exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
カテゴリ:ブログ( 78 )
TALK SHOW
TALK!

2006年で新作が途切れていた僕のコラムTALK SHOWを再開させました。
http://hoff.jp/talk/

TALK SHOWが途切れていた理由の一つはこのブログもあるでしょう。
このブログが始まったのが2005年です。

TALK SHOWというのは言ってみればブログの原型みたいなものなので、ブログに移行したとも言えます。
さらにTwitterなども始まり、日々の発言がどんどん簡単になりましたね。

僕がTALK SHOWを始めた頃、ネットとはいえ自分の意見を発信するというのは、まだまだある程度の垣根がある行為でした。
TALK SHOWもいわゆるホームページを作る要領で全部0から作ってたわけで、今のように自分のTwitter やfacebookにポチっと書きこんだらアップ完了というような世界ではありませんでした。

その垣根が、ある程度の思考力・表現力を培わせてくれたかとも思います。
なんか食べて「うまいー!」ポチ、投稿完了、じゃないですからね。
それなりの作業が伴う分、やはりそれなりの文章にしようと思う。
この食べ物はなんでうまいんだ
味以外の面白い要素はどこだ
これを伝えるにはどういう言葉が一番伝わりやすいか
そういうことを140文字でボソっとつぶやくよりは一応しっかり考える。

もちろんブログやTwitterがよくないということはありません。
それぞれのメディアの伝え方、コミュニケーションの取り方が違うということです。

ただ、誰もが本当に簡単に、今の状況や気持ちを伝えたることができるようになった今こそ、しっかり自分の中で時間をかけて咀嚼した考えや意見を、読み物の形で伝えるというのも楽しいんじゃないかなと。
例えば携帯で電車に乗ってる時間にちょこっとTwitterをチェックするのではなく、TALK SHOWをあえてプリントアウトしてお風呂にでも浸かりながらゆっくり読んでみる。
読む方の人も何度も読み返して自分の中に新しい考えを生んでもらう。

そういうコミュニケーションも面白いんじゃないかと。

ということでTALKSHOW復活です。

また新しい、そして懐かしいコミュニケーションを取りましょう!

f0146268_8593623.png

by yuhiblog | 2014-12-23 09:00 | ブログ
虎ノ門!
POP!

僕がプロデュースした虎ノ門のTORANOMON LOUNGEのイベントこけらおとしとなる、『小宮山雄飛があの人と話す会』第1回 w/西寺郷太が無事終了しました。

来てくれた皆さん、ありがとう!

トークショーとなると、たいてい新宿LOFTプラスワンあたりが今まで多かったですが、虎ノ門のラウンジでとなると、また全然雰囲気も違い、出てくれた郷太もほんとに良いと喜んでくれてました。

これから隔月で僕と安斎肇さんがゲストを迎えて行っていきますが、なんかまた新しいコミュニケーションの場ができた感じで面白いです。

できたらほんとゲストが誰かに関わらず、皆勤賞狙って毎回通って欲しいですね。
安斎さんの方では会員証みたいの作ってスタンプ押してくようですが、なんかね、そういう同じ場所で定期的に行われる、ほんとに授業のようなことって大人になるとあんま行かないでしょ。

1年に1回のフェスみたいなものも面白いけど、毎月定期的に行われて、しかもすごい近い距離で色々なコミュニケーションを行える場って、大人の大学みたいなノリで面白いと思うんですよね。

次回の角田光代さんもちょっと意外な組み合わせでとても楽しみです。

美味しいワインでも飲みながら、楽しく話しましょう!

つーことで、次回もまた虎ノ門で逢いましょう!


小宮山雄飛
f0146268_17232240.jpg



http://t-l.jp/event.html#e04

********************
TORANOMON LOUNGEのプロデューサーであるホフディランの小宮山雄飛が、様々なゲストを迎えて1対1でじっくり喋り尽くすトークイベント『小宮山雄飛があの人と話す会』

第2回目は『八日目の蝉』『紙の月』など、作品が次々に映画化され、あらゆる世代から圧倒的な支持を得る人気作家の角田光代さんをゲストにお迎えしてのトークショー。もちろん文学について…と思いきや、美味しい物とお酒に目がない2人はワインを飲みながらほろ酔いで対談する事に。ゆったりとしたラウンジで2人と一緒にワインを飲みながら最高のひと時を楽しみください。

<虎ノ門を10倍楽しむ・小宮山雄飛のグルメマップ付き>

さらに!今回は特典として、ここでしかもらえない<虎ノ門を10倍楽しむ・小宮山雄飛のグルメマップ>を全員にプレゼント。イベントの後に雄飛お薦めのお店に食べに行くもよし、今後イベントに来る際に1軒1軒制覇していくもよし。虎ノ門に来るのがさらに楽しくなる素敵なマップです、皆さんぜひ遊びに来てください!



