exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
祝・ポッドキャスティングこむぞう1周年!
バンクス!

岩手から帰ってきました。

早足ではありますが
・じゃじゃ麺、冷麺、わんこ蕎麦の3大麺を制覇し
・小岩井農場も訪れ
・網張温泉の源泉かけ流しの露天混浴にも入り
・<岩手>の由来の岩がある三ツ石神社も訪れ
・500体の羅漢像を納めた報恩寺も見て

もちろんお仕事としても

・TV
・ラジオ
・新聞

の3メディアにも出演してまいりました!

2日間でできる、おそらく最高のフルコースでしょう!

混浴にいたのは、両親をも軽ーく超えた超熟々女だったり、小岩井農場で実際に会えたのは模型の牛だったり、深夜素っ裸で寝る慶三の大切な何かを燃やしたり、それなりに珍道中ぶりも味わえ、まさにフルコースでしたね。

岩手の皆さんありがとう!

そんなポッドキャスティングこむぞうですが、本日で見事1周年を迎えました!
回数にして366回目(!)
http://comzo.cocolog-nifty.com/

自分の歴史を振り返ってみても、飽きやすい僕がこんな回数続けた事って、なかなかありません。

もちろんこれからもできるとこまで毎日配信で、500回・1000回・1億回と続けて行きます!(最後飛び過ぎ)

さらにこむぞう1周年記念Tシャツも発売になったり、いろいろとありそうなんで、ぜひぜひ皆さんこの夏はこむぞうで盛り上がっちゃって下さい!
f0146268_2324672.jpg

http://www.geniusatwork.jp/html/onlinestore.html
Tシャツ販売はこちら!
(ってかマジですげーかっこいいよこれ!ハンバーグ009Tシャツとセットでどうぞ!)

という訳で、これからも小宮山雄飛さん=僕のポッドキャスティングプロジェクト、どうぞよろしくです!
f0146268_2345053.jpg

500体の羅漢像! 中にはお茶目なポーズをとってるやつもいます。
ありがたいんだか、ありがたくないんだか、、、




【コメント】

おめでとうございます!
ポッドキャスト、めんどくさがり屋の私はなかなか聞く機会がないんですが。。。せっかくIpod Miniあるし一気に全部聞く覚悟で(!)頑張ります。
しかしこのポッドキャスト、海外でも聞けるって言うのが魅力ですね☆

雄飛さん今週からアメリカじゃなかったですか?LAだったら一緒にのみに行きましょー。
by しほ (2006-07-04 18:59)

おかえりなさ~い。
そして、1歳おめでとうございま~す!!
お百度参り3回分もあるんですね。
毎回聞き終わった後に何か祈っておけばよかった・・・。
それにしても、最後の写真、仏像マニアの私としては
たまらない1枚です。
お茶目な仏像、見たいぃ・・・。ハァハァ・・・。
小岩井農場って、北海道だと思っていました・・・。
by エーデルワイス (2006-07-04 21:59)

今日のAX最高でした!

泣きました、、、、
by 生卵 (2006-07-06 00:58)

手をあげておられる方は
「コラーッ!」
にも
「ヨッシャー!」
にも見えますね(笑)
by 星 (2006-07-06 02:49)

AXおつかれさまでした☆
まさかホフで2曲聴けるなんて思ってなかったので、最高でした!!
わたしのところから、ステージの袖裏にいる雄飛さんが見えました。
もう、フレッシュボーイ"優火"にメロメロです。
さわやかでかわいかったデス。映画も観に行きますよ♪
by chihaya (2006-07-07 01:36)

by yuhiblog | 2006-07-04 10:44 | 軟式LIFE
<< 男はソレを我慢できなかったのだう to the 岩手 >>
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。