exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
た・・・たて・・・

バンクス!

まったく困っちゃいますよね!

なにが困っちゃうって、みんな大好きウムヤ式君。

そうです、ウムヤ式君がFPM田中さんに続き、ついにSHOOT UPに登場したのです!
SHOOT DOWNでの下積み時代を経て、いよいよUPに文字通り昇格です!!
(DOWNの方も引き続きオモロ画像を沢山送ってくれてます)

しかし!
そこでオモロ間違いをやってくれちゃってる。

今回から、SHOOT UPには動画も加わってさらにパワーアップしているのですが、その動画をウムヤ式君は、何を思ったか、カメラを縦にして撮ってしまってるのです。。。

写真じゃないんだからさ。。。

急遽レイアウトを変更して対応したwebデザイナーS女史、ご苦労様。
ってか、たまにビデオを縦撮りしちゃうおじさんいますけど、観る時にモニターを縦におかないといけないんで、大変です。。。

そしてその内容がまたハードコア!HG!フォー!!(そろそろ死語)
とにかく必見です!
SHOOT UP
f0146268_21411455.jpg

レコーディング後にピースする筆者の後ろで、せっせと縦撮りするウムヤ式。




【コメント】

こむぞう聞きながら、SHOOT UP見ました。
by ワダフェット (2005-11-11 05:00)

縦撮りしちゃうあたりがおもろいなぁ…せっかく昇格したのに(笑)
by あんにゅ (2005-11-11 11:40)

SHOOT UP見ますた。
ウムヤ式さんのすごい笑ったww
ほんと、素敵な人だなぁ。
by ようこ (2005-11-11 18:47)

朝、こむぞう聴きながら見ました!
ちょー笑えました!!
by shie (2005-11-11 19:15)

ウムヤ式SHOW笑った~!!
おなか痛いよぉ、ホント。
だって、縦長なんだもんっ!
by rik. (2005-11-11 21:54)

動画っていいですねー!
ちょっとウムヤ式さんの素顔を見れた感じです。
イケメン応援キットなんつーモンがあることに驚きました…
女性版もあったりするんでしょうか。
by AKIKO (2005-11-11 23:19)

ウムヤ式さんって

鬼嫁の夫(佐々木健介)に似てるっ!!
by 火星人(マイナス) (2005-11-12 00:01)

縦長っ!ありゃりゃりゃりゃ・・・。
朝こむぞう聞きながらえ~っ!電車の中じゃ見れないじゃん・・・、
やっと見れました。
衝撃でした・・・。

上の写真がなんだか雄飛さんに見えないのはおらだけでしょうか?
by ぶらうにー (2005-11-12 00:19)

ぐわ~ん。PHSで受信しつつ動画を見たところ、ものすごいコマ送りで、缶のフタを開けるまでに7分もかかってしまいまいた、ので、一端断念中です。
セリフ(?)も、「イ・ケ・メ・・・・ア・・・・デ・・・」のように、宇宙からの通信になってしまいました。
あー、早くみたいです。
by エーデルワイス (2005-11-12 11:11)

縦ってなかなか見やすいじゃん??とかいって……。
それにしても、缶の中身凄かったですねっ(>Σ<;)!!
ウムさんがキレる気持ちわかりますよ。。

P.S  この写真の雄飛さん、デビュー当時のかと思ったぁっっ
by yuki-_- (2005-11-12 23:12)

umuさんの帽子、長いですね・・・気になります。
YELLOWとかいてあったオレンジ色のキャップにも負けませんね。
by sleep (2005-11-13 00:48)

by yuhiblog | 2005-11-11 01:39 | 軟式LIFE
<< 酉の市 速報・東京ラボラトリーズ >>
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。