exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
カテゴリ:軟式グルメ( 81 )
選曲家
最近、某飲食チェーン店のサウンドプロデュースの仕事をやっています。

まだお店の名前は言えないのですが、そのお店が初のホテル出店となるのを機に、内装やライティングなどと同様に、BGMもお店の一つの要素としてしっかり作りたいということで、まあ平たく言えばBGMの選曲のお手伝いをしている訳です。

元々僕はこういう、いわゆるDJではなく、僕が選んだBGMが流れてるお店、というのをずっとやりたかったんですね。

DJだとお客さんを踊らせる・盛り上げる、というのが基本にあるけど、そうではなくあくまでBGMとして成立する曲を選曲していく、というのをずっとやりたかったんですよ。

しかし、これがやってみると実に難しい、、、

BGMを選ぶといっても、JAZZ喫茶みたいにその曲をみんながじっと聴いてればいいという訳ではなく、あくまで食事が主役で、それを美味しく楽しく食べてもらうための脇役としての選曲なので、あまり派手な曲や、変な言い方だけど良すぎる曲は選べない。
曲を聴いちゃって、食事に集中できなくなってはいけない訳です。

でいながら、それこそ文字通り単なるBGMになってしまったら、わざわざ僕がサウンドプロデュースをする意味はなく、単に有線でも流しておけばいいじゃんってことになっちゃう。

そこのサジ加減が実に難しい。

ファンの方はご存知の通り、ホフディランのライブ開演までの会場のBGMも毎回僕が選んでいます。
あれも結構考えていて、いかに待ち時間を楽しく過ごせて、さらにライブにいかに盛り上がった状態で入ってもらえるかを考えてる。

BGMで、印象的な時間に『今夜はブギーバック』をちょっと大きめの音量でかけておくと、お客さんは当然「あ、ブギーバックだ!」ということになる。で、ライブ本番が始まって、最後の方の曲でブギーバックのフレーズを入れたりする。
「あ、ここの伏線としてBGMでかけてたんだ!」と面白くつながったりする。

それをやるためには、ある程度お客さんが入ってからのBGMじゃないと意味がないので、そういう時間まで考えて、まだお客さんがまばらな時間帯にかかるBGM、ライブ開始直前のワクワク感が高まってきてる時のBGM、などなど色々と考えながら選曲している訳です。

公演によっては、開場のBGMと、退場のBGMを微妙に変えたりもしているのです。
ライブが終わった後だからこそ流れて楽しい曲もある訳です。

あ、話は変わりますが、JALの国内線(国際線もかも)の機内放送のJ-POPチャンネルの1曲にホフディランの『ニューピース』が選ばれてるみたいです。

飛行機の機内放送って、まさに旅のBGMだから、昔からシングル出るたびに「なんとか飛行機の機内放送に選ばれないか!」と思ってたんで、これは嬉しいですね、ほんと。

中学校1年の時、初めてロサンゼルスに行った時に、ワクワクしながら聴いた機内放送で流れてた曲とか、いまだに覚えてますからね。
(ちなみにDJは小林克也さんだった)

つねづね、作曲家であると同時に選曲家でありたいと思っていたので、今回のお仕事はワクワクしながらやっております。
by yuhiblog | 2009-03-19 09:08 | 軟式グルメ
うまいもの連鎖
ごち!

今出ているFILTの連載で、蓮沼のお好み焼き屋さん「福竹」に行ってきました。

昔から評判を聞いてて、ずっと行きたかったお店なんですが、いかんせん遠い。

今回初めて連載企画で小山薫堂さんに紹介してもらって行ってきたのですが、これがまた噂通り最高の店でしたね!

皆さん、最近食べ物屋さんで感動したことあります?

美味しいとか、味が好みとか、そういうのと別次元で、感動ね。

まあ、感動といってもなにも涙をポロポロ流すだけが感動ではありません。嬉しいサプライズや、目から鱗が落ちるような経験も、これまた感動です。

このお店はそういう意味で、本当に感動させてくれるお店でした!


f0146268_14141741.jpg

こちらが名物おかみ

口うるさいが、実はめちゃくちゃいい人!


f0146268_14144638.jpg

焼く前のお好み焼き
この時点で、なんか佇まいがよろしいようで。


f0146268_14165297.jpg

出来上がるとこんな感じ。
既に4分の1を食べてから、写真撮るのに気付いた筆者・・・

取材が終わって、店の外に出てからもスタッフと
「いやー、これはほんとに美味しかったですね・・・・ちょっとしたカルチャーショックですよ」
と、みんな大絶賛。


そして、一度グルメボタンを押されてしまうと止まらなくなってしまうわたくし。

その足で蒲田まで歩いて、地元の名店をチェック!

