exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
カテゴリ:軟式LIFE( 206 )
眠れない夜
うーん、眠れない・・・

僕はぼんやりと時間を過ごすのがすごく苦手なのです

なので、寝ようと思ってるのに眠れないと、ものすごく時間がもったいない気がして、結果的にどんどん焦ってしまい、さらに眠れないという悪循環に陥りやすいのです

なので、こうなったら眠ることを諦めて、ブログのひとつでも更新すれば、ちょっとは有効的に時間を使ったことになるだろう

ということで、更新です!

なので、これといって何を書こうかというのも考えていなかったので

最近またお仕事仲間やスタッフを募集していることを、告知がてら書きたいと思います。

こちら!

「ホフディラン、GENIUS AT WORK お仲間募集の巻!」
http://hoff.jp/hoffstaff/

以前から何度かネット経由で一緒になにかやろうよ!というクリエイターや、単なる面白い人などを募集していますが、思えばこの募集が僕やうちの事務所の活動のかなり重要な位置を占めているのです。

というのも、今うちの事務所で働いてるスタッフも半分以上は、もともとネット経由で集まって来た人達です。

ホフディランの活動でも、映像の編集を手伝ってくれてるスタッフ、カレー粉ディランのパッケージを作ってくれたスタッフ、USTの番組を一緒に制作してくれたスタッフ、その他多くが、やはりツイッターなどネットを経由して「なんか一緒にやりましょう」と手を上げてくれた人達です。

音楽関係の人やテレビ関係の人でも、ネット経由で直接お誘いをくれる人が沢山います。

一般的な音楽事務所や制作会社がどういう形でいわゆる『お仕事』を取ってきたり『人材』を集めているのか、全く知らないのですが

うちの事務所に関しては、ほんとに「なんかやろうよ」という思いだけで、直接声をかけたりかけられたりしたものが形になっていった仕事ばかりです。

例えば、ホームページ経由で「こんなことやりませんか?」と提案をもらった仕事を、「こんな作品作ってます」というクリエイターに声をかけつつ、一緒に作り上げる。

そういうのが基本なのです。

D.I.Yですね、つまり。
最初のつながるとこから含め、自分達で何かを作ってくということ。

僕の好きな言葉に
「ガレージから世界へ」
というのがあります。

これは故スティーブ・ジョブズを語る際にも使われますし、いわゆるガレージバンドを語るときとか、ウェインズワールドを語るときとか、色々出て来ます。

つまりは、自宅のガレージで友達と好きでやってることが世界を巻き込んで行くということです。

僕がポッドキャストを好きな理由も同じで、大きな放送局やスタジオからじゃなくても、自宅の一室でやってることが世界中に(とは言いませんが、せめて日本中に)広がって行くという、根底にあるのはそこの広がりの面白さなんですよね。

そんな訳で、一緒になんか始めて、そこから世界へ広げて行こう!という人や会社や企画屋さんなどなど、興味あるみなさん

どしどしご連絡を!
http://hoff.jp/hoffstaff/
by yuhiblog | 2011-10-16 05:40 | 軟式LIFE
僕の好きな先生
子供の頃通っていた『体操スクール』の恩師・山本先生の還暦パーティーに行ってきました。

小学校・中学校・高校と学校では色々な先生にお世話になりましたが、正直「恩師」と思える様な先生と巡り会ったことは、ほとんどないですね・・・

いや、これ正直な意見・・・

まあ、そんなもんでしょ? 学校なんて。

その逆で、ずっと恩師と思えるのがこの山本先生です。

たぶん、キヨシローさんが「僕の好きな先生」で歌ってた先生と同じような感じだと思います。

めちゃくちゃいい加減なんだけど、なんだろ、すごくかっこいい感じ。
ずっと憧れてました。

とは言っても、5〜10年くらい会わない期間とかあるんですけどね、そういうのは全然関係無いんだよね。

やっぱり会った瞬間から、小学生のころに戻っちゃう。

そうだ、こういう大人になりたかったんだー!
と思ってたのが、この人。


やっぱ、かっこ良かったわ、60歳になっても!

f0146268_21175637.jpg


僕も60歳でこうなりたいわ。
by yuhiblog | 2011-10-01 21:21 | 軟式LIFE
サングラス
POP!

