exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
カテゴリ:軟式LIFE( 206 )
台湾
台湾に行ってきました、はい。

ご存知の通り、台湾は今回の日本の震災に対して、国をあげて援助を表明してくれてます。

100億円以上の義援金を送ってくれてるそうですが、重要なのはそれ以上に台湾の人が本当に日本のことを心配に思って、日本を愛してくれてるということです。

元々親日で有名な台湾ですが、今回3年ぶりに行ってみて、それがさらに強くなってるように感じました。

なにしろ、街を歩くだけでも、吉野家・牛角・ココイチ・モスバーガー・大戸屋・ロイヤルホスト・和民・・・もうほんとにいたるところに日本のチェーン店があって。
さらにそれに加えて『日式』と呼ばれる、いわゆる日本食レストランや寿司の屋台まで、とにかく「ここは日本か?」と思うほどに、日本の文化が浸透してる。

TVをつけても、NHKの国際放送なんかが普通に流れてて、たまたま『おかあさんといっしょ』で自分の『えがおでいこう』まで聴けた時には、ちょっと感動しました。
(しかも日本と同じく毎日流れてるので、次の日にも聴けた!)

おそらく、ここまで日本を受け入れてくれてる国って、台湾だけじゃないでしょうか?

アメリカにおけるSUSHIブームとか、そういうのとは全くレベルが違いますね。

例えばハワイなんかも町中に日本食屋さんとかがありますが、それは日本人の観光客が利用するからあるんでしょうけど、台湾の場合は本当に地元の人達が使ってるんですよね。

ほんと、外国なのにこれだけ日本のものがあると、「せっかく外国来たのに、日本と変わらなくてつまらない・・」なんていう感覚を通り越して、純粋に嬉しいんですよ!

日本国内の状況は今後大変だという話もありますが、単に「日本脱出」するのではなく、近隣の国の人達としっかりコミュニケーションを取ってくというのが大事になってく気がします。今回の震災が、良い意味で外国と日本の交流の一つのきっかけになればと思います。

そして、本当に台湾の皆さん、ありがとうございます!
ほんと、これからは台湾の人達には足を向けて寝れません!

と思っていたら、そもそも台湾の方に足を向けると、北枕になるので、もともと足向けてなかったのですね。
良かった!

f0146268_17252810.jpg

意味はないけど、機内食をベジタリアンミールにしてみた。
by yuhiblog | 2011-04-17 17:29 | 軟式LIFE
横浜
POP!

ここのところ、FM横浜で薫堂さんの『FUTURE SCAPE』に出してもらったり、『WE LOVE SHONAN』に出してもらったりと、横浜に行く機会が多かった。

ラジオ出演で横浜に行く度に、せっかく横浜まで来たのだからと、いつも寄り道をしてくるようにしている。

温泉施設・万葉の湯に行ってみたり

中華街へ行ってみたり

電車で途中下車して田園調布や自由が丘に寄ってきたり

たまたま呼ばれる番組が週末が多いということもあり、なんとなく小旅行気分で楽しいものです。

先日は、中華街でパラダイス山元さんもお薦めという『上海飯店』へ餃子を食べに行ったけど、聞いていた以上に親父さんのキャラが立っていて、気になって気になって餃子の味よりそっちばかり楽しんでしまった。

とてもここには書けないようなブラックな話を、延々と繰り返していて(そのわりに料理の注文など、本業になると信じられないくらい愛想無く・笑)、良くも悪くも最近少なくなった『主人が個性的な店』として、いつまでも残ってて欲しいですね。

そういや個性的な店主といえば、中延の『桃桜林』のご主人もそうとうだったけど、元気にしてるかな?

話は戻って横浜

こないだもF横に行く前に、横浜駅付近の美味しいお店を探索してたのですが、その時気づいたのは、この歳になって、横浜駅に来たのがほぼ始めて!だったということ。

思えば、学生の頃はほとんど行ったことがなかったし

ミュージシャンになってTVKとか横浜で仕事があるなんて場合は、ほとんど車だったので、横浜駅周辺に降り立ったことが、全くなかったんですね。

なんかものすごく新鮮でしたね、こんなに近くに、全く知らない都市があることが。

大げさじゃなく、大阪か名古屋にでも降り立ったような気分でしたよ。

しかしその小旅行感がすっかり気に入ってしまったので、どうぞ横浜方面の皆さん、これからもちょくちょく呼んでください!
f0146268_16582079.jpg

by yuhiblog | 2011-04-05 16:58 | 軟式LIFE
美味しそうに食べよう
POP!

