exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
自分らしさ
POP!

最近、ありがたいことに色々なところから作曲・作詞あるいは楽曲制作の依頼をいただく。

(といっても、個人的にはまだまだ少ないと思ってて、もっともっと曲提供/プロデュースなんかの音楽作業をしたいので、ぜひとも曲を必要としている業界の方は、事務所にご連絡いただきたい!)

そんな中で、ふと深〜い問いかけにハマってしまう時があります。

それは

自分らしさってなんだ??

ということです。

僕は昔から、自分自身の指向や主張よりも作品の方を重要視する性格なので、例えば番組のタイトル曲を依頼されたりすると、その番組はどういう番組なのか、どういう音から始まったらその後の流れが良いか、画をつける際にはどういうリズムが効果的か・・・・みたいに曲そのものの内容を考えちゃうんですね。

しかし、曲を頼む人の方からすると、実は純粋に「ホフディランらしい曲」とか「小宮山雄飛らしいメロディー」を求めていたりする。

考えてみれば当然のことで、僕が逆の立場で考えてみても、フラカンにボサノバ調の曲を依頼したり、ワタナベイビーにハードロックを求めたりしないだろう。

ホフディランっぽいもの、小宮山雄飛っぽいものを求めてるからこそ、僕に依頼してくれてるのだろう。

しかし、それが難しい・・

僕らしいもの、と考えた時点で、それは純粋には僕らしいものではなくなってしまう。

むしろ、「最近はヘヴィメタの気分なんだよね」と突然メタルの曲を書く(かもしれない)のが、本当の僕らしさであって(なかなかそういうことはありませんが・・・)、「小宮山雄飛らしい曲を書こう」というのは、純粋な意味での僕らしさではなくなってしまう。

などと考えていると
そもそも自分らしさってなんなんだ??
という問いかけにハマってしまって、作曲どころではなくなる。

で、ルーツとなるバンドの曲を聴いてみたりして、あ〜だこ〜だ色々と巡り巡って、最終的に自分らしさってこれだったのか!というような曲が出来たりするんだけど、でもそれも変な話でしょ?
パっと出てくるのが自分らしさのはずで、巡り巡って自分らしさというのも妙な感じです。


でも、こここそが、作曲で一番面白いところかもしれないです。

人から依頼された曲を作ってるはずが、いつの間にか自分で自分を確認する作業にほとんどを費やしてる。

これが自分用の作曲だと、ほんとに素で今自分が好きなメロディーやリズムでさくさくっと作ってしまうので、ここまで自分を意識することがない。

他人と関わる事が、一番自分を理解することになる

という、哲学のような答を導きだそうかと思いましたが、そんな偉そうな答よりも、単純に
そんな訳だから、楽曲提供の依頼、皆さんどんどんしてね!
ということが言いたかったのだ。
by yuhiblog | 2011-01-25 12:02 | 軟式音楽
<< 背中をとるか、膝をとるか、それ... 乾いてる皆さんへ >>
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。