exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
カテゴリ:軟式LIVE( 176 )
ホ二人中間報告 小松編
ホ二人旅

札幌から福岡の間の移動日、あえて途中の小松で一人ぶらり途中下車というか途中着陸

全く知らない町に一人で降り立つのはワクワクします!

f0146268_11234359.jpg

名店小松弥助の店主もこちらで修行されていたという米八
ほぼ予約でいっぱいのところ、一人ならということでカウンターでいただいた。
ネタを紅白で揃えて出すとか、劇場型のお寿司が面白い

f0146268_11234655.jpg

米八のご主人から地元で居酒屋ならこちらと教わったのが八角
ちなみに食べログでは書き込みわずか1件、写真にいたっては1枚もないのですが、お店に入ると満員!
お酒の取り揃えも肴のクウォリティも高し!
こういう情報はやっぱり現地で聞かないと得られない。

f0146268_11234868.jpg

ホテルの目の前がカレーの市民アルバの本店だった!
さすがにここでカレー食べると終わるので持ち帰りにして後でいただいたけど、単に濃いだけじゃないまったりしたソースが絶品!


f0146268_11235422.jpg

夜の締めは小松名物の塩焼そば、元祖の清ちゃんへ
これぞ大衆中華という豊富なメニューと雰囲気が最高
塩焼そばもいいけど、日々通っていろんなメニューを確かめたい。


f0146268_11235892.jpg

起きてすぐ、日本の24時間ファミレスの元祖との説もある、みなとや食堂へ。
おやじさんによると、24時間営業の食堂としては日本初どころか、もしかしたら世界初かもということ
それは調べようもない気もするけど・・・・本人が言ってるならそうでしょう(笑)

f0146268_1124339.jpg

朝から煮魚の定食を。
最強の雰囲気!


f0146268_1124679.jpg

空港でゆるキャラ・カブッキーの最中を。
これが意外にヒット!美味しかった。


そして福岡へ〜〜!!

つづく
by yuhiblog | 2015-12-26 11:42 | 軟式LIVE
ホ二人旅中間報告 東京〜北海道

f0146268_746317.jpg

東京に戻って、虎ノ門ラウンジの忘年会にてサニーデイ田中くんと

f0146268_7461666.jpg

初台でのリハの前に武一にて濃厚鶏白湯ラーメン

f0146268_7522066.jpg

ナタリーたくやくん、ブルータス西田編集長、ケトル嶋さん、映像作家のちゃんくま、そして美女二人(一人は又吉くんの担当編集の浅井さん!)というすごいメンツで東十条へ

f0146268_7462128.jpg

ポークストックのフライドポテト、さすがにおしゃれです。

f0146268_746264.jpg

斉藤酒場の煮込み豆腐。

f0146268_7462754.jpg

つづいて、札幌に昼前に入って、しもくらでお寿司。
10年近く前に行って感激したお店。今回も絶品でした!

f0146268_80741.jpg

お昼に寿司の後にカレー(笑)スパイスパイスでキーマ&チキン
スープカレーの本場にて、見事なインド式スパイスカレーを食べさせる名店!

f0146268_7463138.jpg

札幌ライブも最高!きてくれた皆さんありがとう!
札幌通いたいです。

f0146268_7463638.jpg

ライブ後、夜はワタナベイビーがここへ行かないと気が済まないだるまにて。安定の味!

f0146268_7522463.jpg

僕は現地スタッフとジンギスカンはしご、やきにく舎 太好了というお店へ!

f0146268_84722.jpg

さらに辛いラーメンが食べたくなって、らあめん新でユッケジャンらーめん
昼2食、夕食3食という、ここら辺のやりすぎ感が我ながらすごいです。。

f0146268_7464674.jpg

あれだけ食べた後の早朝に、24時間営業サンドイッチの名店サンドリアへ。
野菜のサンドがめちゃめちゃ美味しい!!
これだけを食べに行く価値ありです。(名物はイチゴのサンドイッチ)

f0146268_7464989.jpg

そして11時の開店を待って、村上カレー店プルプルにてここが元祖という納豆ひき肉ベジタブルを。
ひきわり納豆と鶏肉のキーマの組み合わせ、考えた店主偉い!