小宮山雄飛があの人と話す会
ゲスト/角田光代

2015.1.30(fri)

入場料:2000yen(1drink代込み)
open18:00 / start18:30


チケットはこちらから
【購入フォーム(パソコン/スマートフォン/携帯共通)】
イープラス

【メール予約】
yoyaku@t-l.jp
お名前/枚数、公演日を明記の上記アドレスへご送信下さい。
受付終了しましたら、予約完了のメールを返信させていただきます。
携帯電話のメールアドレスから予約される場合、ドメイン指定受信を設定されている方は
「@t-l.jp」を受信できるように指定してください。

※未成年者はご入場頂けません。
※入場順は当日の先着順となります。
※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。
by yuhiblog | 2014-12-01 17:23 | ブログ
小宮山雄飛がコヤソニで大阪滞在中に食べたものをupする
はい
タイトル通りです。

コヤソニラストイヤー
前日入りでステージ、次の日ちょっとステージ、泊まって帰りという、3泊4日に食べたものを全部上げてみます。

全部といっても、これはあくまでいわゆる外食として行ったものの中のメインとなるものだけなんで、これと別にオツマミ的なものや、さらにコヤソニ会場でのケータリング(いつも最高に美味しいものばかり、小藪さんありがとう!)と、さらに打ち上げも2回出させてもらったので、どんだけ食べるんだ・・・という感じではあるのですが、せっかく食べたので皆さんにもお裾分けとういことで。



初日(ってかホテル着いたのすでに20時頃だったのでそのまま寝てもいいくらいなのですが)

f0146268_16584444.jpg

九条 ロッダグループのスリランカカレー(めちゃうま!)

f0146268_16585562.jpg

九条 チングの焼きそば(生麺使用)

f0146268_1659437.jpg

九条 かどやの焼肉(ハラミがうまかった)



2日目(これが出番当日です・・)
f0146268_16591523.jpg

すゑひろ の朝限定厚焼き玉子定食(限定というとこに惹かれて・・)

f0146268_16592214.jpg

すゑひろ の焼きそば(これ目当てに行ったのですが、あっさり味でうまかった!)

f0146268_1659306.jpg

動物園前 奴ずしのゆどうふ(松茸の土瓶蒸しの松茸無しっていう感じ、めちゃうまい)

f0146268_16593892.jpg

動物園前 奴ずしの奈良漬け巻き(呑みながら食べるのにぴったり、そして激安)

f0146268_165944100.jpg

大正 セイロンカリー(うまい!)



3日目(メンバーみんな帰る中残って)
f0146268_16595251.jpg

大正 よどやんのきざみうどん(なんてことはないスタンドうどんですが、やっぱりうまい!)

f0146268_17392751.jpg

谷町四丁目 ニドミのカレー(次回はカクテルカレー食べてみたい)


f0146268_1701525.jpg

松屋町 アララギのカレー(大辛頼んだら、ほんと辛かった・・)



4日目(最終日、昼過ぎまでの大阪ステイ)
f0146268_1702263.jpg

九条 大和庵のきざみうどん(超駅前、初日の九条巡りに気になってた立ち食い店)

f0146268_1702986.jpg

淡路町 ボタニカレー(今回はとにかくスリランカ系を攻めまくりました)

f0146268_170366.jpg

駅弁 新幹線50周年記念弁当(なぜさらに駅弁食べる必要があるのか分からないのですが、美味しかった)

f0146268_170425.jpg

松屋町 たこ竹のあなごと鯖の押し寿司(お土産で買って食べました。伝統の味!)

f0146268_17264978.jpg

新大阪駅構内 中之島ビーフサンド(以前スタッフに差し入れでもらって美味しかったサンド)


ということで、完全に食べ過ぎですね。

でもさ、こんだけ満喫してるってことなので、地方の皆さん、これからもホフをイベントに誘ってね!