ホフディランのライブDVDの編集が佳境です。

佳境というか、ほんとに待たせまくっててすいません・・・

その代わり、1曲1曲PVを作るような感覚で作ってるので、きっと楽しんでもらえると思います。
完成までもうしばらくお待ちを!

さて,本日もその編集をしてたのですが、編集スタッフとふと「うどんの美味しい店」について話したところ

「たぶん、私のうどんの好みは、雄飛さんとは合わないと思います」
と言う

ん?
そのスタッフと一緒にうどんを食べに行ったことないし、うどんの話すらしたことないのに、なんでだろう?と思ったら

「わたし、中目黒のBってお店好きなんですけど、雄飛さん嫌いですよね?」と

ん??
Bという店は、かなり前だけど何度か行ったことがあって、けっこう美味しかった気がする。

「いや、嫌いじゃないけど、なんで?」と聞くと

「お店の人とこないだ話したら、雄飛さんが以前に来たけど、あまり美味しくなさそうだったって残念がってました・・」

えーーー!!

そんなことないですよ!!
美味しかったですよ!

「随分前だから忘れちゃったけど、僕、なんか美味しくないとか言ってたのかな?」

「いや、べつに言われたとかじゃないらしいですけど、なんとなく美味しくなさそうな顔してたって・・・」

そんなーー!
美味しくなさそうな顔って・・

僕は最近『食べログ』で、自分のお気に入りの店とこれから行きたい店をブックマークしてくのが趣味なんですが、このうどん屋Bは、先日ちょうど「お気に入り」に入れたばかりでした。

だから、気に入ってんのよーー!!
むしろ好きな店ですよ!

いやー、いいこと学びました
美味しいものを食べる時は、ちゃんと美味しい顔しないと駄目なんですね。


そう思えば、最近毎日美味しいものなのに、つまらない顔で食べてたかもしれない・・

いかんいかん

スマイルしなくちゃね!
食べる側も。
by yuhiblog | 2011-02-22 23:37 | 軟式LIFE
向いてる方向
POP!

すっかりブログの更新を怠ってました。

悪いのはツイッター!
そしてFacebook!

あ、べつに悪くないか。

でもまあ、ほんとそこら辺の棲み分けを今後どうしていくか、すごく重要な課題ですね。

僕はmixiとセカンドライフは全くやらなかったですが、全部追ってたらやっぱ大変ですよね。

あとモンハンね。

あ、全然違うのか、それは?

でもほんと、これでモンハンやってたらきっと大変なんだろーなーって思いますよ、モンハンにハマってる人達のつぶやきを見てると。

さて、ブログの更新が遅れたことの説明はこれぐらいにして、本題です。


最近ですね、自分が向いてる方向の仕事の依頼が多くて、すごく嬉しいんですよね。

自分にむいてる、ではなく、自分が向いてる方向ですよ。どっち向いてるかってことね。

デビュー以来15年もやってますからね、やっぱりその時その時で向いてる方向って微妙に違うでしょ。

でも、おかげさまで、自然とその時自分が向いてる方向の仕事が、向こうからもやってきてくれるもんなんですよ。


こういう曲が作りたいな、とか

こういう人と一緒に仕事したいな、とか

最近はそういう自然と言えば自然、ミラクルと言えばミラクルなつながりのことが多くて、ほんとに楽しいです。

おそらく誰もがやりたい仕事ばかり出来る訳じゃないと思うので、そういう意味ですごく幸せな状況にいるなと。

本日もまさにやりたかった種類の人達と打ち合わせ。

もう少し形になってから色々と発表して行くと思いますが、なかなか良い風が吹いてるみたいです、原宿・渋谷辺りに!
by yuhiblog | 2011-02-16 15:10 | 軟式LIFE
背中をとるか、膝をとるか、それが問題だ。
最近、自分が出てる東京会議を観ると、毎回がっかりする。

何にって、僕の姿勢の悪さにです。

もともと姿勢悪いと自覚はしていたけど、こんなにも背中が丸まってるのかと。

思えばライブ映像とか他の番組などで自分を客観的に観る場合でも、正面からの画が多かったので、気付かなかったんだと思うけど、東京会議は円卓で会議をするという構成上、横からのショットが多いので、改めて自分の姿勢の悪さにビックリしたのです。