と、ここまでが北海道公演まで。
by yuhiblog | 2015-12-22 08:11 | 軟式LIVE
ホ二人旅中間報告 東京〜長野〜名古屋
f0146268_14164138.jpg

原宿にてトランジット中村さんとアイスモンスターで対談

f0146268_1417777.jpg

紹介制の中華 白金 喜玖蔵の絶品キノコ鍋!!

f0146268_1417940.jpg

モノポールのリゾット(だったかな?)、これも絶品!
飲みに来てたオルランドのシェフが「もともと僕のメニューなんです」と言ってたけど(笑)、今度オルランドで作ってもらおう。

f0146268_14171794.jpg

尻手の惣菜パン屋コンガリアン(最強の名前!)、野菜のサンドがこちらも絶品!

f0146268_14173555.jpg

鶴見 自家製麵てんかのオリジナルな担々麺。
実家が鶴見のワタナベイビーに送ってもらった。
それにしても、ごく穏やかな老夫婦が、なぜこんな強烈なジャンクラーメンを作っているか謎ww

f0146268_1417376.jpg

地元渋谷の名店SHIBUYA CHEESE STANDのブッラータ
渋谷区観光大使として、これぞ渋谷が誇る絶品グルメと太鼓判を押せます!

f0146268_14174438.jpg

オルランドにて野菜をしっかり煮たリゾット的なもの(名前を失念)
こういう素朴なものがすごく美味しい

f0146268_14174923.jpg

長野の温泉フェスに行く途中、小諸で寄り道して、くるみ蕎麦の名店「草笛」へ
名物のくるみ蕎麦も絶品ですが、シンプルなもりもめちゃめちゃ美味しい!
つまりは蕎麦自体がとても美味しいのです。

f0146268_1417528.jpg

渋温泉の老舗旅館・金具屋にてすき焼きに喜ぶワタナベイビー
この後、生たまごを間違えて鍋の方に投入しました。


f0146268_14175617.jpg

名古屋にうつって、台湾まぜカレー
ワタナベイビーはドはまり、マネージャーは撃沈
僕は普通に美味しかったですw

f0146268_14175978.jpg

大阪スタッフがいつも中之島ビーフサンドをお土産で買ってきてくれます。

f0146268_1418234.jpg

名古屋の楽屋ショット

f0146268_1418844.jpg

名古屋帰りの日、早朝から名古屋中央市場のラーメン大河でモヤシラーメン
一杯一杯しっかり作っている感じがよく、市場の胃袋を支えている絶品です。

ということでまだまだ続くホ二人旅
岡山〜高松〜京都〜大阪〜東京

あなたの街でぜひ遊びに来てください!

http://hoff.jp/e/tabi15/
by yuhiblog | 2015-12-21 14:41 | 軟式LIVE
ホ二人中間報告 静岡〜東京戻り
静岡

各地でディープなカレーを食べてますが、静岡の「いわと」も本当にディープ。
なにしろ会場のサールナートホールからさほど遠くもないのに、MCでこのお店のことを話しても静岡の人が誰一人知らなかったというお店。

f0146268_10575916.jpg

正直ぼくらも店先で入るかどうか悩んだくらい(笑)

f0146268_10545997.jpg

ナチュラル系と言いますか、健康に良いものだけで作ったアジア風カレーです

f0146268_110430.jpg

カレーを食べた後、昼2食目(笑)のラーメン、清見へ
こちらは完全に町の蕎麦屋さんなのですが、なぜかお客全員ラーメンかカツ丼を頼んでいて、誰も蕎麦を食べない不思議な店

f0146268_1055513.jpg

にしてもこのラーメンがめちゃくちゃすっきりしてて本当にうまい!

f0146268_10551066.jpg

ライブ後の楽屋にて

f0146268_10551741.jpg

東京に帰ってきて「スタジオパークからこんにちは」用にカレーいなりを作る!
これが元祖のカレーいなりです。

f0146268_1055255.jpg

シコウヒン撮影後ウムが撮ってくれた写真

f0146268_112459.jpg

中目黒「もつ焼き でん」
うまくて安い! 辛味用のかんずり(オリジナルかな?)が美味しい!