1ヶ月も前のことで申し訳ないんですが、誕生日にファンの方から素敵なものを色々もらいまして、皆さんありがとうございました!

で、その中でも秀逸だったのが、こちら!


f0146268_16132159.jpg



そうです、僕のフィギアです!

似てるでしょ?


f0146268_16135623.jpg


しかも細かいことに『COMZO』というパーカーまで着てる!
(パーカーのデザイン自体、普通にかっこいいんで、逆にここから実物を作りたいくらい)


f0146268_1616752.jpg


やったぜ、フィギアになったぜーーー!!と手を挙げて喜ぶとこんな感じ。



f0146268_16164390.jpg



死ぬほど飲んでやるぜーーー!!
とベルギービール『PRIMUS』の上に座るとこんな感じ。

妙に無表情なのが面白い。

しかし!


こんな素敵な人形なのに

一つだけ大きな問題があるのです!


それは

これ!



f0146268_16193462.jpg


サングラスを取ると、全く似てない・・・


自分でも
「え・・・どなたでしたっけ??」
と思ってしまう。


ちなみに、実に細かいことに、眼鏡も何パターンか用意してくれている。

通常の眼鏡をかけさせるとこんな感じ


f0146268_16225686.jpg


うん、なんか僕っぽいぞ。

でも、やっぱり微妙に違う気がする。

COMZOというオリジナルの眼鏡まで作ってくれたので

それをかけると、こうなります


f0146268_1623346.jpg


うん、面白い。

しかし、もはやどういう人なのか分からない。

どちらかというと、僕より、食い倒れ人形に似ている気もする。

ちょい薄めのサングラスも作ってくれたので(ほんと細かい!ありがとう)

それをかけさすと、こんな感じ


f0146268_16251379.jpg


うん、やはり多少僕に似てくる。


ということは

そもそも
僕に似ているのではなく、サングラスが似ているということなのか???

というよりも

僕というキャラクターは

実は、僕本体はあまり関係無く
サングラスの存在が重要なのかと・・

サングラスの方が、僕の存在感よりも圧倒的に重要であると・・・(涙)

僕自身、今まで
「サングラスをかけている」
という感覚でいたけれど

もしかすると
サングラスが僕を背負っている
のかもしれない。。。

日々、出かける前に、玄関でひょいと眼鏡をかける時

あれは毎回、眼鏡の方が

「よしよし今日も、よいしょっと!」
という風に、僕を背負っていたのかもしれない・・

これはヤバイ!

よく、奥さんの方が有名なタレントさんとかで
「○○の旦那さん」
としか呼ばれない人がいますが

つまりは、ああいうことなのだ。

僕のサングラス

ではなく

サングラスの人
だったのだ。

「ハムの人」的な感じ?

よし!
こうなったら、どこまでも
サングラスに、おんぶに抱っこしてもらい、生きて行くぞ!

頼むぞサングラス!

f0146268_16292531.jpg

by yuhiblog | 2011-09-20 16:47 | 軟式LIFE
誕生日とは
POP!

本日は僕の誕生日です。
メールやツイッターで沢山のおめでとうメッセージをいただき、ありがとうございます!

子供の頃を思い返すと、あまり誕生日を祝われた記憶がありません。

というのも、うちでは誕生日は

「産んでくれた親に感謝する日」

と教えられていたからです。

うちでは誕生日の主役は子供ではなく、むしろ親の方だったのですww

もちろん、親から「誕生日おめでとう!」って祝福はされるけど、いわゆる一般的な誕生日の儀式、プレゼントもらって、ケーキにロウソク立てて・・・・・みたいなことは、あんまりやってもらったことないんですね。

でも、誕生日が「親に感謝する日」という考え方は、すごく良いと思うんですよね。

最近『祝う』って文化が、いつの間にか単なる『お祭り』になってるように思うのですが、本来は『感謝』だったんじゃないのかなと。

例えば新年を迎えるカウントダウンとかね、単にお祭りでしょ。
でも、元々は1年間無事に過ごせたことへの『感謝』だったんじゃないのかなと。

なので、今日は僕が祝ってもらう日ではなく、僕をここまで育ててくれた、親はもちろん、家族・友人・スタッフ・お仕事の仲間・そしてファンの皆さんに感謝する日だと!

