exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
ダウン明け

バンクス!

おかげさまで、体調は良くなりつつあり、普段の生活を送れるようになったんだけど、いまだに胃なのか腸なのかとにかくお腹の辺りが痛く、食事は引き続きおかゆ専門・略して「おか専」です。

おかま専門ではありません、おかゆ専門です。

にしても、多くの人からお見舞いのメッセージ、マジありがたいです!
いつの間にかおすすめDVD紹介コーナーと化した感もありましたが、それもまた軟式らしくてオモロかったね。

にしても病人に、

>ラス・メイヤー作品を一気に観るのはいかがでしょう?

というのはウケたね。
確かに元気が出るかもしれないね(笑)

そして、仕事仲間からも沢山「ブログ観たけど、大丈夫?」っていうメールをもらいました。
そんな大袈裟な事じゃないんで、むしろ心配かけて申し訳なかったなって感じなんだけど、それ以上に、仕事関係者でもこんなに多くの人がブログをチェックしてくれてたのかというのを知って、ちょっと嬉しビックリでしたね。

これはうかつに関係者の悪口とか書けないなと。。。

さて、皆さんに散々DVDを薦めてもらってなんだが、寝込んでる最中に聴いてたのはOASISの新作。
いいね!

しかし、こうもはっきり60年代へのオマージュだと、気持ち良いは良いんだが、OASISってそんな良い子だったけか?て感じがしますね。
90年代2000年代を代表するバンドOASIS、というより60年代大好きっ子クラブOASISって感じ。

ご存知の通り、僕の曲はあちらこちらに過去の色々な曲の要素を遊び的にちりばめてる事が多いんですが、今回のOASISはまさにそんな感じ。
このアルバムを60年代フリークに全曲分析してもらったら面白そう。
このフレ−ズはビートルズの○○で、このドラムはベルベットの○○、このキーボードはドアーズの○○で、、、みたいな感じで。
これってギャグか?と思うほど過去へのオマージュが盛りだくさんです。

そういう意味ではXTCの60年代サイケオマージュバンド・デュークスオブストラトスフィアにすごく似た感触ですね。

ズートンズもそうだけど、やっぱりイギリスのバンドにとっては60年代サウンドって今でも重要な要素なんだろうね。
かくいう僕も、いまだにそうなんですが。。
by yuhiblog | 2005-06-30 20:39 | 軟式LIFE
<< ぼくの7日間戦争 体調不良でダウン >>
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。