exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
カテゴリ:軟式グルメ( 81 )
ハムの肉
ハムハム!

まずはこの写真を見ていただきたい。

f0146268_22383861.jpg


比較対象がないから分からないかもしれないが、これはすなわちかなり大きな骨である。

何の骨かといえば、豚の骨である。

また何かのダシをとっているのか?

ちがいます

これはダシをとる用の骨ではありません。

これは、食らいつく用の骨なのです。

食らいつくもなにも、骨じゃないですか!

というそこのキミ

正しい!

これは骨なので、正確には両サイドにくっついている肉の部分に食らいつく訳です。

しかしあーた、肉に食らいつくったって、これって生ですか?
そりゃーいくらグルメなんて言ったって、生の豚肉に食らいつくっていうのは、あまりに危険過ぎやしませんか?

などと心配してくれたキミ

間違い!

これは生の肉ではありません。

といって、スペアリブのように焼いた豚肉の余り部分なんて訳でもありません。

これは何かというと、ハムの骨なのです!!

聞いたことありますか、ハムの骨?

あなたはハムに骨があったことを知ってましたか?

そーいやー、最近ちょっと気のきいたバールなんて行くと、骨についた生ハムがドカンとカウンターに置いてあったりしますねぇ。

まさにあれなんですが、しかしあれは生ハムの話です。

いわゆる通常のハムに骨ってありましたっけ?

僕らがスーパーなんかで見るハムというのは、1枚1枚薄く切られてる肉ですよね。そりゃー骨どころの騒ぎじゃない。

お歳暮なんかでもらう、切られてないハムだって、肉の塊ではあるけど骨なんてないですよね。

しかし!

あったのです、ハムにも骨が!

考えてみれば当然のことですが、なぜか見かけなかったハムの骨。

こいつが売られているのを偶然見つけてしまった訳です!

今までどこに隠れていたんだ、ハムの骨!?

もしかしたら知らなかったの、僕だけ?
みんな普通にハムの骨食ってた??

ということで、さっそくかぶりついた訳です、ハムの骨、というか正確には骨のハム部分に。

これがうまい!!

骨付きカルビしかり、スペアリブしかり、フライドチキンしかり、骨の周りの肉はうまい!というのが定説ですが

ハムも同じことだった!

骨の周りのハムはうまい!

すごいことを発見した!


ということで、ネットで骨付きのハムを探してみた
http://www.rakuten.co.jp/sunrisefarm/429804/461494/#477926

あった!

しかし、これは骨だけじゃなく、周りの肉が付いてるわけだから、デカ過ぎる、高すぎる。
ハム100人前って、そんなにいらねー!!
3万円も払いたくねー!

しかしそう考えてみると、僕が見つけたハムの骨というのはすごいものです。

3万円払って、100人前のハムを平らげた人だけが最後に食らいつくことのできる中心部『ハムの骨』、まさにそこだけをゲットした訳ですから、これはすごい買い物だ。

このハムの骨を何本も仕入れて、みんなで食らいつく会というのをやったら絶対盛り上がる!

なんて素晴らしい、ハムの骨!!
by yuhiblog | 2009-08-28 23:10 | 軟式グルメ
食いだおれ
ムキャキャ!

本日はこむぞう収録&DVD編集&打ち合わせ
そして、夜は自宅にてビール350ml8本を晩酌、といういつものコース

明らかに飲み過ぎです・・・

いくらカクヤスに宅配してもらっても、4日で1ケース減って行きます・・・

ヤバい・・・おれこのままじゃ死ぬ!

ということで、明日こそは禁酒します!!

さて、ここで先日の大阪滞在での僕の全食事を紹介します。
実際には楽屋でのケータリング食ったりもあったので、今回紹介するのは、あくまで外食で食べたものです。
ちなみに、どの店も一応ホテルでネットつないで、グルメサイトなどで綿密に調べてから訪れた店です。

f0146268_23541144.jpg

丸福珈琲店のホットケーキ

うまいと言えばうまい!
普通と言えば普通!