f0146268_1144261.jpg

セルリアンタワーで朝食ブッフェ。渋谷区ウォーカーの仕事で、なぜか渋谷に帰ってきてからもホテル住まい


f0146268_1155833.jpg

代々木公園スペインフェスにてパエリアを。

f0146268_1162171.jpg

久しぶりに恵比寿のクンビラでカレーブッフェランチ

f0146268_1164672.jpg

こちらも久しぶり原宿「禅」の梅豚うどん
昔からよく行ってたけど、店主が地元原宿の後輩だったと知る。

f0146268_118538.jpg

麻布の某隠れ家レストランにて和牛
隠れ家過ぎて場所はもちろん名前も出しちゃいけないらしい

f0146268_1185613.jpg

三軒茶屋ピンゼロカにてラジオのお疲れ会
タコとジャガイモの一皿

f0146268_1111393.jpg

酔った帰りに三軒茶屋味噌一にて、明らかにワカメ乗せすぎラーメン
by yuhiblog | 2015-12-19 11:13 | 軟式LIVE
ホ二人中間報告!
ホ二人旅、札幌〜福岡を終えてきました。
今週は虎ノ門でケイシくんから、後半戦へ!
神戸〜岡山〜高松行くよー!

http://hoff.jp/e/tabi15/

ということで、ここまでの景色をにょろにょろっとアップしていきます。

f0146268_165466.jpg

東京駅の、おそらくカレー好きこそノーマークであろう、アルプスのカレー
見たとおり、いわゆるスタンドカレーです。

f0146268_16541064.jpg

新潟打ち上げ「五郎」にて岩もずく

f0146268_16541319.jpg

ラーメン拾番、ものすごいすっきり味


新潟帰り


霧の新潟帰り
by yuhiblog | 2015-12-16 17:06 | 軟式LIVE
歌詞について
ホ二人旅、名古屋公演
ほんとに良いライブになりました、来てくれた皆さんありがとう!

久しぶりに(?)ちょっと真面目なことを書きますと、名古屋公演で演奏中にすごく考えさせられたことがあるのです。

楽運寺というお寺での公演で、歌ってる後ろに仏様が鎮座していたからというのもあったのかもしれないのですが、自分で歌ってて、その歌詞の意味を自分で分かってきたというか、そういう瞬間があったんです。

不思議なもので、歌詞というのは、書いている時点では当然その時の気持ち・想いがあって書いてるわけで、その歌詞の中のメッセージは100%理解してるんですね。
まあ当たり前ですよね、自分で書いてるんだから、意味分からないけど書いてるってことはないですよね。

でも、その歌詞が一度曲になって時間が経つと一人歩きするというか、歌詞として個別の人格のようなものを持ち始めるんです。

例えるなら、人間と一緒で、生まれて子供のうちはまだ親の子ですよね。
でもどっかで自我が芽生え、経験が足され、中学生くらいかな、もう完全に一人の人間ですよね。
もちろんその親から生まれたんで、その親の色んなところをDNAとしてあるいは教育として受け継いでるわけですが、でももう一人の人間として存在してますよね。

で、いつか自分から出てきた子供の姿を見て、あるいはその子供の発言に、逆に親が色々考えさせられたり学んだりすることってありますよね。

それと同じで、歌詞も元はといえば自分から出たものなんですが、それが世に出て、どこかのタイミングで自分に返ってくる時に、もう一人前の歌詞になってて(笑)、その歌詞を作ったはずの自分が、その歌詞から色んなことを教わるというようなことがあるんですね。


例えば「恋はいつも幻のように」という曲の
「遠く続くこの長い道で キミと僕がすれ違った」
っていう歌詞の「キミ」

それを今になって自分で
「あ!あのキミってこの人のこと言ってたんだ」
みたいに思うことがあるんです。

あるいはコンパクトディスクという曲の
「コンパクトディスクは地球にとても悪いらしい でも僕はそれを売って喜んでる 僕らは地球を考えていこう」
っていう歌詞を歌いながら
「ああ、あれってこの時代のことを歌ってたんだな」
みたいに、10年20年して、自分で書いた歌詞の意味がやっと分かることがある。