そしてドラムまつりで東京に来る皆さん、このくらい楽しんで行ってね!

<ホフディラン 秋のドラムまつり2014>
*ゲストドラマー*
オカモトレイジ(OKAMOTO'S)
西寺郷太(NONA REEVES)
U-zhaan (タブラ奏者)
クハラカズユキ (The Birthday)
ピエール中野(凛として時雨)
AND MORE !!

10月28日(火) 渋谷WWW
OPEN 18:30 START 19:00
前売り¥4000  当日¥4500 ドリンク代別
チケット好評販売中!
ぴあ【Pコード:242-522】 電話予約:0570-02-9999
ローソンチケット【Lコード:72862】
http://hoff.jp/e/df14/
by yuhiblog | 2014-09-20 17:29 | ブログ
お仕事について
POP!

もうすぐヤツイフェス、そしてホフ久しぶりのワンマン<ホフディラン通常版>、さらに今年で最後のコヤブソニック出演も発表されました。

やるぜ!

ということで、ちょっと最近のお仕事の話など。

というのは今日、僕がやってるある連載の担当者の方が社内で異動になるということで挨拶のメールがきました。

生まれてこのかた、いわゆる会社員の経験をしたことのない僕には、会社における「異動」というシステムがよく分からないのですが、とにかく異動される訳です。

で、今までもそういう色々な社内の人事異動というものとは間接的に接してきた訳ですが、昔に比べて僕自身の仕事への関わり方が変わってきたので、そこに感じるものがちょっと違ってきてるんですね。

一言で言えば、最近は昔より本当にやりたい人達とやりたい仕事を一緒にやらせてもらってるんですよ。

例えば連載一つとっても、昔だったらレコード会社のプロモーションという活動の中で、とりあえず毎月原稿を送って掲載されるみたいな、極論言えばその担当者と一度も会わないみたいな連載もあった訳です。

もちろん僕らが若かったというのもあるんだけど、例えばレギュラーでやってる番組でも、基本は僕らはその日に行って喋るだけで、そこのスタッフと飲みに行くとか番組の構成を本気で一緒に考えるみたいなことはなく、そこは事務所やレコード会社が良くも悪くも間に入ってやっていた訳です。

でも最近は、担当の人とプライベートでも飲みに行って「次回はこんな企画をやりたいよね」みたいな話をしたり、そんな流れでその企画を飛び出して新たな企画が立ち上がったり
とにかくファミリーとしてみんなで一緒に一つの面白いものを作るっていう感じが強くなってるんですね。

音楽制作はもちろん、雑誌連載もラジオレギュラーもテレビもwebも全部そう。

むしろ打ち合わせの場とかに僕が行って、先方から「え、本人が来るんですか!」とビックリされるくらい、僕はできるだけ自分が関わってる仕事は単に演者として出るだけじゃなく、企画の時点で一緒に作りたいタイプなのです。
例えばホフディランのライブやるって際に、ライブ会場やリハスタ以前にTシャツの印刷所まで行ったりするので、先方からすれば「うわ、なんで本人来たんだ!?」 ってなったりする訳ですw

そんな訳で、最近は本当に好きな人たちとやりたいことを一緒に作り上げるという、めちゃくちゃいい環境で仕事をさせてもらってるので、逆に言うと、担当の人が代わるみたいのは、すごく寂しかったりするのです。

でもまあそれこそが本当の意味での仕事=ライフワークだと思う訳です。

担当者が代わっても「ああ、そうですか」ってくらいにしか感じない仕事って、単なるお金儲けでしょ。

それが音楽でも番組でも雑誌でもwebでも、本当に一緒にもの作りをする楽しさこそがこのお仕事の醍醐味な気がするのです。


どう?

いいこと言った?
by yuhiblog | 2014-06-18 23:16 | ブログ
A HAPPY NEW YEAR!!
シンガポールより、明けましておめでとうございます!

