exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
バッファロー in ハワイ

アロハオエー!

ハワイに行ってきました。
本当はハワイから軟式を更新したかったんですが、カメハメハ大王に邪魔されてできませんでした。

さて、今回3泊5日の日程でなんとバッファローウィングスを4回食べました!

すでにお伝えしてるとおり、バッファローウィングスというのは、そもそもニューヨーク州バッファローの名物ですから、ハワイでバッファローウィングスを食べるのって、熱海で広島風お好み焼きを食べるようなことですからね、実は最初から期待してなかったんですが、しかしやはりアメリカに上陸したともなると、どうしても食べたくなってしまう。

結果、3泊の滞在でロコモコは1回しか食べなかったのに、バッファローウィングスは4回も食べてしまいました!

では、軟式の読者それ即ち日本バッファローウィングスファンクラブの皆さん(勝手に認定)に、詳細を発表しましょう。

(1)
まずはDUKE'Sというビーチ沿いのバー
これはまあ、悪くなかったけど、どちらかというとBBQチキンって感じの味で、これをバッファローウィングスと認めてよいものかどうか、微妙なところでした。
味は悪くなかったんだけどね。

(2)
そして、次はワイキキの寂びれたバーで注文。
はっきり言ってこれは完璧にアウトでした。
以前に写真を出したHOOTERSに似ている唐揚げ風のチキンだったんだけど、やっぱバッファローウィングスはソースにからまっててなんぼですから、これは厳しかったですね。

(3)
次はファミレスチェーンのChili'sにて。
これが一番うまかった!
ファミリー向けの店なんで、辛さはさほどなく、そこはかなり不満だったんですが、しかしバッファローウィングスとしての定義(まあそんな固いものではないですが、、)にしっかり乗っ取ったもので、結構満足。
個人的にタバスコを上からかけまくって食べましたが。。
意外とファミレスってレシピが全国共通だから、うまいまずいは別として間違いはないんだよね。

(4)
最後は24時間営業のデニーズにて深夜のバッファローウィングス締め。
これもやはり思った通りのバッファローウィングスで、辛くないことを除けばレシピ通り・定義通りの味って感じ。
セロリもやたらごっついやつが入っててうまかったです。

という訳で、4軒のレポートを読んでもらえば分かると思うのですが、バッファローウィングスというのはアメリカでもかなり『難しい』食べ物な訳です。

『難しい』とはつまり、いまいちその定義や味がしっかり定まってない。

ホットドッグが、どこの店に行ってもだいたい当たり外れのない、いわゆるホットドッグが出て来るのに対して、バッファローウィングスは、実際どんなものが出てくるのか?どの位辛いのか?そもそも定義的にあってるのか?セロリは付いてくるか?白ソースはブルーチーズか?(タルタルのところもあったりします)、そこら辺がお店によって全く決まってないんですよ。
つまり、どんなものが出て来るか、実際に頼んで、ものがテ−ブルにやってくるまで全く分からないのです。

なので、美味しいバッファローウィングスを探すのは結構大変な作業なんですね。

逆にファミレスはそういう意味ではレシピが共通だから、外れがないというのが今回分かったこと。
しかし、本当に美味しいバッファローウィングスを探すには、ファミレスで納得してる訳にもいきません。

ハワイまで来て、俺なんでチキンばっか食ってんだ??
と、たまに疑問に思う瞬間もありましたが、しかし今回の調査旅行(?)で、うまいバッファローウィングスを探す事がいかに大変かを改めて実感できただけでも収穫だったでしょう。

ってか、ハワイについて何も書いてないな、、、、まいっか。
f0146268_1757675.jpg

これが今回一番おいしかったChili's
f0146268_17572826.jpg

こちら世界のデニーズ!!
by yuhiblog | 2005-05-22 22:50 | 軟式グルメ
<< 大阪!ってか日本全国! BANK$おじさん >>
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。