exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
日々これふんわり
どもども

大阪ビッグキャットのBLOG PARTYに来てくれた皆様、ありがとうございます!
この日も、色々なドラマがありましたね。

アンコールで「ゆで卵ー!」とか「スーパードライ!」とか言われた時、やりたかったんですけどね、ほんとは。
横を見てみると、ワタナベイビーがアコギを持ってた。

そうなると、ゆで卵とかだと、持ち替えないといけないんですよ、エレキに。

それってちょっと間が開いちゃうでしょ。

どうせやるなら、言われた瞬間に僕のカウントで「1! 2! 1・2!」とかって入りたいじゃない、ゆで卵に。
スーパードライだったら、僕がタイトルコールしたら、すぐにドラムにツタタツタタ!!と入ってほしい。

「じゃあ、スーパードライやります」とか言って、ギター持ち替えてもらってから「じゃあ、始めます、、、」なんて始めたんじゃ、やっぱつまらないでしょ。
そういう瞬間的な流れで判断してますから。

でも、そういうハプニングというか、客席のノリで曲を変えたり、ライブが長くも短くもなったりするというのは、好きですね。

お客さんの温度と、ライブの流れと、バンドのその瞬間の状態(ワタナベ君が持ってるのがアコギかエレキか、BEST3がこちらをしっかり見て分かってるか)、さらにイベントだったら全体の時間など考えて、瞬間的にライブの流れを変える瞬間っていうのが、ほんとライブの醍醐味なんですよね。

それがハマった時は本当に気持ちいいし、逆にどんなに良い演奏をしても、最初から決まった通りのことを客席の空気に関係なく、ただ台本通りやりました、だったらきっとつまらないと思うんですね。

単にやる曲を変更するという意味だけじゃなく、微妙にそのときの空気に合わせて曲のBPMを変えたり、直前のMCの流れで曲の入り方を変えたり。

だからね、意外と違うんですよ、お客さんの反応で。
例えば2日間のライブが、全く同じ曲順だったとしても、実際は微妙に色んなとこが違うんですね。


だから
毎回来い!
と。

はい、そういうことです、結局は。


f0146268_955616.jpg

たまたまスーパー行ったら、あるはあるは「ふんわりニュービーズ」!
しかも、そこにはホフの曲が入ったCMのビデオが!!

なぜかけない!!
by yuhiblog | 2008-10-13 09:56 | 軟式LIFE
<< キミを想う 歌うたいのバラッド >>
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。