蒲田といえば餃子が有名ですが、たまたまここ2ヶ月程、蒲田に行く用があったため、大抵の餃子屋さんとラーメン屋などはすでにチェック済み。

ということで、地元で人気というお寿司やさんを発見。
開店時間まで商店街で買い物をして、いざ入店!

<くま寿司>
http://r.tabelog.com/tokyo/A1315/A131503/13040571/
7席しかなく、電話番号も非公開ということで、ちと一見さんには入り辛い感じですが、グルメボタンを押されてしまった以上、躊躇せずに入ります。


f0146268_14231785.jpg


こういうお店では、(マナー違反ですが)他人の会話を聞くのが一番楽しい。

やはり食に興味がある人が多く、あそこの焼肉はイマイチだ、あそこの居酒屋は最高だ、などなど店主と食の話をガンガンしてる。

そういう場合、たいてい知ってるお店の名前なども出てくるんで、その意見で「ああ、あの店が好きな人なんだな」とか「ああいう雰囲気を好む人なんだな」とか人となりが分かってくるのですが、その中で、立会川の全く聞いた事のないモツ焼き屋さんが出て来た。

しかも、最終的には主人含めみんな一致で
「あそこのホルモンが最強だね!」
なんて言ってる!!

なぬ!?

そうなの?

そこどこよ!!

それまでは大人しく聞いていたんですが、さすがにいてもたってもいられなくなり、遂に会話に入ってしまった。

あまり他人の会話に割り込まないというのが僕のポリシーなんですが、グルメボタンを押されえしまった以上、今日ばっかはしょうがない。

という訳で立会川にある、最強のモツ焼き屋さんの情報をゲット!

近々訪れる予定。

うまい話は連鎖するもんです。

福竹のおかみさん、そんなこんなまで含めてごちそうさまでした!
by yuhiblog | 2009-01-27 14:33 | 軟式グルメ
みかん
小山薫堂兄貴から、みかんを贈ってもらいました。

とても素敵な箱に入ってきて

f0146268_0192528.jpg


開けるとまた、極めてきれいに並んでる!


f0146268_020285.jpg


で、これがめちゃくちゃウマイ!

<貴賓>というみかんです。


さすが!


レコーディングで引きこもってる時期に、素敵なプレゼントでした。
by yuhiblog | 2008-12-20 00:28 | 軟式グルメ
お前らは子供か!<じゃんがらラーメンにて>
先日、久しぶりに地元原宿の『九州じゃんがらラーメン』に行きました

このお店はとても人気がありまして、休日などは行列ができております。

しかし、とにかく地元も地元、目と鼻の先のような場所にあるので、逆に行くのは4〜5年に1回という感じなのです。

べつに嫌いな訳ではありません、しかし、半ば観光地化しているその店の行列を見ると、まあ地元の人間が行くお店ではないな、、、と思ってしまう訳です。

たまーに、酔っぱらって帰ってきて、深夜の誰もいない時間帯に一人で入って食ったりすると、異常においしく感じるのですが、さすがにお昼に並んで食べようとは思わない訳です。

そんな近くて遠いお店『九州じゃんがらラーメン』に先日また久しぶりに、空いてる時間帯を狙って行ってきたのです。

すると、どうでしょう、卓上に置いてある紅ショウガとカラシ高菜の入れ物に、妙なことが書かれてありました。


f0146268_23151632.jpg


見えますか?

「備えつけのトングをお使い下さい」

と書いてあるのです。

あ〜も〜、や〜ねホント!

トングを使え、ってこんなことを説明しないといけないんですよ!!
どうなのよ、原宿の客層って??

普通言われなくても、トング使うべ?
直箸で取るか?

それをあえて注意書きされてるという事は,直箸で取っちゃうお客さんが沢山いたってことでしょ、きっと。

や〜ね、ほんと!