欲望の
「今も何かをキミに伝えては 何かを忘れていくのだろう」
とかも
「ああ、この瞬間のことを言ってたのか・・」
ってあたかも予言のように、過去の自分の歌詞に今の自分がズバっと刺されることがある。

そういう瞬間がこないだの名古屋であったのです。

昔、ストーンズとか見てて、何十年も同じ歌を歌い続けてて、どっかで飽きるとかないのかな?と思ってたのですが、自分が続けてみると、ほんとそれがないんですよね。
むしろ時間が経つにつれ、その歌詞から教わること考えさせられることが多くて、毎回新鮮な気持ちで歌える。

たぶん名古屋で歌いながら感じたことと、次の札幌で感じることもまた違う。
だからツアーは続くんですね!

THE SHOW MUST GO ON

ってそういうことなのかな。

というわけで、ホ二人旅もまだまだ続くのです!

そして皆さんは、来続けないといけないのです(笑)

http://hoff.jp/e/tabi15/
f0146268_12433788.png

by yuhiblog | 2015-12-08 13:07 | 軟式LIVE
祝!ボニーピンク結婚
POP!

ボニーピンクの20周年ライブに行ってきました。

で、もうYahooニュースとかにもなってるように、結婚を発表しました。
おめでとう!

ボニーとはホフのデビューからの仲で、もともと同じレーベルでしかも同い年だったので、思えばこの20年、要所要所のタイミングで会ってました。

これ最近いつも言ってるんですが、40歳という節目で確実に一旦いろんなことを振り返るんですね。
僕の場合、W成人式という40歳が集まるイベントがあって、そこでまず当時遊んでた色んな学校のやつらと久しぶりに会って、随分会ってなかった友達とも結局昔のように仲良くなったりして。

その後、同じく小学校の同窓会があり、やはり同じように昔の友人たちと、まるでこの30年がなかったかのようにごく自然に連絡を取るような関係になって。
さらに幼稚園の友達とすらまたつながって、幼稚園を出て以来一度も会ってなかった幼馴染と普通に飲みに行くようになったり。

さらに、偶然ではあるんだけど、同じ頃にマシロックで小沢くんや田島さん、キリンジとかと同じステージに立って、その後もみんなで集まるような機会があったり、音楽仲間でも確実に10〜20年の時を経てちょっと一周した感じでお互いすんなりといろんな人と触れ合えるようになった。

なんかほんと40歳になって、いろんなことがもう一度巡ってきてる感じなのです。

そんな中、ボニーピンクとも昨年一緒にNHKのスクールライブショーという番組に出た時に、わりと僕らとしては久しぶりに会ったんだけど、やっぱ一瞬で昔の友達感覚に戻って、収録後に一緒に食事に行って、実はそこで今回のお相手のことも聞いてて(しかも共通の知り合いでもあり)、その後5月に僕の「小宮山雄飛があの人と話す会」に出てもらった際に楽屋で結婚のことを聞いて、他人事と思えない感激でした。

20年前にボニーに会った時から何も変わってないようで、ものすごくいろんなことがあったようで、時の流れの不思議さを感じずにいられませんでした。

彼女は決して自分のプライベートをベラベラしゃべる様な人じゃないし、かといって秘密主義でもないので、どうやってファンに結婚のことを伝えようか、おそらくファンの気持ちをすごく考えて悩んでいる面もあっただろうから、そういう事情を知ってるだけに今日のライブでの発表の瞬間はとても感動的で、ファンの人たちの祝福がまた素晴らしかった。

そして、これからのボニーピンクがますます楽しみになりました!
気づけばお互いデビューして20年(ホフは来年だけど)、すごい時間が経ったけど、これからも変わらず音楽を作り続けよう!