でもいんだろね、こんな感じで。

f0146268_23552698.jpg

味乃屋のお好み焼き

メンバー・スタッフと行って、頼むべきメニューをほぼ一通り食べたんだけど、ちょっとねえ、僕には全ての料理の味が甘くて濃過ぎた・・・
今思えば、きっとファミリー向けの店なんだろうなあ。

f0146268_042553.jpg

梨花食堂のカレー

前回大阪に行った時もこの店行きたかったんだけど、夕食をカレーだけで終わってしまうのが嫌で、近くのカウンター焼肉に一人で行ったところ、(病気になる前の)ハリセンボンはるかちゃんが横に座ってきてビックリした。
という話を、コヤソニで相方の春名ちゃんに話した・・・という流れの店です。

その前回の未訪問の後に、dancyuのカレー特集に紹介され、一躍有名になってしまいました!

で、やっと食べたのですが
「これって、インデアンカレー??」
と思うくらい、最初甘くてその後辛いという味の構図が全く一緒。

大阪にはそういう甘辛カレーが確実に根付いてるんですが、僕はこの味の変化大好きなのです!
東京にもこういう店がもっとあればいいのになあ・・・

f0146268_0114366.jpg

たこ焼き道楽わなか のたこ焼き

やっぱいいですねえ、たこ焼きは。

なんか大阪来たー!って感じするでしょ。
東京でも一時は妙にブームで色んな店あったけど、最近は1〜2店のチェーンに限られて来てるので、もっともっと色々な店が出るといいですねえ。

f0146268_0225779.jpg

一芳亭本店のシュウマイと若とり唐揚げ(お土産)

このお店、以前に大阪のスタッフが差し入れで持って来てくれて知ったのですが、シュウマイやばい!
めちゃうま!

フワフワのトロトロで、僕らがいつも食べてるシュウマイとは全くの別物!

でもねえ、持ってるだけで臭いのよ、シュウマイって・・

なのでお土産で買ってくと、東京に着くまでずっと臭い。

孤独のグルメの井之頭五郎ばりに新幹線で食べようとした日には、周り全員からひんしゅく買いますんで要注意!

でもここのは、ほんとにウマイ!

お店でも何度か食べたことあるのですが、いつもシュウマイばっかなんで、今回は初めてもう一つの名物『若とりの唐揚げ』も買ってみました。

で、食べました!

普通・・・・

お店で揚げたてを食べたら分かりませんが、少なくともお土産のそれは、かなり普通・・・

これだったら築地『宮川』(うなぎ屋ではなく鳥肉屋の方)で鶏を買って来て、自分で揚げた方がたぶんうまい。

でもシュウマイはほんと絶品!

などとブログを書いてるうちに、ビールが10本になってた・・・

やばい、もう寝ます。
by yuhiblog | 2009-08-27 00:35 | 軟式グルメ
東京クラス会カレー
ポップ!

先週末は、お伝えしたとおり、高校のクラス会で同窓生にカレーを振る舞ってきました。

こちらがその勇士
f0146268_2347878.jpg


はっきり言って、15人前のカレーを作るという行為は、予想していたよりも大変でした。。。

同じ料理でも2〜3人前作るのとでは、全く訳が違う。

ダシをとったりする作業を踏まえると、丸々3〜4日間はこの準備をしていたような感じです。
一体僕は何をやってるんでしょうか・・・

そしてできあがったカレーがこちら
f0146268_23492445.jpg


今回は牛からダシをとったので、ガツンとした味というよりは、ちょっと上品な欧風カレーっぽく仕上がりました。

同窓生はみんな美味しい美味しいと食べてくれましたが、恩師の先生だけは
「俺は年に1回くらいしかカレーを食べないから、このカレーがうまいかどうか、比べようがない」
と、なんかめちゃくちゃ正直な感想を言ってました。。


そして、みんなにカレーを振る舞った後、やっと肩の荷が降りたのか、すっかり泥酔して(作りながらずっとワイン飲んでたので、しらぬ間にすげー酔ってた)、なんとその場に椅子を並べてベッドを作って寝てしまいました・・・

カレーを作って、そのままろくに友達と昔話の一つもしないまま店で寝てしまった・・・
これは果たして僕にとってクラス会と言えたのだろうか?

明らかに一般的に言う「クラス会」とはかけ離れている!!

これじゃただの出張カレー屋さんじゃないか!