むしろ、今日は僕以外の皆さん感謝デーです!

そう考えると、今日以外の364日はむしろ僕が感謝される日だ!
みんな明日から毎日僕に感謝してくれ!
(って、俺はアリスの帽子屋か・・・)


ということで、これから花とケーキを<親に>買って行って感謝してきます。

同じく、もし皆さんが街で僕を見かけたら「誕生日おめでとう!」と声かけてくれれば、僕から皆さんに1杯おごりますよ。

皆さんが感謝されるべき日なんだから!

いつもほんとにありがとう。


小宮山雄飛(38)
by yuhiblog | 2011-08-14 11:20 | 軟式LIFE
<ご報告>
私事ですが

昨日・7月19日、第2子となる男の子が誕生しました!

おかげさまで、さらにまたHAPPYな日々を送れそうです。

谷亮子風に言うなら
家でもベイビー、仕事でも(ワタナ)ベイビー

こりゃー忙しくなってきたぞ!と。

これからも皆さんからの温かいサポートを、一つよろしくお願いします。

えがおでいきましょ!

p.s.
ニューアルバムに向けて、”曲”という名の子供達も絶賛仕込み中です、こちらも年内に産み出す予定なので、お楽しみに!

f0146268_21361094.jpg

(注)写真下は、今回産まれた方ではないベイビーです。
by yuhiblog | 2011-07-20 12:26 | 軟式LIFE
デスクワーク
ライブや撮影など、いわゆる『露出』仕事のない日は、さくさくっとデスクワーク、こんな感じ。

f0146268_13365454.jpg


真面目に働いてなさそ〜ね〜〜〜。。。
by yuhiblog | 2011-07-14 13:41 | 軟式LIFE
SUMMER TIME POP!
神戸の ROKKO SUN MUSIC

やはりライブは楽しかった!

渋谷AXと両方来てくれた人は分かると思うけど、編成・アレンジ・テンション、なに一つ同じではないのです。

ゲンショーさんとの3人編成だと、どうしても音の厚みは少なくなってしまうかもしれないけど、その分一人一人の音はしっかり聞こえてるはず。

弾く方もけっこう緊張します。
左手でベース役割りをしつつ、右手も単にコードではなく、ソロを弾いたりといつも以上に忙しくなります。

しかもこの日は、最初ステージの後ろからYOUR SONG IS GOODのジュンジュンが見てて、その視線で緊張した(笑)

同じキーボーディストに、後ろから手元を見られてると思うと、こちらも必要以上に色々がんばってしまう。
あれ、すごいプレッシャーだったよ!

お返しに僕もユアソンの時、ステージ横からずっと視線を送ってたんだけど、おそらく本人はそんなこたー全く気にもせず、すごいライブで、改めてユアソンすげーー!!って思いました。


話は戻ってホフのライブ
編成の変化以上に、会場の空気やお客さんのノリで、とにかくライブって毎回違うものになる。同じライブは1度たりともない、そこがいいですね。

この夏はスイートラブシャワーとROCK IN JAPANに出演して、9月には先日お知らせしたライブハウスワンマン。

どれも全然違うものになると思うので、ぜひぜひ全部遊びに来て下さい。

あ、あと8月6日には『生こむぞう』もね!
まあ、これはどのライブとも全く違うトークイベントですが、下手するとこれはこれで一番盛り上がるかもしれませんww 史上最高にくだらない内容になると思いますが。

もろもろ詳細はこちらをチェック
http://hoff.jp/


ちゅーことで、この夏もPOPに過ごしましょう!
それ即ち、SUMMER TIME POP!

f0146268_9595097.jpg

by yuhiblog | 2011-07-13 10:17 | 軟式LIFE
僕は寝ている
POP!

