exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
グリーンバックの日々
その昔、MTVがアメリカで始まった時、VJの背景はグラフィック映像だった。

グリーンバック(ブルーバックだったかも)での撮影だった訳ですが、おそらく開局当初で専用の大きなスタジオやセットをそこまで使えない状況での苦肉の策だったのかもしれないけど、司会のバックがクールなグラフィック映像というのは、むしろ新鮮で、それこそがMTVの先端の印象につながっていた。

最近僕の周りでもグリーンバックが流行ってる。

シコウヒンTVやこむぞう、さらにホフのPVですらそうですが、いわゆる地上波の番組とかとは当然予算規模が全く違う訳で、撮影の際にそう簡単に高価なセットなどを組む訳にはいかない訳です。

なので、グリーンバックを使って撮影して、後は後ろにどんな絵をひくか、アイデア勝負で行こう!ということになる訳です。

いっそのこと、事務所の壁を緑色に塗ってグリーンバック状態にしようというアイデアさえ出ています。
そうすればとりあえず事務所で撮影して、その後ろはなんでもグラフィックをひける。

撮影機材・編集機材および映像を編集できるスタッフはいるので、事務所でグリーンバック撮影さえできれば、色々とオモロイ映像が作れる。

ウェインズワールドみたいに、事務所でガンガン自分たちで番組を作ってポッドキャストとかの形で世に出す、言ってみれば『ホフTV』的なことなんかもできる。

低予算が故のDIYのアイデア勝負で意外と面白いものができるんじゃないかと。

ということで、グリーンバックで何ができるか、最近色々と試している次第です。

f0146268_12323122.jpg

こんな感じ
f0146268_12324241.jpg

こんな感じ その2
by yuhiblog | 2008-04-24 13:04 | 軟式ニュース
<< N.Y to TOKYO ブリッツ >>
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。