しかも最後は酔っぱらって寝てしまう、実に面倒くさいカレー屋さんじゃないか!

ちょっと待ってくれ!

俺は今回「久しぶりにクラス会やろうぜ」と立ち上がり、先生の家にまで行って日程を決め
本来なら
「小宮山のおかげで、久しぶりにみんなが集まったよ、ありがとう!」
などと感謝の一つもされるはずの、言ってみればヒーローのはずだったのだ!!

それが、最終的には
『面倒くさいカレー屋さん』
になってしまったじゃないか。。。

何やってんだ、俺!?

次の日、唯一1名、女子から
「カレーおいしかったです」
とメールがあった。

一応カレー屋としての任務は果たしてきたようです。

はい
by yuhiblog | 2009-07-14 00:03 | 軟式グルメ
BACK TO 東京カレーライフ
ピース!

実はわたくし7月3日のライブに向けて、カレー断ちをしていたのです!

カレーって辛いですからね、やはり必ずしも喉とかには良くはない訳です。
なので、一応ライブまでの2週間くらい、カレーを自粛してたのです。
(普通にカレーを食べてるレベルでは、まず問題ないと思いますが・・・僕の場合1週間とか食べ続けてしまったりするので)

ちゅーことで、ライブも生こむぞうも無事大成功に終わったので、久しぶりにカレーライフを再開した訳であります。

今週末に高校のクラス会があるんですが
何を思ったか、そこに向けて
「よっしゃ! じゃあ俺が全員に手作りカレーをご馳走する!」
と決めてしまったのです。

頼まれた訳でもなく・・・

なぜか自分から
「じゃあ、次のクラス会は僕のカレーの発表会にします!」
と言ってしまったのです。

ということで、これから20人前くらいのカレーを仕込まなければいけない。。。

f0146268_16113997.jpg


今回は、フランス料理における
フォン・ド・ボー
つまり、牛骨でスープをとるところから始めました。

鶏よりも、豚よりも、牛の骨はさすがにデカイ!!

同じダシをとる作業でも、なんか相当すごいことをしている気分になれます。

このダシを使って、週末はクラス会カレーを作りまーす!!

p.s.
オンラインストアで予約の始まったヒストリーDVD&Tシャツ
おかげさまで、こちらもかなり注文が殺到してるようです!
1回限りの追加生産なので、買い逃した方は、お早めに予約をどうぞ!!
コチラから!!
by yuhiblog | 2009-07-08 16:16 | 軟式グルメ
TOKYO No.1 パニーニ
先日、事務所の近くにパニーニが美味しいお店があるというので、さっそく行ってきました。

ベターデイズというお店

僕はどちらかというとご飯派なので、パニーニなるものにそもそもあまり興味が無かったのですね。

カレーも絶対にライスです!ナンは食べません、ほとんど。

しかし、人の味覚というのは変わって来るもので、ある日突然パン的なものが無性に食べたくなったり、ガーリックナンを異常にうまく感じてお替わりしたりするものなので、まああまり当てにはできませんね。

という訳で、パニーニのお店へ

こちらがそのパニーニ

f0146268_1233040.jpg


うまい!!

パニーニって、なんか具材が一緒くたになってて、まあ美味しいけど何食っても一緒みたいなとこあるでしょ。

それがこのお店のパニーニは、ガブっとカジりついても、口の中ではっきりとチーズの味やハムの味なんかが一つ一つ分かる。

聞けば、チーズもハムも(もちろんパンも)、一つ一つの食材に相当こだわってるらしく、それだけにパニーニというゴチャマゼ状態になってもちゃんと一つ一つの食材の味が主張してるんでしょうね。

これはうまい!

店内には僕の大好きな漫画『ゴーストワールド』が置いてあったり、なんとなくかなり趣味の合うお店でした。
by yuhiblog | 2009-06-24 12:45 | 軟式グルメ
20分待たされるフレンチトースト
本日は、こむぞう撮影の後、7月3日ライブのTシャツデザイン作業

ハワードさん(Tシャツ業者)、いっつもいっつも入稿がギリギリですいません・・・

前回のツアーは僕はデザインをやらずに、2種類とも天才デザイナー大原さんにお任せしたのですが
<オンラインストアで販売中!>
今回は大原さんデザインと僕デザインの2種類になります!