最近、会う人会う人から
「いつ寝てるんですか?」
と聞かれる。

最初、この質問の意味が全然分からなかった。

だって、僕はむしろ普通の人より寝てるくらいですからね。

深夜の仕事なんかもあるので、時間は多少不規則ですが、睡眠時間だけで言えば、けっこう取ってる方です。
自分でも「おれ、寝過ぎじゃないか??」と思うくらい寝ています。

では、なぜ「いつ寝てるんですか?」と聞かれるのかというと
僕が24時間いつも呟いてるからだそうです。

つまり、僕がtwitterでいつも呟いてるので、この人は一体いつ寝てるんだろう?と。


しかし、これには大きな誤解があるのです!

僕のtwitterアカウント @yuhikomiyama は、僕が書き込む呟き以外に、僕関連のブログやニュースをフィードで反映してるんですね。

細かく言うと
軟式ブログ(このブログですね)
こむぞう
ホフディランinfo
シコウヒンTV
・小宮山雄飛の東京DVDライフ

ここら辺が更新されると、自動的に僕のつぶやきとして出るようになってるんですよ。

こむぞうは毎朝更新されるし、シコウヒンTVは週1、このブログやホフのinfoも週に数回更新されます。
その度に僕の「つぶやき」として表示される訳です。

さらに、もちろん僕自身の普段のつぶやきもあるので、僕のつぶやきの更新頻度だけを見てると、まるで24時間寝ずに常につぶやいてるように見えるんですね。

でも、寝てますから、しっかり!

実は、僕がtwitterを始めた時に、一番便利だと思ったのが、このフィードを反映する機能だったんですよ。
(基本機能ではなく、サードパーティーによる機能ですが)

一般の人にはあまり必要ないかもしれませんけど、僕のように、ネットで色々な連載やサイトをやってる身だと、これすごく便利なんですね。

ファンの人が、twitterの僕のアカウントさえフォローしておいてくれれば、とりあえず僕関連の更新ものは一応全部分かるようになってる訳です。

それまでは、こちらも一つ一つ「こむぞうが更新されましたよー!」とか「ホフディランのニュースが出ましたよー!」って告知しなくちゃいけなかったものを、全部自動で反映してくれる。

しかも反映されるといっても、あくまで140文字という制限内で行われるので、よくブログなんかであるような、文章が多過ぎて過去にさかのぼるのが面倒、ということもない。

これはすごく便利な機能です。

ということで、僕はずっと呟いてるように見えますが、実際は個人的なつぶやき以外は、それぞれのスタッフが書いてるものが僕のつぶやきとして反映されているだけなのです。

僕の睡眠時間を心配してくれた皆さん

そんな訳で、僕はけっこう寝ています、はい。

f0146268_10493947.jpg

内容とは全く関係無い、虎ノ門「ハングリータイガー」のペスカコンバジ
by yuhiblog | 2011-06-13 10:50 | 軟式LIFE
73年組!
POP!

ここ数日、同い年づいておりました。

まず、ラジオ日本『真夜中のハーリー&レイス』にて、実況アナウンサーの清野茂樹さんとプロレストーク。
清野さんは73年生まれで、青山学院大学出身、広島のラジオ局アナウンサーだったので、かなりニアミスな人生を送っていました。

デビュー当時とかキャンペーンで広島のラジオによく行っていたので、なぜ会わなかったのかが不思議なくらい。

プロレス番組なのに、前半はすっかり『同い年』トークに終始してしまいました。


さらに昨日はやはり同い年のYOUR SONG IS GOODのジュンジュン(JXJX)と『スペシャエリア』で共演。

しかも、JXJXと清野さんはなんと同じ中学校の同級生だったという、ものすごいミラクル!

なかなか1日に、神戸市立白川台中学校の2人(しかも同じ学年)に別に場所で会うという経験は、ないでしょうね!
ていうか、僕はその学校と全く関係無いし(笑)

にしても、同い年の人と話すとやっぱり盛り上がりますね。

コヤブソニックの小藪さんも73年組!