お店って大変ですね。
トングを使え、から教えないといけない。

これは子供に向けたものなのか、はたまたわざわざトングの画まで描いてある所を見ると、外国人観光客に向けたものなのか、詳細は分かりませんが、とにかくラーメン屋で卓上の薬味を「トングで取って下さい」から説明しないといけないなんて、全くもって粋じゃない、実に情けない世界ですね。

これ、お店は全然悪くないですよ。

な訳で、ラーメンを食べる前になんか情けなくなってしまいました。
おいおい、そんなことまで説明しないと駄目かよ!と。

そして思い出しました

以前、三軒茶屋のラーメン屋に行った時、卓上の薬味のニンニクを、直箸で取っていたワタナベイビーを。

犯人はお前かーーーー!!!
by yuhiblog | 2008-12-12 23:30 | 軟式グルメ
出汁
最近、音楽や仕事以外のプライベートでの趣味といったら

なんといっても
「ダシをとること」
です!

鶏ガラとかを買って来ましてね、鍋でグツグツと煮る訳です。

こないだは通称<もみじ>と呼ばれる鶏の足だけを煮まして、これぞコラーゲンという、冷めると煮凝り状に固まってしまうスープを作りました。

そんな風にして自家製で作ったダシが、いわゆるインスタントのダシの素やコンソメの素と比べて、ものすごく美味しいかと言ったら、正直分かりません、、、

しかし、やっぱ自分で作ったという、精神的な調味料が強い訳ですよ!

それってほんと重要だと思うんだよね。

僕らミュージシャンの仕事も同じで、いくらでも楽しようと思えばできるんですよ、曲でも詞でも演奏でも。

でも、やはり0から自分で作ったものというのは、全然味わいが違う。

ある意味、自己満足の世界ではあるんですが、そういう自己満足はすごく重要だなと。

という訳で、最近の趣味はすっかり「ダシ」になってたのですが、そんな僕にぴったりの本が、友達の中村君から送られてきました。


f0146268_2336877.jpg

「らーめん中村屋」のスープストックでつくる家族ごはん

いや、友達だから言う訳じゃないですが、ほんと今の僕の趣味にピッタリの本でした!

そして、思ったより簡単なのね、スープ作りって。
(もちろん、らーめん中村屋の本当のお店でのスープはもっと複雑だと思いますが)

いや、ほんとみなさん、自分で家でスープ作りしてみてよ!

正直最初は鶏ガラとか掃除すんの、ちょっと厳しいですけどね・・・
何しろ亡骸ですからね、そのまま。

でも、いつのまにかそこから新たな生命を受けるってことに、むしろ喜びを感じるんですよ!

単にどこかで製造された食べ物でお腹を満たすんじゃなく、他の死んだ生き物から自ら生を得てるんだ、という事にね。

いいですよ、ダシの道。
by yuhiblog | 2008-11-18 00:03 | 軟式グルメ
セルフサービス
こないだGoogleのマイマップの話を書いたところ
友人からやたらと
「あの地図見せてくれ!」
と言われるようになりました。

やっぱ、他人がどこで何食べてるのかって、面白いよね。

最近は、ネットのおかげで、美味しいお店を探しやすくなり、とても助かってるのですが、その反面、隠れた名店みたいなものに出会う確率は減りましたね。

自分だけが知ってる、うまい店とかね。

そういうのって、もう無いでしょ。

昔だったら、いくらガイドブックでお店探しても、取材拒否の店ってのがあったけど、今は個人のブログとかがありますからね、雑誌にこそ載ってなくても、ネットで探せばすぐ出て来ちゃう。

便利な反面、自分で探す楽しみというのは減りましたね。

そんな中、すでにネットで紹介されてるとはいえ、比較的まだ知られていない、しかしうまい!ラーメン屋さんに行ってきました。

木場の『金子』

まあ、知られているいないというより、とにかく一般的にはものすごく不便な場所にあるので、近所の人じゃない限り、まああまり行かないだろうという感じ。

一番近い駅でも東西線・木場から歩いて15分〜20分くらい。

たまたま撮影スタジオが近かったんで、下調べをして行ったけど、まあ普通には行かないでしょうね、ラーメン食べるだけのためには。

しかし!

うまい!

f0146268_3394028.jpg


純和風で、ほんと優しい味。

化学調味料を一切使っていないなど、食材一つ一つにこだわってるらしく、壁にも色々と書いてあるのですが、それがよく分かるのが、とにかく商売っ気が無いのです!