かなり良いものが出来てきてるので、こちらも乞うご期待。

そんな昼下がり、事務所の近くにあるサンドイッチ屋
『カフェ マスミヤ』
に行きました。

ここは竹下通りの1本裏にあって、この辺ではとても貴重な大人の入れるカフェです。

そして美味しいサンドイッチが食べれます。

我が地元・原宿を悪くは言いたくないのですが、こと『食』に関しては、ほんとに壊滅的な状況なので、ここのサンドイッチは助かります!
(いや、ここ以外でも、いくつか美味しい店もなくはないのですが・・・)

ここでの絶品メニューの一つが、サンドイッチ屋さんの作る『フレンチトースト』

頼むと
「20分以上かかりますけど、大丈夫ですか?」
と聞かれる。

(まあ、ちょっと混んでるからしょうがないのかな・・)
とか
(実際、20分は大げさに言ってんだろうな・・)
などと思いつつ注文。

紅茶での飲みながら待つ事10分。

たしかに、いつになっても来ない・・・・

しまいには、後から頼んだ人のサンドイッチやら食事モノがどんどん出てる。

(あれ!?まさか忘れたのかな??)

と、半ば諦めかけて、お勘定をお願いしようかと思うくらい、時間にしてまさに言葉通り20分以上たった辺りで、フレンチトーストがやっとやって来る!

それがこちら!

f0146268_23294833.jpg


厚切りのパンに甘過ぎないメイプルシロップがかかって、マジで絶品!

20分待つ価値充分あります!

それにしてもなんでそんなに時間がかかるのかというと。

ひたすらじっくりと焼いているそうなんです。

特製の厚切りパンを、フレンチトーストとして外はサックリ、中はシットリ焼き上げるためには、どうしてもフライパンで20分かけてじっくりと焼かないといけないそうで、そうすることで、時間はかかるがとにかく最高の焼き加減になる訳です。

やっぱり美味しいものには、それなりに時間をかけないと駄目なんですね。

いつにもましてゆっくり
それでも仕事はきっちり
(『LOW POWER』より)

時間のある人は、ぜひじっくりゆっくりと楽しんでみて下さい。
by yuhiblog | 2009-06-18 23:40 | 軟式グルメ
おごりびと
一昨日は、小山薫堂兄貴に念願のお寿司をおごってもらった。

もうかれこれ2年程、兄貴には
「銀座で最高の寿司をおごってあげよう」
と言われていたのですが、なんだーかんだーと時が過ぎるうちに、気付けばアカデミー賞を獲得して、銀座どころか世界の小山薫堂になってしまっていたのです。

そんな兄貴が、久しぶりに「おごりびと」になってくれたのです。

場所は銀座の『きよ田』

限りなく薄口にして軽いお寿司(特に果物のような味がする鳥貝!)も最高でしたが、やはり薫堂さんと行くと、色んな面白い話、いい言葉が入って来るんですね。

特にこの日は僕ら以外にお客さんがいなく、貸し切り状態だったので(世界の小山薫堂とサシで二人きりの寿司カウンター!贅沢)、店のご主人からもお寿司だけじゃなく器やまな板に至るまでの素敵な話を聞けて、その一言一言がまさに『粋』なんですね。

それもこれもやっぱり薫堂さんが『粋』なんでしょうね、粋なところには粋な話や言葉が集まってくる。
こういう所から、また新たな面白い企画やアイデアが生まれてくるんでしょう。

うまい寿司、うまい酒、うまい話

最高の夜でした、薫堂兄貴ごちそうさまです!


f0146268_1054048.jpg

味わいはありつつ、あっさりさっぱりの絶品マグロ


f0146268_10544632.jpg

なんと、白州正子作の器!!これで飲んでまずいはずがない!
by yuhiblog | 2009-06-04 10:55 | 軟式グルメ
ホフディランソフトクリーム
ピース!

最近は仕事の合間をぬって、毎日のように料理を作ってます。

先日は祐天寺駅前にある、豚の内蔵系を専門に売ってる肉屋さんで軟骨を買って来て、炒めてみました。

f0146268_194132100.jpg


これはウマかった!