僕らの世代はモロに団塊ジュニア世代で、ここ数十年では最も人口の多い年なんですよ。
だから受験とかは大変でしたね、とにかく人が多いから、倍率がすごかった。

その割に、不思議なことにこの業界には73年組は意外と少ない。

時代とか、ブームとか、いろいろな流れってあるんでしょうね、きっと。

会社員が多い世代とか、ミュージシャンが多い世代とか、スポーツ選手が多い世代とか。

そんなこともあり、この業界で同い年に会うと、妙に嬉しいんですよね。

JXJXとは73年組だけで作る番組とかやってみたいですね、スタッフもみんな73年組。
話題も73年組中心!

ゲストの最終目標が宮沢りえ!(JXJX談)

一応、数字的には一番人数が多い訳だから、狙いとしては成功するはずなんですよね。
TV局ラジオ局のかた、どうですか?

とにかく人が多い訳だからね、73年向けメディア、成立しないですかね?(笑)

それはさておき、実際ユアソンの活動とかを見てて、ものすごく刺激になります。
向こうがこんな盛り上がってるなら、同い年としてこちらも負けらんないぞ!と。

正直、けっこう意識してます(笑)

ほら、相手が若者だったら
「まあ、若さで負けるしね・・」
って言い訳できるし

歳上だったら
「いつか追いつこう」
と、これまた先延ばしにして、悔しくならない。

でも同い年だと、言い訳できない。

だから、ユアソンとか小藪さんとか、同い年の活動はいつもチェックして、良い意味で自分の活動の刺激にしています。

そうだ、先日の東京03もそうだった!

うーん、やっぱり73年組だけの企画、面白いと思うな〜!



f0146268_9553352.jpg

by yuhiblog | 2011-06-09 10:28 | 軟式LIFE
東京03
POP!

先日、東京03のライブを観に行かせてもらった。

テレビでしか観たことがなかったけど、ライブでの迫力ある演技と細かいセンスの良さに、すっかりファンになってしまった!

家に帰ってから、調べてみたら、3人のうち、お二人は僕と同い年だった。

同い年と言えば、先日呼んでもらったコヤブソニックの小籔千豊さんも同い年。

ということで、僕はこの2つのイベントで、なんかすごく勇気をもらった訳です。

というのも、僕自身がこの歳になってから、初めて東京03のことをちゃんと知って、これからぜひ毎回ライブに行きたいって思った訳ですよね。

小藪さんもそう、2年前に番組で一緒になってからコヤブソニックに呼んでもらったり、それを機に吉本新喜劇を観に行ったり、すっかり友達でありファンになった訳です。

つまり、この歳からでも新しく知ったものに、ハマれるんだなと。

逆を言えば、この歳からでもホフディランの曲を初めて聴いてもらった人にファンになってもらったり、初めてライブに来てそこから固定のファンになってもらうことも可能なんだなと。

37歳にして、初めて観た東京03に今後ハマるであろう客席にいる自分の姿を客観的に見て
「よし、これいいぞ!」
と思ってしまった訳です。

これから初めてホフの曲を聴く人、ライブに来る人、ラジオやコラムなど僕の色々な仕事に接する人を、ここからファンにしてやるぞ!と、そう思った訳です。

そのために、7月3日のライブを含め、今色々な企画をコッソリしっかり企画中!

5月6月もお楽しみに!

小宮山雄飛


***ライブ***
7月3日渋谷AX ホフディランライブ【15年の日曜日】
(5月28日チケット一般発売開始!)
チケットぴあ0570-02-9999 (Pコード 349-630)
LAWSON TICKET0570-084-003 (Lコード 79725)
e+eplus.jp
CNプレイガイド0570-08-9999

***UST***
Ustream「ホフディランのヘイ!15」vol.2 生放送!
2011年5月28日(土)20:00~22:00(予定)
配信URL:http://www.ustream.tv/channel/hoffdylan


***メルマガ***
ホフディランのメールマガジン『多摩川新聞』にて、新企画『多摩川レポート』が始まります。
登録は、パソコン、携帯ともに
tamagawamail@m.hoff.jp


に空メールを送るだけ!
by yuhiblog | 2011-05-24 09:06 | 軟式LIFE
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。