!

新しいTシャツを自慢げに紹介しているが、本当にライブに出たのだろうか!?

とにかくこんな年初め!

今年も盛り上がりそうだねえ、、、、、俺以外は。
by yuhiblog | 2009-01-07 12:19 | 軟式音楽
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。