もちろん褒め言葉としてですが、沢山売って儲けよう!とか、行列のできる店になろう!みたいな気合いが全く感じないんですよ。

もう全然やる気ないの、味以外の部分で。

かといって、愛想が無いとか、店が汚いとか、そういうことではありません。

とにかく味以外の所は、必要最低限で押さえてる感じが、実に気持ち良いのですよ。

飲み物など、基本すべてセルフサービスなのですが、それも嫌味がないというか、その分ラーメンを真剣に作ります、というのが伝わってくる感じなんですね。

そしてすごいのがここ!


f0146268_3464136.jpg



はい、よーく見て下さい、ここ!


f0146268_347165.jpg


『ライス』
がセルフサービスで、おかわりも自由。

これはまあ、分かります。

すごいのは、その下

『半ライス』

「ご自由に半ライス分よそって下さい」

ってねえ、すごいでしょ、この信頼感っつーの!?

自分で半ライス分よそってくれって。

なかなか言えることじゃないですよ。

さんざんおかわりしたあげく、お会計の時に「半ライスです」って言えば成立しちゃうじゃないですか、実際おやじさん全然見てないし。
そもそもライスも半ライスも茶碗のサイズとかも一緒なんですよ。

もっと言えばね、茶碗すら使わず、ラーメンの中に勝手にご飯入れておじや風とかにしても、全然分からないんですよ。

でも、そんなこたお客にまかせて、とにかくラーメン作ってる!

で、後で半ライスだったか1杯だったかは自己申告して下さい、という。
(ちなみに、他にもお新香や卵、お酒のツマミなど、勝手に取って自己申告してねモノが色々ある)

気持ちよいです、ほんと。

ということで、さっそくGoogleマイマップに登録です!
オススメのお店の黄色ピンで。
by yuhiblog | 2008-09-22 03:58 | 軟式グルメ
自分データベース化スタート
恋してますかー?

という訳で、最近こっそりひっそりと、あるプロジェクトを立ち上げたのです。

と言っても

新ユニット結成!

とか

新番組スタート!

とか

そういう華々しい物ではありません。

家で一人でこそこそとパソコン相手にスタートしたプロジェクトなのです。

それは
『自分データベース化』
です。

一体なんなのか?
というと

googleに『マイマップ』という機能があるのをご存知でしょうか?

グーグルマップに自分で印を付けたり、写真を付けたりできる、そういう機能なのですが

この機能を使って
・今まで自分が行ったお店
・これから行きたいお店
を全部地図に書き込んで行ってるのです。

単に食べ物日記と言ってしまえば、それまでですが、地図の上に並んで行くと、単にメモしてきたのとでは全然違う面白さがあるんですよ!

例えば『渋谷』の街を見れば、今まで自分が行った全ての店と、これから行きたいお店が全部分かる訳!
これさえあれば、人から「新橋で焼き肉どこがいい?」なんて聞かれても、即座に答えれるし、自分がどこかの街に行く時も、一目で行きたい店が分かる!

この(自分内だけの)壮大な企画、まだ昨日始まったばかりなんで、行った店・行きたい店の10分の1も記載できてませんが、いずれは東京中のお店を僕の個人的な食のデータベースで検索できるようになることでしょう!

そして、仲の良い友達にはこのまま公開してあげようと思う訳です。

もう僕の友達は東京で食べるのに迷う事はなくなる!

さすが俺って友達想い!!

ボランティア精神の固まりだね!

f0146268_23472563.jpg

とりあえず2日間で、こんだけつけてみました。
赤は行った店
青は行きたい店
by yuhiblog | 2008-09-12 00:05 | 軟式グルメ
カレー戦国時代の下克上
最近見かけた、変な場所に居たやつ

f0146268_1514310.jpg


某カレーショップにて、トッピングに納豆を頼んだところ、カレーのルーだけ入れてくるランプのようなやつ(正式にはソースポットと言うのです)に、納豆だけが入って来ました!

なんてヤツでしょう!

そこはカレー様が入るとこだぞ!!

ちなみに、カレーの方はというと、ご飯の上にかかってきました・・・

まさにカレー戦国時代の下克上とはこのことでしょう!