おめでとうボーちゃん!


f0146268_113937.jpg

写真は、ボニー20周年を祝って(?)赤毛にしたグレート3白根さん。
今日のプレイが、マジでめちゃめちゃかっこよくて、ドラムまつりでの共演が楽しみになりました!
それまで赤毛なんだろうか??


白根さんも出演する、ホフディラン 秋のドラムまつり
http://hoff.jp/e/tabi15/drum.html

いよいよ今週<小宮山雄飛があの人と話す会> ゲスト・吉田類!!
http://hoff.jp/2015/08/-6-1.html


どちらもぜひ!
by yuhiblog | 2015-09-22 01:06 | 軟式LIVE
小宮山雄飛が大阪滞在中に食べたものをUPする
POP!

大阪ライブに来てくれた皆さんありがとう!

ホフファンはもちろん奇妙くんのファンも今回もしっかり盛り上がってくれて、ほんと楽しかったです。

今回は対バンの1時間セットでありつつ、僕のボーカル曲にかぎっていえば6曲中5曲が新曲、1曲が久しぶりにやる『車は進んで僕を見る』という、かなりとんがった(?)メニュー。

でもほんと最近は新曲をやるのがすごく楽しいのです。

まだ発表してない新曲も沢山あり、なんなら全部新曲のライブをやりたいくらい。
過去の曲ももちろん好きですが、これから先のことを一緒に共有していく段階っていうのはとてもワクワクします。

レコーディングも進んでますが、現状で生まれたての新曲を聞けるのはライブだけなので、ぜひ皆さんホフライブに足を運んでください。

次回はいよいよ春のベースまつり
今年も豪華メンツで盛り上がりそうなので
5月24日は新代田FEVERに集まって!

そして7月3日はデビュー19周年記念ライブ!
場所は19年前にデビューライブを行った思い出の地・渋谷エッグマン
これまた面白い仕掛けがあるので、全員集合よろしく!

20周年に向けて、色々やろうやろう!

というわけで、大阪ライブの後は恒例の
<小宮山雄飛が大阪滞在中に食べたものをUPする>
略して
<小大UP>

今回はライブ当日の昼過ぎに大阪入りして、次の日早朝には東京に向けて出るという、実質の半日程度の強行スケジュールだったので、そんなに食べれなかったのですが、それでも数軒行きました。

f0146268_09590283.jpg
大阪に2時15分に着いて、僕だけ車を飛び降りてランチ2時30分までの中華の名店『中国菜 オイル』に駆け込んで、麻婆豆腐定食。
カウンター越しにキッチンからスパイスの香りがガンガンに漂ってきて、食べる前から味が保証されてるようなもの。
味も結構濃く、いくらでもご飯をいけそうなところを、今後にそなえてお代わりを我慢。

f0146268_10000192.jpg
麻婆豆腐のあとは、その足で関西限定のカレーチェーン『ピッコロカリー』へ
お昼に麻婆豆腐とカレーのはしごって時点でちょっとヤバイですが、大阪に来たらやはり1食はカレーを食べないとなということで。。
同じく関西老舗チェーンのインデアンカレーの甘辛系と比べると、こちらはどこまでも濃厚。
大阪のカレーは、スパイス重視の新興勢力と、煮込んでナンボの老舗系の両極がどちらも振り切っていてとても面白いです。

f0146268_10001030.jpg
ライブ後は北新地の焼きとん『たゆたゆ』へ
刺し盛り5種は、どれも全く臭みなく美味。

f0146268_09595460.jpg
メニューの中で面白かったのは淡路産たまねぎをまるごと焼いたもの
塩で食べるシンプルなものですが、こういうインパクトメニューは好きですね。
f0146268_09593426.jpg
お昼のはしごもあり、すでにお腹一杯だったのですが、どうしても行ってみたい店があり、夜も結局はしご。。
何を食べても美味しいと評判の立ち飲みバー肥後橋『わすれな草』
関西風の出汁がしっかりきいた、だし巻き玉子はフワフワで絶品。

f0146268_09592524.jpg
そしてお目当のカレーリゾット
ヨーグルトが効いててまろやかながらスパイスもしっかり香ってこちらも噂通りの味。
評判のお昼のチキンカレーも(基本は同じだと思いますが)ぜひ食べてみたい。
仕事も細かく、接客もよく、ここほんとに名店です!

