exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
BECK 『Guero』 Produced by BECK & The Dust Brothers

バンクス!

BECKの新作
やっぱり面白い。

BECK本人はもちろん、プロデュース及びミックスのダストブラザーズの仕事がやっぱり良い!

ダストブラザーズは音の入れ方と抜き方が実にうまい。
充分過ぎる情報量が入ってるのにも関わらず、本当にスッキリしてる。

僕のバイブルとも言えるTHEY MIGHT BE GIANTSのAPOLLO 18をプロデュースしたのもこの人達!

今日はGENIUS AT STUDIOにてウムがベースの最終作業。
ウムと一緒にBECKの新作を聴いて、ふと
「こういう音楽って日本人でやってる人いるかな?」
という疑問を抱いた。

思えば、近い人もいなくはないけど、いわゆるROCKの文脈で語られる人やグループでは日本にはあんまりいないよね。
ヒップホップとか音響寄りなグループには多少いるけど、なかなかいわゆるROCKやPOPの範疇でこういう音を作る人はいない。
なんでだろ?

BECKファンは沢山いるはずなのに、BECKみたいな音楽をやる人はあんまいない。

例えばOASISみたいなバンドとか、WEEZERっぽいグループとかは日本に沢山いるんだけどね。
BECKみたいなミュージシャンっていうのはあんまいない。
なぜですかね??

さてさて、BANK$のアルバムはと言えば、ドラムもベースも録音が終了した時点で、こっから俺がそれらの音をどれだけめちゃくちゃに出来るかという段階です。

例えば1曲通してしっかり叩いてるドラムを、あえて細切れにして組み直してみたり、全く別のドラムをサンプリングして当ててみたり。
そうやって「普通じゃない」サウンドにして行きます。

次のアルバムの一つのテーマはこの「普通じゃない」という部分。
「良い」か「悪い」かではなく、「普通」か「普通じゃない」かの判断で、後者に属するという。

そこで必要なのが、件のダストブラザーズ的編集テク。
「普通じゃない」音達を、パっと聴き「普通」に聴かせてしまう。

実はすごく変なんだけど、POPソングとしてごくごくスッキリと聴けてしまうっていう。

ダスト先生を見習って日々シコシコやりたいと思います。

f0146268_16465475.jpg

良いミュージシャンってみーんな「B」から始まるのよねー!(オカマちゃん)
by yuhiblog | 2005-03-29 10:29 | 軟式音楽
<< エイプリルフール 40周年だョ!全員集合 ドリフ... >>
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。