本日シンガポールは旧正月の元旦、まさに正月まっただ中です。

昨日の晩は年明けと同時に花火が上がり、ビルには今年の干支の馬が映し出されたり、すっかりお祭りムードでした。
昔はこんなに派手に祝ってなかったという話も聞くのですが、なんにせよ日本から来た僕にとっては、年越しを二度味わえてお得な気分です。

今年の抱負としましては、曲をとにかく沢山書き、旅にも沢山行きたいですね。
シンガポールにいても、やっぱ知らない街でぽつんと一人でいると、なぜか曲がすごく湧いて来る、しかもどちらかというと日常的な曲。

いつもと違う非日常の場所に来て、はじめていつもの東京の日常が客観的に見えてきて曲として出て来るような気がします。


なので今年は世界各地に行って日本の日常の曲を書けたらいいなー。

ということで、皆さん、今年もよろしくーーー!
A HAPPY NEW YEAR!!!

小宮山雄飛(元旦)

f0146268_10201376.jpg

奥に見えるマリナベイサンズと花火


<ホフディランとGREAT3>
2014年 3月1日(土)
ホフディランとGREAT3
恵比寿 LIQIDROOM
出演 ホフディラン(BAND SET)/GREAT3
OPEN 18:30 START 19:30
前売り4000円 当日券4500円 (WITHOUT 1DRINK)
プレイガイド:ローソン(Lコード:76891) /イープラス/ぴあ(Pコード:220-858)
店頭:リキッドルーム/DISK UNION
INFO :LIQUIDROOM 03-5464-0800
by yuhiblog | 2014-01-31 10:38 | ブログ
2014年、明けましておめでとう!
POP!

2013年はありがとう、そして2014年もよろしくー。

2013年はアルバムこそ出さなかったのですが、個人的にかなり濃厚な1年でした。
MOVIXのポリシネ映像では曲だけではなく中村祐介君とのコラボとなる映像も一緒に作って、ナレーションまでやったし。
NHK Eテレの子供番組には作詞で1曲、作曲で1曲参加させてもらったり。
こむぞうは3000回達成したし。
40歳記念ライブでユウヒーズ・BANK$も復活したし。
TV&smileは大幅にリニューアルしたし

下半期はさらにパワーアップしたホ二人&ホ一人旅で放浪もしたし。

と、書き出したらキリがないくらい色んなことがありました。

そして今から宣言しておきますと、今年はさらに沢山のPOPなことが起こりそうなんです!!

ということで2日からもう作業開始!

今年も一緒にPOPに過ごそうねー!

2014年元旦 小宮山雄飛

f0146268_15333360.jpg

by yuhiblog | 2014-01-01 15:42 | ブログ
趣味と仕事
昨日、芸術家(というと大げさですが、要はグラフィックアーティスト)になった後輩が事務所に遊びに来て

「雄飛さんのやってることはどこまでが趣味でどこからが仕事なのか分からない」
と言われて、しごく納得してしまった。

思えば自分自身、趣味と仕事を全く分けてないので、当然といえば当然なのです。

例えばこのブログはと言えば、お金を一切生んでない訳だから仕事ではなく趣味と言えるでしょう、しかしこれが雑誌でのコラムになれば、少なからず原稿料をいただいて書いているから仕事になるでしょう。

しかしその2つの間に、僕の中での感覚の違いは全くない訳です。
趣味のブログだから適当に書いて、仕事のコラムはしっかり書こう、とかそういうのは無い。

それと同じように、日々色んなことをやっている中で、たまたまそこからお金が生まれているものが仕事で、お金になっていない、あるいはむしろこっちが払っているものが趣味というような後付け的な分け方があるだけで、僕の中ではどちらも同じ感覚でやっているのです。


音楽はさすがにプロになって長いので、一応プロ意識をもってやってるつもりですが、それだってもともとは趣味でやっていたものがおかげさまでプロとしてデビューできたというだけで、基本的には趣味の延長線上にあるものです。


もしかしたら一般的な『プロ』の人って、例えばプロミュージシャンだったらミュージシャンは仕事でそれ以外は趣味とか、プロボクサーだったらボクシングは仕事でそれ以外は趣味、みたいな感じで分けているのかもしれないですが、僕はどうにもそういう風にできない。