f0146268_09580401.jpg
翌日早朝
そのまま帰ってはもったいない!
ということで7時の開店を待って、新大阪駅の立ち食い『めん処 天つる』で朝食セット
うどんとご飯、さすが大阪、朝から炭水化物で炭水化物!
麺は普通に冷凍麺を使用してましたが、汁は自家製、関西ならではの汁を楽しむうどん。
これで390円は新大阪駅の中でも破格です。

ということで今回も大満足で新幹線で東京へ!

大阪、また7月に行くよ!
とにかくライブで会おう!


〜〜〜おまけ〜〜〜

もともと大阪へは前日に飛行機入りだったのですが、どうしても行きたい会食の予定ができてしまい、飛行機をキャンセルして当日車で向かったのですが、その会食がこちら

f0146268_08365461.jpg
ゆざ〜んの誘いで、阿川佐和子さん、南伸坊さん、能町みね子さんと一緒に町屋『プージャ』で本気のベンガル料理ディナー。
この面子、このお店、飛行機キャンセルしてでも行くでしょ!

能町さんはオールナイトニッポンの生放送があり残念ながら途中で帰ってしまいましたが、その後4人で町屋飲み、めちゃくちゃ楽しい夜でした!

f0146268_08405103.jpg
海老のカレーは超ご馳走味。

ちなみにこの日はお昼にカレー2杯食べてる・・・ということで東京〜大阪で週末は結局2日で5食のカレー!

ごちそうさまでした。


by yuhiblog | 2015-05-19 08:43 | 軟式LIVE
小宮山雄飛が関西で食べたもの
阿倍野のライブに来てくれた皆さんありがと!

15年以上ぶりにやった『ハローハローハロー』やBANK$の『キミを想う』など、こちらもやってて最高に楽しいライブでした。

これからも僕らもファンの人もハっとするような曲をちょこちょこ織り交ぜていくので、ワンマンのみじゃなくイベントにも皆勤賞でぜひ通っていただきたい。

今回は阿倍野に1泊したので、いつもは行けなかったかなりディープなエリアを食べ歩いて、さらに翌日は神戸に移動して一泊という、完全に旅モードで関西を楽しんで来ました。

というわけで、小宮山雄飛が関西滞在中に行ったお店をずらっと

まずライブ前日、20時に阿倍野に着いてから、その日になんと4軒、明らかにやりすぎですね。

f0146268_11211595.jpg

今池のお一人鍋のお店、その名も『なべや』の牛すき焼き鍋
前々から行きたかったんだけど、なかなか訪れる場所でもないので行けなかったお店。
冬限定の牡蠣鍋も有名で、まだあったんだけど、初めてなのですき焼きを。
関西風というより割り下で煮る関東風でしたが、一人すき焼きでビール、最高だった。

f0146268_11263999.jpg

今池の立ち飲み(というより路上飲み)のホルモン屋『やまき』
ここは本気でディープです。
ホルモンもキモも1本70円。
ホルモンは注文せずに、焼かれているものを食べたいだけ取って、ニンニクと油と醤油でグチャグチャになってるタレに自分でつけて食べます。
そして串カツ屋ですっかり有名になった『二度づけ禁止』ルール、最近ではルールというより、ちょっと大阪風を表すアトラクション化している気がしますが、ここのは正真正銘・本気の二度づけ禁止。
というより、1回付けるのすら難しい!
へたするとレバーをタレの中に落としてしまったり、他のお客さんや自分の足にたれてしまったり、ほんと素人はタレをつけないでいたほうが無難です。

f0146268_11344042.jpg

場所が変わって天王寺の居酒屋の名店『明治屋』
店内撮影禁止のため、暖簾をパシャリ。
いわゆる古典居酒屋で、名物の湯豆腐が絶品。
日本酒でゆっくりやるのが最高に合う酒場です。


