exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
そのアンコールは僕のため
POP!

原宿〜浅草〜大阪
ホフディラン『TOKYOダービー』に来てくれた皆さんありがとうございます!

最終日の大阪では、おそらくホフディラン初となる4回のアンコール(!)で、久しぶりに2時間30分の長丁場になりました。

でも、このアンコールは皆さんへのサービスという以上に、自分達のためでもあるんですよ。

ライブってほんと生き物ですから、僕らもやる上で毎回その場のコントロールに必死な訳です。
同じ内容、同じ演奏でも、その日の流れや空気感で、全然着地点が違って来たりする。

大阪のライブは、ホフディラン今年ラストということもあり(結果的に28日のCOUNT DOWN JAPANがラストになったのですが)、やはりすごく力を入れてたんですよ。

東京で2回やった後ということもあり、今年で一番濃縮したものにしたいなと。
特に選曲は、そのつもりでかなり詰め込んで作りました。

ただ、そのせいか、逆に固い部分も多かったんじゃないかなと。
そこら辺がライブの難しいところです。
何の気なしに気軽に望んだライブが逆にめちゃくちゃ盛り上がったりする場合もあるし、その逆もまたあります。

そんな中で本編が終わった時点で、僕としては、なんかまだ全然足りないな、と思ったんですよ、実際曲数的には充分やってたんだけどね。

ということで、演奏側からの『アンコール』な訳です、はい。

もちろん大阪のお客さんが盛り上がってくれていたからこそのアンコールですが、それ以上に僕らの方からやりたかった部分が大きい訳です。

今回は懐かしい曲も多かったし、僕としても、決められたショーというよりは、意外性や文字通りライブ感のあるライブにしたかったので、原宿でもリクエストで急遽『ユウヒビール』をやったり、浅草でもアドリブでワタナベイビーの私物をジャンケン大会でプレゼントしようとしたり(笑)、客電が上がってから最後の最後に1曲追加で演奏したり、まあかなり自由にやりましたが、その集大成が大阪での4回アンコールとなった訳です。


でもおかげさまで、良い意味でクタクタになり、久しぶりに終わった後に楽屋で動けなくなるくらいの疲労感のあるライブとなりました。

いや、ほんと燃え尽きた!

残すは28日のCOUNT DOWNのみ。

そして来年は15周年!

ますますPOPにやってきましょ!

f0146268_15544718.jpg

by yuhiblog | 2010-12-06 16:18 | 軟式LIVE
<< ふしぎ発見!!!!! 釣り >>
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。