exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
ホームページ
POP!

いよいよ明後日(早いとこでは明日)、ニューアルバム『2PLATOONS』発売になります!

今回、うちの事務所がいつもの発売日とはちょっと違う慌ただしい状況になっています。
それは、事務所に大量のCDが積まれているという点です。

なぜかというと、ホフディランのオンラインストアで注文してくれた人には、うちの事務所からCDが送られる訳ですね。

つまりは、小売り業もやっているという、そういうことです、はい。

しかし、なにもうちの事務所で小売りをやってお金を儲けよう!というような政策を始めた訳ではありません。

タワーでもHMVでもAMAZONでもiTunesでも(今回はiTunesではまだらしいですが・・・)、どこで買ってもらっても、僕らの音楽さえ届くならば全然良いのです。


ではなぜ事務所で小売りを始めたか

それは、そのアーティストのホームページに行った際に、そこで全てのインフォメーションや買いたいものが手に入る状況が、ファンにとっては便利だと思うんですね。


ライブ情報はこっちのページで調べて、最新ニュースはここで調べて、ツアーグッズはこっちで買って、CDはこっちのお店で買って、さらにそれぞれに送料や手数料がかかって・・・・
とかって面倒くさいでしょ?

僕は海外のアーティストが好きなので、よく海外からアーティストグッズや音源なんかをネットで買うことがあるのですが、やっぱりそのアーティストについて一つのページで全部事足りたら、すごく便利なんですね。

CDはiTunesで買って、ライブCDはアーティストのホームページで買って、グッズはまた別のお店で買って、コラボTシャツはブランドのページで買って、、だとすごく面倒くさい。
しかも海外なので、その度にクレジットカードの登録だったり、高い送料だったりが発生してしまう。


という訳で、ホフディランはできるだけ僕らのページに遊びに来てくれた人が簡単に全ての情報やアイテムを手に入れられる様にしたいなと思っているのです。

ただ、お店でぶらぶらしながら色々なCDを見たり、知らなかった音楽に触れたりというのは素晴らしいことだと思うので、もちろんCD屋さんにも足を運んでもらって、それこそ今までホフを聴いたこともなかった人が試聴機で聴いて気に入って買ってくれる、みたいな出会いもどんどん起きてくれればと思っています。


なことも踏まえ、今回はファンの皆さんがどこで買ってくれるかというとこも含め、本気で特典など考えて(てか作って)遊んでしまいました!

<初回特典>
ホフディランオンラインストア → <CD> 新録!ホフディランのアクロス・ザ・ビュー2012

TOWER RECORDS → <CD>復刻!ホフディランのアクロス・ザ・ビュー『目指せ!J-WAVER』

HMV → <CD>アルバム 2PLATOONS ワタナベイビー曲デモ音源集

その他 → <DVD>15年の日曜日ライブより『えがおでいこう』

計4種類の特典!!


ぶっちゃけ、どの特典も本気で作っているので、どれも可愛い子供達。
どれがお薦めなどとは、親の僕からは言えません。
グレちゃいますから、子供たちが。


なので、お邪魔じゃなければ4人とも・・・・

これが親心というやつですね・・・(ホントよ)

なにはともあれ、やっと聴いてもらえるのがほんとに嬉しい限り。

アルバムも特典も、思う存分楽しんじゃってください!


ホフディランオンラインストア
http://geniusatwork.jp/onlinestore/item.php?html=top.html

f0146268_14545164.jpg

by yuhiblog | 2012-02-20 15:30 | ブログ
<< 良い光を! ドライブ >>
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。