f0146268_11361324.jpg

3軒行ったあとに、締めの焼肉!『平和』
1階はこちらもお一人様使用になっていて、大阪っぽい。
いわゆるお肉系ばかり頼んだのですが、もしかしたらここはホルモン系の方がオススメかもしれない。
ハラミが味もしっかりしてて美味しかった。

f0146268_1142926.jpg


ライブ当日、ここからおかしなことになります。
朝7時30分から新今宮に行って、ホルモン『権兵衛』へ
トマトソースがかかった変わったホルモン焼きがあるので頼んでみたら、お店のおっちゃんも
「トマトソース??」とビックリしていた。
よっぽど頼まれないメニューなんでしょう、食べてみてたしかに普通の方がよいかも。。。と。
そしてハシゴ前提で入ったので食べなかったけど、ホルモン焼きそばが相当美味しそう!
次回は食べてみよう。

f0146268_11502350.jpg

すぐ隣の食堂『いわたや』へ
肉体労働者の方々が、朝8時からお酒飲んで大盛りライス食べて、とにかく活気がすごい。
ここでもホルモン煮を。
同じホルモンでもお店の味つけによって全然違うから面白い。
焼きたての玉子焼きも美味しかった。
お店のおばちゃん(おばあちゃん)たちの人柄がまた良いです。

f0146268_11523696.jpg

朝食にして3軒目!
『マルフク』のホルモン焼
こちらも朝8時からみなさんガンガン飲んでます。
ホルモン140円ってほんとどういう値段なんだろ。。
ここのはニンニクが効いてて、いわゆるホルモン焼というイメージ通りの味。


f0146268_1155461.jpg

朝3軒はしごの後のお昼は、前から行きたかったカレー『カレーちゃん家』に
古民家でかなりマイペースでやられてるお店で、時間の流れ方が違います。
スパイス感はそこまで強くないですが、体に良い感じがすごくするサラサラカレーです。

f0146268_11575223.jpg

そして昼もカレーをハシゴ!
アーリオオーリオの野菜ごろごろカレー
こちらは地産地消で大阪の野菜をたくさん使ってるらしく、カレーそのものはわりと普通なオーガニック系のカレーですが、乗ってる野菜がとにかくすごい迫力で面白い。
ここのとこ大阪だとスリランカ系ばかり食べていたので、今回はちょっと変わったお店を巡ってみました。

f0146268_1211236.jpg

ライブ前のおやつに『やまちゃん』のたこ焼き、ベストとレギュラーを。
何もつけないベストがその名の通りベストな味!
もちろんソースと青のりのいわゆるたこ焼き味のレギュラーも美味しいです。

f0146268_1225499.jpg

夕食は北巽の『あじ平』でふぐ三昧!
てっさに始まり、白子焼、唐揚げ、細巻き(白子の細巻き寿司)、てっちり、ひれ酒、締めの雑炊まで
とにかく食べました。
大阪のふぐはとにかくボリューミーで東京の食べ方とは全然違って
ほんとに、ふぐ食べたーー!って感じ。

ということで、ライブ当日は7食!!
ほんとどんだけだ。。

f0146268_12736.jpg

次の日は朝から神戸に行って、西村コーヒーでモーニング。
味もさることながら、サービスが素晴らしく、優雅な朝を迎えれます。

f0146268_1273661.jpg

お昼はスパイスの効いたキーマカレーが名物の『シャミアナ』元町店へ
最近のカレー店のような派手さは全くないのですが、シンプルで美味しいカレーを何十年も作り続けているという老舗らしい美味しさがあります。
派手なアレンジが多い大阪に対して、ある意味とても神戸っぽいカレー屋さん。

f0146268_12123416.jpg

お昼のはしごは、元町に来たら寄らずにいられない『キントキ食堂』で昼からビールとだし巻き。
ここの雰囲気、神戸のお店の中でも一番好きかもしれません。
ふっくらなだし巻きも最高。
12時台はサラリーマンのランチで一杯ですが、13時を過ぎると突然飲み目的のおじさんがどこからともなく集まってくるのも面白い。

f0146268_12152423.jpg

夕食ですが、ここから神戸はしごツアーが始まります。
今回は新開地のあたりを攻めようと、まず1軒目
福原の『大谷貝つぼ焼』
とにかくうまい!
身はもちろん、スープの1滴まで残さず飲み干します。

f0146268_12185042.jpg

せっかくなので、一緒に頼んだ牛スジと豆腐のおでんもどうぞ。
牛スジは僕の好きなアキレス腱だった、こちらも出汁がきいててウマイ!