さてさて、さらなる食べ物話

僕の家の近くに『白一』という名前のソフトクリーム屋さんがあります。

牛乳をそのままシャーベットにしたようなソフトクリームで、シャリシャリ感があって、とてもおいしい!
僕もよく利用してます。


f0146268_19475433.jpg

こちらはそのお店の『白組』という、コーヒーが入ってるタイプ。

このお店、味以上にホフディランにとってなじみ深いものがあるんです。

それは、本店が浅草のワタナベイビー宅の近くにあるのです!

二店舗しかないお店で
本店が浅草、ワタナベイビー宅近く
支店が渋谷、小宮山雄飛宅近く

まさにホフディランソフト!

しかも渋谷の方は、13周年記念ライブをやるCCレモンホールのほぼ真正面という立地!

ホフディラン名曲シリーズ『MILK』をそのままシャーベットにしたような、牛乳生アイス。

もう何から何までホフテイストな訳です。

『13年の金曜日』に来た際は、どうぞライブ前にでもサクっと食べてみて下さい
うまいよー!
by yuhiblog | 2009-05-28 19:54 | 軟式グルメ
東京カレー(本気)ライフ
最近、カレー作りに本気で取り組んでいます。

毎週1日はカレーを作っています。

もちろん市販のカレー粉やカレールーなどを使わずに、骨からダシをとり、スパイスを一つ一つ混ぜ合わせて作るカレーです。

さらに言えば、先週はキーマカレー、今週はナスカレー、来週は欧風カレー、、、、てな具合に色々な種類のカレーにチャレンジしている訳ではありません。

基本的には同じカレーを、毎回微妙にスパイスや材料を変えて作ることで、これぞ!!と言える自分だけのオリジナルカレーを完成させようとしているのです。

言ってみれば、自分の名刺となるカレーです。

このカレーを食べれば、僕という人間がどんな人間なのか分かってもらえる、そんなカレーを作ってる訳です。

カレーという一皿に僕の内面を全て語ってもらおうという、そういう訳です!

はい、話が明らかに大げさになりましたが、要は「雄飛カレー」です。

以前にも何度か友達を呼んでオリジナルカレーを振る舞ったりしてましたが、今回のシーズン(?)に入ってからは、現状で第4弾まで進化してきてます。

本日はそんな発展途上中のカレーを紹介しましょう。

まずは第1弾
f0146268_13463845.jpg

これがスタートです。

<ダブルミートブラックカレー>
具は豚の挽肉とチキン手羽元のダブルミートです。
色味は黒ゴマペーストを使ってブラック仕立てにしてみました。

さらに通常はカレーに入れない香辛料を使って、日本人好みの刺激を出してみました。
(その香辛料は企業秘密です!って企業なのか俺は??)

なかなかスパイシーでうまいカレーになりましたが、この時点ではダシをとっていなかったので、味にそこまでコクがなく、さらに企業秘密の香辛料が効き過ぎて、浅い感じの辛さのカレーになってしまいました。


ということで、反省を活かしての第2弾

f0146268_13523390.jpg

<牛のアキレストマトカレー>

前回の経験を活かして、まずは豚骨でダシをとりました。これからのカレーは基本このダシと、こちらもオリジナルの「かえし(醤油と砂糖と味醂を煮立てて寝かしたもの)」を入れてます。

ブラック要素の黒ゴマをやめて、トマトを多めにしたので色は赤くなりました。
具として韓国の生唐辛子(唐辛子というよりししとうに近い、そのまま食べる用のもの)を入れたのですが、種を抜かずに使ったらこれが意外と辛く、例の企業秘密と相まって、これまたちと辛過ぎな印象が。。。
具材の牛のアキレス腱は、ソースにとろみをつけるので良い感じです。
僕は個人的にアキレス腱が大好きなので満足ですが、普通のチキンや豚肉に比べるとそんなに味が出るものではないんで、具としてはちと淡白な仕上がりに。

味は美味しいけど、なんとなく色的にカレーというよりトマト煮という感じがしてしまう。
色味も重要なんだな!と見た目の重要性を再認識。


そして第3弾

f0146268_13581675.jpg

<挽肉ブラックカレー>
色味の重要性を考えて、ソースには黒ゴマペーストが復活!
挽肉も、水分がしっかり無くなるまで炒めて、味を凝縮&濃い色味を作る。
さらにライスはターメリックで黄色く色づけ。

うまそう!