いやー、たまには自分を横から見てみるもんですねー。

そう考えると、意外と自分の見た目って、自分が一番理解してないかもしれないですね。
だって、大抵正面からだけでしょ、鏡で見る自分って。

でも実際には他人からは360°どころか、上からも下からも見られてる訳です。

もしかしたら全然違う人なのかもね、皆さんが見てる僕って。

という訳で、こりゃいかん!ということで、バランス椅子というのを購入したのです。

正座みたいな感じで座るやつね。

f0146268_1581984.jpg


こういうのこういうの。

で、最初のうちはまあ、たしかに背筋が伸びて、これはいいぞ!と思ってた訳です。

しかし、使ってくうちに、膝が痛くなってきた。

ほら、この椅子って、通常はお尻だけで座ってるのを、膝もクッションに置く事でその分腰への負担を軽くして、それで背筋を伸ばそうという構造な訳ですよ。

その目論み通り、お尻と腰への負担が減る分、膝にすごい負担がかかるんですよ。

でさ、何日も使ってると、もうあからさまに膝が痛くなってくるんですよ。
長時間座ったときなんか、立つのも辛いくらいに膝が痛くなる。

うーん、背筋は伸びたかもしれないけど、これで膝を悪くしてしまったら本末転倒というか、むしろ膝が悪くなったら絶対姿勢もさらに悪くなってしまう気がする。

こういう場合は一体どうしたらいいんだろう。。

ひとまず最近は、膝を置くべき場所に座るという完璧に間違った使用方をしてるんですが、それがまたどう考えてもむしろ姿勢が悪くなるような格好なんですよ。

今後僕の姿勢がどう変わって行くか、そこを注目して東京会議を楽しんでいただきたい。
by yuhiblog | 2011-02-02 15:18 | 軟式LIFE
乾いてる皆さんへ
皆さん、乾いてますか?

ほんと今年の冬の乾燥ぷりといったら、すごいっしょ?

でね、ひとつ助言をさせて欲しいのです、そんな乾いた人々に。

それはズバリ

加湿器選び!!(エコー)

ボーカルという職業柄、今まで10種類近くの加湿器を購入してきまして、居間にスタジオに寝室に、それはもう色々と試しました。

で、一つ明確に思うことがあって、今回こんなタイトルで書きましたが

それは

お洒落加湿器は壊れやすい!!!(ディレイ)

ということです。

加湿器って、思った以上にセンシティブなものと言いますか、水を空気(霧)に変える訳ですから、実は結構すごいやつらなんですよね。

そんな作業を、無理矢理お洒落にしてる加湿器がここ数年けっこう出てまして、実際僕もかなりの種類を買ったのですが、そのほとんどが1年〜2年で壊れちゃうんですよ・・・

いや、お洒落加湿器を悪く言うつもりはないんですが、やはり、水を扱うという時点で、それなりの耐久性って必要なんですよね、単なる部屋のインテリアじゃないんで、お洒落なら良いというものとは違うので。

ということで、ほんと結論だけ言わせてもらいますが

加湿器だけは
・ごくごく安いもの(壊れても買い替えればいいもの)
か、逆に
・多少デザイン性など悪くても、しっかりした家電メーカーが出しているもの

の、どちらかを買うことをお勧めします!
変にお洒落なものは、ほんと駄目です。


僕から、この冬をうるおった生活にしてもらうための、せめてもの助言です。

はい
by yuhiblog | 2011-01-23 01:58 | 軟式LIFE
15年て・・
POP!

最近、ホフディランや僕の仕事関連で写真を撮ってくれているOさんというカメラマンの女の子がいます。

あ、Oさんというのは、オーさんではないですよ・・
ほら、イニシャルトークよ!
実際にオーさんではなくね。

あ、そんなこと分かってる??

まあいいや、とにかくOさんというカメラマンの女の子がいます。

普段も撮影の後など一緒に飲みに行くことはあるんですが、今日シコウヒンTVの撮影後にたまたま僕とウムとOさんの3人で飲むことになりました。

で、色んな話題があがる中で最近のホフのライブの話になった時に、そのOさんがふと
「わたし、中学校1年生の時からホフディランのライブ行ってますから」
って言ったんですよ。

正直それまでOさんの年齢もあんまり気にしてなかったし、それこそホフのファンかどうかなんて全く気にしてなかったんですね。

で、改めて聞いてみたら、彼女は26歳だと。

で、中学校1年生の時に、どうしてもホフディランのライブ(渋谷公会堂)に行きたくて、当時ライブに行くことを許してくれなかった母親に「友達の家に遊びに行く」と嘘をついて僕らのライブに来てくれたそうです。

