exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
お仕事について
POP!

もうすぐヤツイフェス、そしてホフ久しぶりのワンマン<ホフディラン通常版>、さらに今年で最後のコヤブソニック出演も発表されました。

やるぜ!

ということで、ちょっと最近のお仕事の話など。

というのは今日、僕がやってるある連載の担当者の方が社内で異動になるということで挨拶のメールがきました。

生まれてこのかた、いわゆる会社員の経験をしたことのない僕には、会社における「異動」というシステムがよく分からないのですが、とにかく異動される訳です。

で、今までもそういう色々な社内の人事異動というものとは間接的に接してきた訳ですが、昔に比べて僕自身の仕事への関わり方が変わってきたので、そこに感じるものがちょっと違ってきてるんですね。

一言で言えば、最近は昔より本当にやりたい人達とやりたい仕事を一緒にやらせてもらってるんですよ。

例えば連載一つとっても、昔だったらレコード会社のプロモーションという活動の中で、とりあえず毎月原稿を送って掲載されるみたいな、極論言えばその担当者と一度も会わないみたいな連載もあった訳です。

もちろん僕らが若かったというのもあるんだけど、例えばレギュラーでやってる番組でも、基本は僕らはその日に行って喋るだけで、そこのスタッフと飲みに行くとか番組の構成を本気で一緒に考えるみたいなことはなく、そこは事務所やレコード会社が良くも悪くも間に入ってやっていた訳です。

でも最近は、担当の人とプライベートでも飲みに行って「次回はこんな企画をやりたいよね」みたいな話をしたり、そんな流れでその企画を飛び出して新たな企画が立ち上がったり
とにかくファミリーとしてみんなで一緒に一つの面白いものを作るっていう感じが強くなってるんですね。

音楽制作はもちろん、雑誌連載もラジオレギュラーもテレビもwebも全部そう。

むしろ打ち合わせの場とかに僕が行って、先方から「え、本人が来るんですか!」とビックリされるくらい、僕はできるだけ自分が関わってる仕事は単に演者として出るだけじゃなく、企画の時点で一緒に作りたいタイプなのです。
例えばホフディランのライブやるって際に、ライブ会場やリハスタ以前にTシャツの印刷所まで行ったりするので、先方からすれば「うわ、なんで本人来たんだ!?」 ってなったりする訳ですw

そんな訳で、最近は本当に好きな人たちとやりたいことを一緒に作り上げるという、めちゃくちゃいい環境で仕事をさせてもらってるので、逆に言うと、担当の人が代わるみたいのは、すごく寂しかったりするのです。

でもまあそれこそが本当の意味での仕事=ライフワークだと思う訳です。

担当者が代わっても「ああ、そうですか」ってくらいにしか感じない仕事って、単なるお金儲けでしょ。

それが音楽でも番組でも雑誌でもwebでも、本当に一緒にもの作りをする楽しさこそがこのお仕事の醍醐味な気がするのです。


どう?

いいこと言った?
by yuhiblog | 2014-06-18 23:16 | ブログ
<< ライブー ワンマンやります! >>
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。