単に辛いカレーにならないように、ソースに生のパイナップルをペーストにしたものを入れて甘みを出す。さらにピクルスの漬け汁を入れて酸味も加えてみる。
狙いは、大阪の『インデアンカレー』のように、最初甘くてその後辛いカレー。

かなり美味しい!

でもパイナップルの甘みがそこまで出なかったのは、水分が多かったからか?

企業秘密を少なめにして、表面的な辛さをかなり抑えめにしたので、コクが感じる一皿に。

でもって、第4弾
f0146268_1452018.jpg

<チキンブラックカレー>

第3弾の良い部分を引き継ぎつつ、具は挽肉からチキン手羽元に変更。
さらにスープにとろみを出すために具にじゃがいも初登場!

パイナップルでつける甘みは、前回の反省を活かして、生のパイナップルをそのままペーストにするのではなく、一度パイナップルジャムを作っておいてそれを加えることに。
わざわざジャムを作るので手間が増えますが、そのぶん甘みが凝縮されてるはずです。

カイエンペッパーと企業秘密の量をぐっと減らして、辛味をかなり押さえました。
その分、付け合わせ(写真には写ってませんが)として、タマネギのハリッサ風味アチュールを作成。これがかなり辛いので、それを好きな量入れることで、あとから自分で辛さを調節できるシステムに。

食べてみると、やはり辛さが少なく甘さがかなり前面に出てる。

これは失敗かな??と思ったところ、ハリッサ風味のアチュールを加えると、しっかり辛さとハリッサの風味も加わって、かなり美味しいカレーに!!

これはかなり良いところまで行き着きました!

じゃがいもも、思ったよりソースに溶けなかったけど、そのぶん具として成立して、これがうまい!
カレーにじゃがいもは、日本人のDNA的に(インド人も?)絶対合いますね!
今までソースのことばかり気にかけていたんですが、やはり具も重要だと気付かされる。特にじゃがいもは今後外せないなー。

今回はトマトを入れずにヨーグルトを多めにしたんで、色も赤みがすっかりなくなってます。
味的にはやはりトマトが多少でも入ってた方が全体のまとまりが良い気が。


てな訳で第4弾まで来たオリジナルカレー、まだまだ試さないといけないことが沢山あるので、一体いつ完成するのか分かりませんが、引き続きみなさんにも進化を報告していきたいと思います。

今日も東京の街のどこかで、僕らはカレーを作ってるんだなぁ・・・シミジミ
by yuhiblog | 2009-05-26 14:32 | 軟式グルメ
雄飛寿司
ものすごく美味しいお酢をもらった!

どういうお酢かといいますと
高級なお寿司屋さんなんかで、シャリがほんのり赤くなってるお店があるでしょ。

あれは『赤酢』という昔ながらの製法のお酢を使っているからご飯が赤みがかるのですが、あの赤い寿司飯を自宅で簡単に作れてしまうお酢なのです!

それがこれ


f0146268_22511549.jpg


『三ッ判 山吹』というお酢!

このお酢と塩だけで、本当にプロのお寿司屋さんのような寿司飯が出来上がるんですよ!

僕は寿司飯(酢飯)が大好きで、寿司飯だったらいくらでも食べ続ける自信があるのですが(なんでお酢の味がついただけで、あんなに食べれるんだろう??)

このお酢を使って作った寿司飯は、ホントにプロの味になるんですよ!

な訳で、わざわざ下高井戸にある安くて有名な魚屋さん長谷川商店まで行って、色々と魚を買ってきて、自分で寿司を作りました。

ちなみに長谷川商店は、ものすごく小さな魚屋なのですが、それでいていつもすごい人だかりで、なんと『単位面積あたりの売り上げ日本一』の魚屋なんだそうです!

てか、そんな調査、誰がやってんだよ??
いつ調べてるわけ?

まあ、とにかくそんな訳で、美味しいお酢と魚で、雄飛寿司とあいなった休日でした。
by yuhiblog | 2009-03-20 23:06 | 軟式グルメ
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。