そう考えると僕がやってることは全部趣味なのかもしれません、いやむしろ僕の趣味は『仕事』なのかもしれません。
by yuhiblog | 2013-08-30 10:15 | ブログ
空気清浄機とわたし <後編>
ということで

まだコンセントすらつなぐ前の段階で、十分元が取れるくらい楽しい空気清浄機とわたしの関係ですが。

とにかく空気を綺麗にするだけじゃなく、除湿も加湿もできちゃうめちゃくちゃでかいブツですから、おそらく機能を理解するだけでも相当時間がかかるんじゃないかと思い、お風呂に入りながらゆっくりと説明書を読むことにしました。

実際、相当読み応えのある説明書で
読み物としてこの説明書が付いているだけでも、お得と言えるのではないでしょうか。

説明書を開き、このでかいブツの置き場所の説明がありましたが、その時点でビックリなのです

このでかいブツは、背面の壁から10cm以上、両サイドの壁から50cm以上、天井から1m以上離して設置しないといけないというのです。

これだけでかいブツを、さらに周囲にスペースを空けておかないといけないという、どんだけ部屋の面積持ってくんだ!というすごいヤツだったのです。

さらに内部の構造を知って驚きました

空気を綺麗にするいわゆる『フィルター』だけで、なんと5段階に別れているのです!

そしてそのネーミングもすごい
なにしろ、一番外のフィルターの名称は『プレフィルター』ですよ!
まだフィルターと認められてすらいないフィルターがある訳です。

このフィルターは大きなホコリだけを取り除くというのです。
これから先、どんどん色んなホコリや匂いなどを取って行く前に、とりあえず大きなホコリだけ取っておくヤツがいる訳です。

さらにさらに、説明書には『ニオイとる〜ぷ』で離れた場所の匂いまで取れると書いてある。
どのくらい離れたところの匂いまで取るのか読んでみると
冷蔵庫の中、なぬ!
さらに
車の中、なぬーー!!

どういうこっちゃそれは、どうやってそんな離れたところの匂いを取るんだ?と思ったら
なんか脱臭カートリッジがあって、これを車に入れてくれと書いてある。

ん??
それって単に消臭剤がオマケで付いてきたってこと??

そりゃー、どんだけ離れた場所の匂いだって取れるだろうよ・・・
とスネていたら、どうやらこれが単なる消臭剤ではないらしい。

その『ニオイとる〜ぷ』という脱臭カートリッジを車などに置いて消臭剤として2ヶ月ほど使ったあと、本体のストリーマポケットというポケットに入れて、8時間かけてクリーンアップすると、再生して再利用できるようになるという!

それで『ニオイとる〜ぷ』なのだ。
何度も何度もる〜ぷで使えるということなのだ。

なんだかもうこれはほんとにすごい機械を買ってしまったという気分。

さらに『お手入れ』の説明がものすごい

なんとこのブツ、内部の色々なユニットを、12通りに分けてお手入れしないといけないという!

プレフィルターは、2週間に1度、掃除機と水洗い
ユニット1は、洗浄ランプが点灯したらつけおき洗い
ユニット2は、3ヶ月に1回、つけおきと拭き取り
脱臭媒体ユニットは、1ヶ月に一度掃除機
バイオ抗体フィルターは、1年に一度交換
などなど




この説明を見た時に、ピーンと頭に浮かんだのが『たまごっち』でした
どんだけ世話しないといけないんだ・・・

これは2週間、これは1ヶ月、これは1年
これは水洗い、こっちは水洗い駄目、こっちは掃除機

なかには『2年に1度交換してください』なんてユニットもある
はたして2年後まで、憶えてられるだろうか・・・

ほとんど子育てですよ、これ。

そうか、これからずっとこのでかいブツの世話をし続けないといけないのか・・・

加湿機だったら夏ともなればタンスにしまわれますが、とにかくこいつは1年中使える。
それが今となってはアダのようになっている・・・
1年中面倒をみないといけない・・