カレーはご飯の上にかけられ、ソースポットにはトッピングのはずの納豆が鎮座。

ちなみにお箸は出されなかったので、この納豆と卵をかき混ぜる事もできず、このままカレーをかけるスプーンみたいなやつ(正式にはソースレードルと言うのです)をつかって、ご飯の上にかけました。

心無しか、ホテルで食べる納豆のように感じました。

はい。
by yuhiblog | 2008-08-18 15:20 | 軟式グルメ
食べたったでー!
今回のアメリカ旅行は、べつに食い倒れの旅ではありません。

しかしまあ、せっかくなら各地で美味しいものを食べたいと思うのが、世の常・人の常というものです。

てな訳で、既に紹介したもの以外にも色々と食べてきたので、ドドっと紹介しておきましょう。

てか、これ見ると結局は「食い倒れの旅」だったのでは・・と思うほど食ってますねえ、色々。

f0146268_1452555.jpg

N.Yチャイナタウン 『ジョーズシャンハイ』の小龍包
ニューヨークで小龍包といえば昔からここが有名ですが、塩炒飯もうまかったです。


f0146268_1481148.jpg

N.Yチャイナタウン 『PHO VIET HUONG』のフォー
ここもニューヨーク行くと1回は行ってしまいます。
本場のフォーを食べたことがないんで分かりませんが、生肉が乗ってて、それがスープで徐々にシャブシャブ的になってくのがうまいです。


f0146268_1411172.jpg

N.Y ミートパッキングエリア 『pastis』のEggs Hussardというもの
内容は
Poached Eggs w/Ham, Tomatoes, Mushrooms, Bordelaise &Hollandaise
ということですが、まあ簡単に言うとエッグベネディクトにデミグラスソースがかかったようなものなのですが、これマジで激ウマ!でした。
朝食にして$18と、かなり高めですが、これはマジで食べる価値がある!


f0146268_14164680.jpg

N.Y グリニッジビレッジの飛び込みで入ったスペイン料理屋の海老のスープ
思った通りの味で、パンをつけても美味しかった。
こういう料理ってあんま日本ないですよね?
海老とニンニクの組み合わせがあれば、なんでもうまい気がするのですが、なんでみんなやんないんだろう?


f0146268_14184092.jpg

N.Y アヴェニューB 『MAX』の赤カブとゴートチーズとアボガドのサラダ
INSALATA DI BARBABIETOLA CON CAPRINO
暗くて分からないと思いますが、これもマジでうまかった!
Beet(赤カブ)ってこんなにうまいんだな、と関心しました。


f0146268_14241248.jpg

N.Y ユニオンスクエア スーパー『wholefoods』の蕎麦のサラダ
蕎麦のサラダと名乗りつつ、蕎麦としてもサラダとしても成立してない謎の一品
オリジン弁当よろしく総菜を量り売りで売ってるので、自分で色々詰めて食べれるのは楽しいです。


f0146268_142878.jpg

N.Y イーストビレッジ『stillwater』のバッファローチキンウィング
今回僕が好きだった『PLUCK U』はあちこち探したのに見当たりませんでした・・・潰れちゃったのかな・・・
ここのも正統的なジャンクでうまかった。
まだ昼間だったけど、ハッピーアワーで一人でビールを3杯も飲んでしまいました。
僕以外の客は、全員地元の飲んだくれの労働者でした。



f0146268_14393181.jpg

N.Y トライベッカ『rosanjin(魯山人)』のトロ握り
N.Y(というかアメリカ?)初の本格的な京懐石のお店。
全くアメリカナイズしてない料理がすごいです。



f0146268_14432327.jpg

N.Y ソーホー『BOOM』のバッファローのハンバーガー
こちらは同じバッファローでもチキンではなく、実際の水牛の肉です。
バンズが普通のパンではなくフォッカッチャというのがイタリアンらしく、これがまた激ウマ!!
イタリアンビールはあまり好きじゃないので、ここは一つ赤ワインでも行っておきました。


f0146268_1515931.jpg

N.Y ウエストビレッジ 『Snack Taverna』の何かよく分からないがギリシャ料理
シコウヒンTVのN.Yスタッフに連れてってもらったギリシャ料理屋さん。
なんか料理の名前はあるはずなんですよ、当然、しかし思い出せない。
ギリシャ料理では有名な前菜だそうです。
名前は思い出せないが美味しかった!