しかし、親がその(嘘で言った)友達の家に電話をかけてしまい、「うちには来てませんけど・・」てなことで嘘がバレて大騒動になり、彼女が家に帰った時に

「あんた嘘ついてどこ行ってたの!!」

と、人生で後にも先にも一度だけ母親から本気でビンタされたそうなんです。

それ聞いてね、なんかほんと泣きそうになっちゃったんですよ、僕が。。

そうやって、人の人生の1シーンに関われたってのも嬉しいし、そこまでしてホフのライブに来てくれてたってのも嬉しいしね。
さらに、そこでビンタされた子が今ぼくと一緒に仕事をしてるってのも、なんかすごく感慨深いでしょ。

なんか、ミュージシャンになれてほんと良かったな、って思いましたね。

ホフディランも今年でデビュー15周年ですが、15年ってそういうことなんだよな〜〜〜ってしみじみ思ってしまいました。

当たり前っちゃ当たり前ですが、当時15歳だった子が今では30歳な訳だし、当時0歳で親がホフディランを聞いてたなんて赤ちゃんすら、もう15歳な訳です。

根本的にはすご〜〜〜〜くいい加減な僕ですが、こういう話を直接聞くと、やっぱこれからもちゃんと期待に応えれるように、やれる限りしっかりやって行こう!と思ったりしますね。

15周年と軽く言っておりますが、僕らだけの15年ではないなと!

ホフディランと、皆さんの15年をまとめて背負って、今年を盛り上げるぞ!!

と思った訳よ、ふんとに。
みんな、ありがとう!
by yuhiblog | 2011-01-14 23:29 | 軟式LIFE
2011年
ブログより
改めまして明けましておめでとうございます!

2010年は、すっかりまるまるお世話になりました。

2011年も、余す所なく一緒にまるまる楽しんで行きましょう。

つまりは鯨だ、鯨!



f0146268_11211962.jpg


今年がシーシェパードにとって最悪な1年になりますように。
by yuhiblog | 2011-01-02 11:24 | 軟式LIFE
男!
週末のパブリックビューイングの後の打ち上げの写真が送られてきた。

f0146268_16222654.jpg


男!男!男!!!

なんだ、この男率。

そして、なんだこのピース含めた決めポーズ率、ガキか!?(笑)

大人なんだから、普通に直立で写真写れないのかね、この人達。

まぁしかし、こうやって野郎たちで飲んでる時はほんと楽しいもんです。

数名、次の日反省していた者もいたようですが、誰一人ボッコボコにはされてないので、概ね楽しい酒だったんでしょう。

あ、テキーラは無理矢理飲まされましたよ。

コップでしたが。
by yuhiblog | 2010-12-13 16:28 | 軟式LIFE
釣り
先日、伊豆大島で釣りを体験して以来、すっかり釣りをしたい気分なのです。

なんならマイ釣り竿さえ買いたいくらいなのです。

大島では結局僕は釣れなかったんですが、それでも心の安らぎのようなものを手に入れたのです。

海に釣り糸を垂らして、じっと当たりを待つ。

まるでヘミングウェイの『老人と海』の主人公になった気分じゃないですか!

これはもう僕という男の尊厳をかけた、僕vs海の戦いな訳です。

そして結局負けた訳です・・・

でもね、戦いを挑んだところに意味がある訳です。

先日ウムがイカ釣りに行ったらしいです。
船釣りということで、全部で8000円くらいかかったらしいのですが、結局1パイも釣れなかったそうなんですよ。

でも、釣れた人から1パイもらったんだと。

それがもすごく美味しかったと。

「でも結果的に1パイ8000円は高いよね?」
と聞いたところ

「新宿のイカセンター(新宿にある活きたイカを食べさすお店)でも1パイ5〜6千円はするよ!」
と言い張っていました。

そうか、それなら釣りを楽しんだんだし、決して高くはないなあ。

と考えておりました。

ところが!

新宿でカレーでも食べようと、食べログを見ていたところ
ふと、新宿のイカセンターが出て来た。

おお、ここかここか

と、レビューを読んでみると

イカ姿造りコース 飲み放題付き 5800円

とある!

なぬ!?

コースにはイカ以外の刺身や鯖の棒寿司など料理が盛りだくさんである、セロリもついてる。
(このセロリの意味はよく分からないが、おそらく魚ばかり食べてると、こういうのが後で効いてくるのだと思われる)

そして、なによりも飲み放題付きである!!

それで5800円だ。

ウムは8000円出して、実質は1パイも釣れなかったのだ。

うーん、こうなってくると往復2〜3時間で千葉に釣りに行くより、新宿行った方がいい気もしてくる。

いや、問題はそういうことじゃない!

僕vs海の壮絶な戦いが必要なのだ。

でもまあ、冬だし、宴会シーズンだし、とりあえずは飲み放題付きの方がいいなあ。。。
by yuhiblog | 2010-12-01 10:14 | 軟式LIFE
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。