とにかくこやつの説明をするだけでも、史上初ブログを前編後編2回に分けて使ってる訳ですから、とにかく手間のかかるやつなのです。


ということで、これから楽しくも大変な、空気清浄機とわたしの生活が始まろうとしているのです。

おわり
by yuhiblog | 2013-03-19 18:58 | ブログ
空気清浄機とわたし <前編>
こんな時代、しかもこんな季節ですからね

空気がどうもすごいことになってるらしい
なんだか色んなものが舞い散ってるらしい

ということで、空気清浄機を購入したのです。

色々探した結果、加湿も除湿もできて1年中使えるという優れものがあったので、それに決めました。

DAIKINのクリアフォースというものです。

お急ぎ便でお願いしたら、実際次の日には配達の人が急いで持ってきてくれました。
急いでた理由はもしかしたら、路駐していたからだけかもしれませんが、とにかく急いで来てくれました。

それはもう急いでチャチャチャッとサインだなんだして、急いで物を置いて帰って行ったのですが

置いていかれたブツを改めて見ると
これがまた、異常にデカい!

受け渡しの最中は、とにかく先方も急いでいるものだからこちらもその大きさに気づいてなかったのですが、ポツンとそのブツと二人きりになってまじまじと見てみると、これが実に大きい。

段ボールを開けて、中から機械を取り出してみると、これがまた段ボールの大きさに恥じないくらいに大きい。

決して上げ底ではなかったのです。
ギッシリ詰まっていたのです。
そこら辺、妙に真面目だったのです。

どのくらい大きいかというと、ホテルの冷蔵庫くらいあるのです。

ホテルの冷蔵庫は、ホテルの部屋にあると大きく見えませんが、ああ見えて結構デカいです。
しかも冷蔵庫は、あの中になんか色々入ってて冷やしてくれてるんだな〜という、イメージがつくからあまり大きく感じないのですが、中に何が入っているか分からないものは、同じ大きさでもとても大きく感じるのです。

想像してみていただきたい
台所にある冷蔵庫は、そんなに大きく感じてないと思いますが、もし台所に冷蔵庫と同じサイズの石が置いてあったら。
それはかなりデカいと思うでしょ?

あるいは発砲スチロールの固まりとかあったら、やっぱデカいと思いますよね、きっと。

人って意外と外見だけ見ているようで、しっかり内面も見てたんですね。

冷蔵庫は中身が分かるので大きく感じない、きっとそういうことです。

さて、そのブツを部屋に運んで置いてみると
驚いたことにこれがさらに大きく見える!

部屋に入れば部屋に従うかなーと期待してたんですが、こいつは全然部屋に従わない。
堂々とした存在感を出している。

そこでふと思い出したのですが、これと似た空気清浄機がよくスタジオにあったなと。

でもスタジオではそこまで大きく感じた事はなかったのです。

やっぱり人ってモノを単体では見ていなかったんですね。
同じサイズの空気清浄機でも、スタジオにあるのと住まいにあるのでは、大きさの感じ方が全然違う。

想像してみてください
台所にあってさほど大きいと思わない冷蔵庫が、道ばたにポツンとあったら、デカいと思うんじゃないでしょうか。

こう考えると、冷蔵庫というのは大きさを例える際にとても便利ですね。

そういえばIKEAで見て結構気に入って買った家具が、いざ部屋に置いてみると全然イメージと違うってことありますよね?

まあそれは大きさの問題だけじゃないんで、また違いますか・・・

というような色々などうでもいいことを、まだ一度も作動させる前にあーだこーだ考えれるなんて、空気清浄機というのはなんて素晴らしい商品なんでしょうか!


つづく
by yuhiblog | 2013-03-15 09:31 | ブログ
一富士
明けましておめでとー!

2012年はほんとに色んな素敵なことがありました。
アルバム
ライブ
ラジオ
連載
ベース祭
ホ二人旅
カレーいなり

ツアー以外でも、小豆島や伊豆大島など、なぜか豆と島が重なる初めての場所でのライブもできたし
ほんとに新たな出会いの多い年でした

そんな中でも、この写真を撮れたことが一番の収穫だったのでは?

という位、最高のショットを、僕から皆さんへのお年賀として

f0146268_17454770.jpg


上空からの見事な富士山!

日本人に生まれて良かった!

空を飛べる様になって良かった!
(あ、飛行機ですよ、もちろん)

今年も素敵な年にしましょ!
小宮山雄飛

富士山写真はこちらでも公開してます。
http://www.facebook.com/shootupfan
SHOOT UPも今年もよろしく!
by yuhiblog | 2013-01-07 17:59 | ブログ
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。