f0146268_15888.jpg

ボストン 中華街『EAST OCEAN CITY』のソフトシェルクラブのフライ
日本ではあまりソフトシェルクラブは食べれないので、アメリカ行くと食べだめしときますね。


f0146268_1522113.jpg

ボストン 『リーガルシーフード』のクラブケーキ
蟹の肉を固めたケーキですが、うまいはうまいんですが、このうまさって単純に蟹肉のうまさなんですよね。
なので、わざわざケーキ状に固めてる意味はよく分からない。
蟹から身を取る手間がなくて助かる、ということでしょうか?
なんであれ贅沢な食べ方ではあります。
ちなみにここでももちろん生のハマグリは食べました!


f0146268_15265047.jpg

N.Y アッパーウエスト『MAMA'S』のステーキ
焼き方は完全なウェルダンですが、肉は柔らかくてうまかった!
ちょっとエスニックなソースが美味です。


f0146268_15313923.jpg

N.Y コリアンタウン『Shilla』のカルビ
ニューヨークでいつも韓国料理で行く店はだいたい決まってるんですが、今回は初めてこのお店に。
表からみたらそれなりに良い雰囲気だったんですが、入ってみたらなんかやたらと学生が多く、学食で食べてるような気分でした。
お酒をガバガバ飲んでるのは僕だけ、みんなコーラとかアイスティーとか。
コーラで焼き肉食うな!
にしても「自分で焼くからいい!」って何度言っても焼こうとする韓国のおばちゃんはなんなんでしょう。
早く食べさせて客の回転を良くしたいのかもしれませんが、頼むから焼き肉のペースだけは自分で決めさせてくれ!!
でも日本より焼き肉の敷居が低くて、それこそ学生でもみんな食べに来れる感じがアメリカのコリアンはいいですね。L.AとN.Yでは、必ずコリアンは一度は食べに行きます。


てな感じで、まあ色々食べたな、こう考えると。
by yuhiblog | 2008-05-07 15:39 | 軟式グルメ
世界最古のハンバーガー
N.Yからアムトラックで1時間30分ほど、YALE大学があるニューヘイブンに『ハンバーガー発祥の店』があるというのは、10巻組のDVD『アメリカ・魂のふるさと 〜アメリカの歴史と真実〜』で観ていました。

アメリカ好きの僕はよくこのDVDを、食事中などに何の気無しにかけていることが多いのです。

な訳で、僕の中ではそのお店『LOUIS LUNCH』が、グルメ番組でよく紹介される東京のレストラン以上に、あたかも毎週毎週TVで紹介されている名店のような錯覚に陥ってる訳です。

ニューヘイブンはその昔THE DOORSのジムモリソンがライブ中に逮捕された場所でもあります。
http://jp.youtube.com/watch?v=lH51GhIMcyg
こんな感じに捕まったらしいです。

ということでドアーズファンとしても一度訪れてみたい場所だったのです。

ちなみに映画『DOORS』も僕が高校生の時に劇場で観て以来、家で死ぬほどビデオで繰り返し観てるので、僕の中ではいつの間にかニューヘイブンはアメリカの中でもかなり有名な都市になっていたのかもしれませんね。

つーことで行ってきました、ニューヘイブン

といっても『アメリカ 途中下車の旅』ばりに、ボストンに行く途中にわざわざハンバーガーを食べるだけの理由で3時間ほどの途中下車なので、急がねばいけません。

f0146268_9171263.jpg

こんなお店

f0146268_9172555.jpg

こんなバーガー

ケチャップ・マスタードをつけちゃいけないという元祖のハンバーガーは、まあ〜〜とにかく肉でした。
肉をそのまま食べてる感じ。

そりゃーみんなケチャップつけるようになるわ!という感じ。

しかしまあなんでも紀元を知っておくというのは重要です。
そしてこの後僕はボストンで『アメリカ最古のレストラン』にも行くのです。

もうハンバーガーとか、ホットドッグの最古じゃないからね、レストランの最古だからね(笑)

ああ、そういえばサンタフェで『アメリカ最古の家』ってのも行ったな。

なによ、最古の家って!?って感じでしょ。

まさに<アメリカン最古>ツアーしてますね。

久しぶりにダジャレを言いました、はい。
by yuhiblog | 2008-05-03 10:07 | 軟式グルメ
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。