exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
パニック障害を克服するぞ!
POP!

先日、こむぞう3人で伊豆大島へ男3人旅行に行って来ました。

詳しくはこむぞうで話しますが、僕が遅刻してしまい、大変なツアーの幕開けだったのです。

Twitterでリアルタイムでその状況を呟いていたので、知ってる人もいるかと思いますが、朝のフェリーの時間を寝過ごしてしまい、急遽、調布飛行場からセスナで大島へ向かうことになったのですね。

渋谷から調布に行き、調布からタクシーで飛行場へ、というそれ自体が結構な旅だったのですが、チケットを買って荷物も預けて、いざ搭乗という段階になって、怖くなって乗れなくなってしまったのです。

閉所恐怖症というやつです。

想像していた以上にセスナが小さく、どう考えても狭い機内のことを考えてる内に、怖くなってきて、ギリギリで「すいません、実は閉所恐怖症で、怖くなってきちゃったんで・・」と申し入れて搭乗キャンセルしたのです。

これはね、ほんと恥ずかしかったし、ものすごい敗北感でした実際。。。

その後、調布から電車で浜松町まで行き、午後のフェリーに乗ったのですが、このフェリーが思っていたのと違い、密閉された空間でね、デッキとかそういうの全然ないのよ。
それがまた微妙に怖くなって、フェリーすら降りようかと思ったんだけど、さすがにここで降りたら今後飛行機も船も乗れなくなっちゃうということで、なんとか我慢して乗りました。

ちゅーことでね、久しぶりに自分の閉所恐怖症ぶりを再確認して、めずらしくヘコんだ訳ですよ、僕も。

実を言うと、先日ホフディランで青森までみんなでバンで行った時や新幹線で大阪に行った時も、ちょっと怖かったんですよ。

しかしまあ、こうなってくると仕事への影響も出てくるでしょ。乗り物全般が怖いとなってくると。

実際、ブライアンウィルソンなんかはツアーに向かう飛行機でパニックを起こして、その後ビーチボーイズのコンサートはブライアンウィルソン無しで行われるようになった。
(まあブライアンは他にも山ほど精神的な問題を抱えてたんですが)

ということで、ここらで閉所恐怖症=パニック障害を本気で治そう!
と思いたち、ネットで治療法などを探したんですが、これがねえ、ぶっちゃけうさん臭い治療法しかないのよ、ほんとに、、、

早い話が、いわゆる病院で治療して治るようなものではないんですね。
どちらかというと精神的なことなので。

そうなってくると、登場するのが「催眠療法」とかそういうやつ。

これがほんとにうさん臭い!

いや、実際にそれで治るなら、なんでもやりますよ。

でもホームページ見てるだけでも、なんかもうめちゃくちゃなんですよ。
体験談とかさ、そういうのたっぷりな訳。

普通、病院のホームページに体験談とか無いじゃない。
「私はこの病院に通って、その後人生がハッピーになりました!」
とか、そういうの無いでしょ。

催眠療法って、そういうのばっかなのよ。。

いずれ壷でも買わされそうなとこばっか。

ある先生の紹介文なんか
【大学を卒業後、大手メーカーに就職。その後世界中を巡り・・・】
って、大学名や会社名をちゃんと書け!全部曖昧だぞ!!

てな感じの連続。

結局は、そういうとこには頼らず、自力で、ストレスの無い規則的な生活とか、日々の運動とか、そういう基礎的なことで徐々に治すしかないみたいです。

まあ、これを機にヘルシーな生活になれば、一石二鳥ということで地道に治しましょう!

でも、なんか劇的に効く方法を知ってる人がいたら、ほんとに教えて下さい。
ふんとに!
by yuhiblog | 2010-10-03 09:59 | 軟式LIFE
<< スタジオはどうあるべきなのか? 出た! >>
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。