f0146268_12215962.jpg

2軒目はザ大衆居酒屋の『赤ひげ』で、あえて同じ牛スジと豆腐のおでんを。
こちらのスジはいわゆるスジ肉で出汁は甘め。
ここはほんとに絵に描いたような昔の居酒屋で、値段の安さなど、東京でいうと門前仲町の『魚三』みたいな感じ。

f0146268_12244224.jpg

こちらも古典居酒屋『丸萬』の湯豆腐
出汁が効いてて美味しい!
最近、居酒屋で湯豆腐で一杯、というのがほんとに理想です。


f0146268_1231321.jpg

表裏を逆に巻いてる、梅しそ巻きも酒のアテにピッタリ。

f0146268_1232480.jpg

『八喜為』とかいて『はきだめ』と読む、すごい名前のお店ですが
中はむしろファミリーや学生向けの明るいノリの居酒屋さん。
とりあえず串揚げを頼んでサワーを一杯。

f0146268_12345176.jpg

〆は『来来』の名物にんにくそば
いわゆる油そば的な汁なし麺ですが、にんにくがガツンと効いてて、飲んだ後に実に美味しい。
パリパリの皮の餃子とトロトロの豚足も美味しかった、町の中華の名店です。

f0146268_12372037.jpg

さすがにもう帰ろうと思いつつ、三宮のホテル近くでついつい吸い寄せられるように『眠眠』に入って餃子を1人前とビール。
大阪発祥のお店ですが、餃子というとむしろ神戸の方が似合ってる気がします。

ということで、ライブの次の日は、朝から合計でなんと9食!(普通って1日3食ですよね・・・)

たまにしか行けない大阪と神戸だからとはいえ、なんだろね、この食い意地は。
ほんとどこも美味しかったです。
ありがとう大阪神戸!


ちなみに、最近僕がこうやって紹介したお店にファンの人が結構行ってくれてるみたいで、ライブ以外でも色々楽しんでくれているのはとても嬉しいのですが、今回紹介した大阪のホルモン系のお店は、かなりディープかつスパイシーな場所にありますので、正直女の子一人とかで行くのはあまりおすすめしません。
(女の子一人以外でも、あまり気軽にはおすすめできません・・とにかくスパイシーですから)

行く方はしっかりした情報を得て、行けるとこだけ楽しんでくださいね。

次回の大阪は5月15日のシャングリラ!
東京でもベースまつりにボニーピンクとのトークイベントに、皆さんガンガン遊びに来て。
http://hoff.jp

いいライブやって美味しいもの食べて、嗚呼、日が良い日が良い。

チャオ!
by yuhiblog | 2015-03-31 12:15 | 軟式LIVE
ライブ!
POP!

ホフディラン通常盤 大阪・東京に来てくれたみなさんありがとう!

どちらもほんとに良いライブになりました。

個人的な感想などは、こむぞうで喋ってるので、こちらをどうぞ。
http://comzo.cocolog-nifty.com/comzo/2015/03/post-18c0.html#comments

今回7曲新曲をやりましたが、実はまだ発表してない新曲がけっこうあって、そんな中昨日もまた新曲を書いてて、なんかすっかり作曲モードに入ってるのです。

しかし日々アウトプットアウトプットばかりしてると、その後抜け殻のようになってしまうんじゃないかと不安になったりもします。

ということで、曲を作っては映画を観て、歌詞を書いては本を読んで、というようなインとアウトの繰り返しの日々。

なかなか充実しております。


f0146268_1015870.jpg

俺いま、キーボード弾いてる!!
by yuhiblog | 2015-03-03 10:33 | 軟式LIVE
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。