exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
<blur>の話と<満員御礼>
POP!

ご存知の通り、この夏僕はロンドンまでblurのライブを観に行って来ました。
元はと言えば、そのライブがblurの最後の活動になるかもという噂(というかメンバーの発言)があったから「これは見届けねば!」という思いで、ライブを観るためだけに遠路はるばるロンドンまで行った訳ですが、結果から言えば、blurは来年行われるフェスへの出演もアナウンスされ、とりあえずこの夏のライブで解散ということはなかった訳です。

その時のブログはこちら

当たり前ですが、それについて「なんだよ、解散しないのかよ!人騒がせな!」というような思いは全くなく、今は純粋に「良かった!」というファン心理しかない訳です。

しかしそれは単にファンだから解散「な〜しよ!」を喜んでいるというだけではなく、ロンドンまでライブに行ったこと自体が僕にとって本当に良い経験になったので、そこになんら悔いがないっていうか、むしろ「解散するかも」という噂が、ロンドンまでライブに行くきっかけをくれたことに感謝している位なんです。

たぶん「解散」というのがなかったら、夏の最もハイシーズン、しかもロンドンオリンピック閉会日、ここ数十年でロンドンが最も混雑して、飛行機チケットからホテルまで全てが最も高いこの時期、往復の飛行時間だけでもまるまる24時間かかるロンドンへ、いくらblur好きといってもわざわざ1回のライブのためだけには行かなかったと思うんですね。

しかし、それだけのことを乗り越えて行ったライブは、やはりこちらの気持ちの入り方が違うし、そのライブの日までの数ヶ月すらワクワクと楽しい、あるいは解散を考えると寂しい、いずれにしても心を揺さぶられる日々だった訳です。
そしてライブが終わってから今日までの数ヶ月も、ライブの余韻で昔のblurの音源を全部聞き返したり、来年のフェスのアナウンスに大喜びしたり。
つまり、ライブの2時間だけではなく、その前後何ヶ月も含めて、blurというものを心から楽しんでいる。
ライブはそのきっかけに過ぎなかった訳です。

おそらくblur自身も、その2時間というよりは、それまでの20年以上の活動や、ライブが終わってからこの先の未来にオーディエンスの中に何を残せるのか、そんなことを考えて全身全霊でプレイしていたように思いますし、観ている僕らもそのつもりで、心と身体全部で彼らの音楽を受け止めていたのです。

ということで、僕の中でもこの経験はちょっとした原点回帰というか、音楽の力、ライブの力をまた一から見直すきっかけとなったのです!

ちょっと大げさに言うならば、ライブだけじゃなく、今後の自分の活動全てにおいて、やる以上は相手の人生観を180度変えてしまうくらい、本気でPOPにやってやるぞ!と。

そんな個人的な経緯があっての、今回の『ホ二人旅2012』

おかげさまで、全公演満員御礼、ソールドアウト!
みなさんありがとう!

東京のお寺から地方のカフェまで、全箇所、それはもう1回1回「これが最後のライブになるかも」という位の思いでやってる訳です。
なので、観に来るみなさんも、どうぞ200%くらい元を取って帰るくらいの気持ちで本気で楽しみに来て下さい!

POP!

f0146268_1565223.png

by yuhiblog | 2012-11-06 15:11 | 軟式LIVE
<< 捕らえられない ホ二人続行中 >>
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。