exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
イチゴ味魚肉ソーセージについて

バンクス!
はいはい、まずはこちらのニュースをどうぞ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050802-00000112-mai-bus_all

うーん、大人は分かってくれない。。。
あたい達が食べたいのは、そんな得体のしれないものじゃないのよ!!

という子供の嘆きが聞こえてきそうですね。

あたい達が食べたいのは、豚肉のソーセージなのよ!!

という根本論を唱える子供すら現れそうな、まさに不思議な食べ物です。

本来豚肉で作るはずのソーセージを魚肉を使って作ってしまうという事自体が、哺乳類と魚類の時空を超えたコラボレーションだというのに、それを最終的に果物の味にしてしまおうという、こりゃ、一つ間違えたら神への冒涜ですよ。

だったら普通にイチゴを食わせろ!
という野生児の意見まで聞こえてきそうな一品ですね。

そしてもう一つ不思議なのは、業界全体の売り上げが伸び悩んでいるっていうんだけど

昨年が465億円

今年が470億円

って、微妙に売り上げ上がってるんだよね。
この不況の嵐が吹き荒れる中で、下がるどころかちょっと上がってんだから、それでいいんじゃないの??
それでもイチゴ味を投入する必要があるのか?

サッカーの世界では
「勝っているフォーメーションを変える必要はない」
という説があります。

この不況の中で少なからず勝っている魚肉フォーメーションに、いきなり後半38分からイチゴを投入する必要はあるんですか、オフト監督?

しかも、このイチゴソーセージによる初年度の売り上げ目標は2億円と書いてある。
ちょっと待って下さい、イチゴソーセージがなくても業界は1年で5億円売り上げが上がるんですよ!

ここら辺がいまいちよく分からない。

しかし、買うか買わないかという話しになれば、当然買いますよ!僕も。
とりあえず食べるに決まってんしょ!こんな世紀の大発明!
なにしろノアの箱船に乗る時に、このイチゴ味魚肉ソーセージを1本持ってけば、それだけで生きとし生けるものを3種類は持ち込める訳ですからね!(って既にどれも死んでるか)

にしても今年の流行語大賞に
「イチゴは魚のすり身にも合う」(広報)
という、この言葉をぜひ入れたいですね。

なんか考えれば考えるほどすごい発言だもんね、これ。

逆に、売り上げが伸び悩んでる青果業界が
ソーセージ味イチゴ発売!
なんてなると、もう「餅は餅屋」なんつーことわざはこの21世紀では通用しなくなるんでしょうね。

メロン味の生ハムとかね、意外と便利かもしれませんね。
f0146268_20243664.jpg

深夜のラーメンを求め東京の街を巡回するウムヤ式バイカー
by yuhiblog | 2005-08-03 15:05 | 軟式グルメ
<< iTunes Music St... フジロック日記 その2 >>
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。