exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
バッファロー チキン ウィングス

さてさて、どなた様もまずは写真を見て頂きたい。

f0146268_170297.jpg


はたしてこれはなんなのか?
白ペリエ・赤ペリエ??

いやいや、違うのです田崎さん(ソムリエ)。

これは僕の大好きなアメリカン・ジャンクフード、バッファローウィングスのタレなのです!

僕のホームページのTALK SHOWを読んでる人はすでに知ってると思いますが、僕は無類の(というか自称日本有数の)バッファロー・チキン・ウィングスおたくなのです。


バッファローウィングズについての細かい説明は上記のTALK SHOWあるいはこちらhttp://www.buffalowings.co.jpをご覧になってもらうとしましょう。


という訳で、もうこの先の行(ぎょう)は上のリンクを読んだ人あるいは「俺だってアメリカでバッファロー・ウィングスくらい食ったことあんだかんねー!」という強者しか読んでないと思って書きます。

僕が一番好きなバッファローウィングスの店はマンハッタンのPLUCK Uという店です。
まあ、お店による味の違いがどの位あんのかっつーと、同じ牛丼でも吉野家・松屋・らんぷ亭、あるいは料理屋さんやご家庭によって細かく違いますよね。
そんな感じと思って下さい。

つまりどこが一番というより、人によって好みが違う訳です、俺は○○派みたいな。
それと同じ感じ。
どこが美味しいというより、その人の好みで好きな店が違うというレベルです。

で、僕が好きなのがPLUCK Uな訳です。

しかし、その味をいかに家で再現しようと思って、あちこちの(アメリカの)スーパーでソースを買って来てもどうしても出来ない。

ましてや日本でバッファローウィングスをやっている数少ないお店に行っても、はっきり言ってどこも食えたものじゃない。

これだけははっきり言っておきますが、日本でバッファローウィングと銘打ってメニューに載せてる店の95%はマジで全くめちゃくちゃです!!
僕はこんだけ好きですから、日本にあるダイナー的な店に行ってメニューにバッファローウィングスがあると、ついつい頼んでしまうのですが、どの店もホントにヒドいです!!
一昔前にアメリカの田舎の日本料理屋とかで、とんでもないラーメンやウドンが出されてたのと同じ位、現在の日本におけるバッファローウィングス事情はめちゃくちゃです。

というのもありつつ、しかし自分で家でソースを調合して作ってもお店の味が出ない。。。
と悩んでいた僕が、ついに編み出したアイデア。

それは、PLUCK Uのソースを持ってきちゃえばいいじゃん!!という事だったのです。

幸いPLUCK Uでは持ち帰り用にソースを販売してる。
とはいっても、それはあくまでテイクアウトでチキンを買った人がソースが足りない場合に使う用なので、少量をプラスティックの容器に入れてくれるだけで、瓶詰めの商品で売ってるって訳じゃないんですね。

そこで、僕はそのソース(チキン用のソース=赤と、セロリ用のブルーチーズソース=白)を大量に買い込み、それを自分でペリエの空いた瓶にシコシコ詰めて、飛行機で持って帰ってきた訳です。

話が長くなりましたが、それがこれ。
f0146268_17123190.jpg


どうですか、そう聞くとなんか同じ写真でも努力がにじみ出てこない?

ちゅー事で、このソースを使って作ったバッファローウィングスは、マジで本場の味がしました!!

ちなみに本場のPLUCK Uはこんな感じ。(筆者撮影)
f0146268_171312.jpg

プラスティックに入ってるのがセロリ用白ソース、チキンにからまってんのが赤ソースであります。
by yuhiblog | 2005-04-14 23:46 | 軟式グルメ
<< インタラクティブとは さらなるSHOOT UP! >>
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。