exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
次は浅草だ!
POP!


ホフディランTOKYOダービー<原宿編>に来てくれた皆さん、ありがとうございます!

かなり荒削りな部分もありましたが、地元原宿でできる限りのおもてなしを尽くしたつもりです。

どうだった?

僕はとても気持ち良かったですね!

正直言うと、開催まではめちゃくちゃ不安もありました。
僕が思い描いている完成図がどこまで実現できて、どこまで伝わるかというのがけっこう不安だったんですよね、今回は。

今回に限って言えば、明確な正解というのがある訳じゃないですからね。
原宿の地元でお送りする、という漠然としてテーマがあっただけなので。

もしかしたら、期待されてるものと全然違うものになってしまう可能性もあるし、そもそもメンバー全員とスタッフにすら、今回どういうものにしたいのかというのが、ちゃんと伝わらない可能性もある。

単に良い演奏と盛り上がる曲だけでも「で、これのどこがTOKYOダービーなの??」ってことになる。

開演直前で曲順を変えたりというのも、そういう状況でギリギリまで試行錯誤だった訳です。

入場のSEがかかってステージに上がる瞬間になっても、まだつかめてないところもありました。

でも、ユウヒビールから『HELLO』『信号』とやる内に、なにか自分の中で吹っ切れて
「準備することは準備したんだから、あとは楽しみゃいいか!」
というような気持ちになりました。

思えばホフの初期のライブとか、ほんとにそんな感じ。

MCが長くなり過ぎようと
予定以外の曲をリクエストされようと

とにかく、ただ自分達も楽しんでプレイしてた。

あの感じにすごく近いライブになったと思います!

まあ、そんな僕の暴走により、メンバーにはいたるところで無茶ぶりをしてしまい、迷惑かけましたが・・・

順也がギターソロで毎回出てくるとかも、ステージに上がってからの全くのアドリブの振りですからね。

順也には必要以上にソロで前に出させ、ゲンショーさんにはキーボードを弾かせ、ワタナベイビーにはドラムを叩かせ、北田君にはだるまさんが転んだをさせ、、、、
ほんとに自由に動き回りましたね。

まあこれも地元だから成せる技ということで、すっかり楽しみました!


次は浅草!

これからネタ考えないとだ。

POP!
by yuhiblog | 2010-11-04 23:57 | 軟式LIVE
<< アメ横カレーライフ いよいよ本日 >>
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。