exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
東京カレー(本気)ライフ
最近、カレー作りに本気で取り組んでいます。

毎週1日はカレーを作っています。

もちろん市販のカレー粉やカレールーなどを使わずに、骨からダシをとり、スパイスを一つ一つ混ぜ合わせて作るカレーです。

さらに言えば、先週はキーマカレー、今週はナスカレー、来週は欧風カレー、、、、てな具合に色々な種類のカレーにチャレンジしている訳ではありません。

基本的には同じカレーを、毎回微妙にスパイスや材料を変えて作ることで、これぞ!!と言える自分だけのオリジナルカレーを完成させようとしているのです。

言ってみれば、自分の名刺となるカレーです。

このカレーを食べれば、僕という人間がどんな人間なのか分かってもらえる、そんなカレーを作ってる訳です。

カレーという一皿に僕の内面を全て語ってもらおうという、そういう訳です!

はい、話が明らかに大げさになりましたが、要は「雄飛カレー」です。

以前にも何度か友達を呼んでオリジナルカレーを振る舞ったりしてましたが、今回のシーズン(?)に入ってからは、現状で第4弾まで進化してきてます。

本日はそんな発展途上中のカレーを紹介しましょう。

まずは第1弾
f0146268_13463845.jpg

これがスタートです。

<ダブルミートブラックカレー>
具は豚の挽肉とチキン手羽元のダブルミートです。
色味は黒ゴマペーストを使ってブラック仕立てにしてみました。

さらに通常はカレーに入れない香辛料を使って、日本人好みの刺激を出してみました。
(その香辛料は企業秘密です!って企業なのか俺は??)

なかなかスパイシーでうまいカレーになりましたが、この時点ではダシをとっていなかったので、味にそこまでコクがなく、さらに企業秘密の香辛料が効き過ぎて、浅い感じの辛さのカレーになってしまいました。


ということで、反省を活かしての第2弾

f0146268_13523390.jpg

<牛のアキレストマトカレー>

前回の経験を活かして、まずは豚骨でダシをとりました。これからのカレーは基本このダシと、こちらもオリジナルの「かえし(醤油と砂糖と味醂を煮立てて寝かしたもの)」を入れてます。

ブラック要素の黒ゴマをやめて、トマトを多めにしたので色は赤くなりました。
具として韓国の生唐辛子(唐辛子というよりししとうに近い、そのまま食べる用のもの)を入れたのですが、種を抜かずに使ったらこれが意外と辛く、例の企業秘密と相まって、これまたちと辛過ぎな印象が。。。
具材の牛のアキレス腱は、ソースにとろみをつけるので良い感じです。
僕は個人的にアキレス腱が大好きなので満足ですが、普通のチキンや豚肉に比べるとそんなに味が出るものではないんで、具としてはちと淡白な仕上がりに。

味は美味しいけど、なんとなく色的にカレーというよりトマト煮という感じがしてしまう。
色味も重要なんだな!と見た目の重要性を再認識。


そして第3弾

f0146268_13581675.jpg

<挽肉ブラックカレー>
色味の重要性を考えて、ソースには黒ゴマペーストが復活!
挽肉も、水分がしっかり無くなるまで炒めて、味を凝縮&濃い色味を作る。
さらにライスはターメリックで黄色く色づけ。

うまそう!

単に辛いカレーにならないように、ソースに生のパイナップルをペーストにしたものを入れて甘みを出す。さらにピクルスの漬け汁を入れて酸味も加えてみる。
狙いは、大阪の『インデアンカレー』のように、最初甘くてその後辛いカレー。

かなり美味しい!

でもパイナップルの甘みがそこまで出なかったのは、水分が多かったからか?

企業秘密を少なめにして、表面的な辛さをかなり抑えめにしたので、コクが感じる一皿に。

でもって、第4弾
f0146268_1452018.jpg

<チキンブラックカレー>

第3弾の良い部分を引き継ぎつつ、具は挽肉からチキン手羽元に変更。
さらにスープにとろみを出すために具にじゃがいも初登場!

パイナップルでつける甘みは、前回の反省を活かして、生のパイナップルをそのままペーストにするのではなく、一度パイナップルジャムを作っておいてそれを加えることに。
わざわざジャムを作るので手間が増えますが、そのぶん甘みが凝縮されてるはずです。

カイエンペッパーと企業秘密の量をぐっと減らして、辛味をかなり押さえました。
その分、付け合わせ(写真には写ってませんが)として、タマネギのハリッサ風味アチュールを作成。これがかなり辛いので、それを好きな量入れることで、あとから自分で辛さを調節できるシステムに。

食べてみると、やはり辛さが少なく甘さがかなり前面に出てる。

これは失敗かな??と思ったところ、ハリッサ風味のアチュールを加えると、しっかり辛さとハリッサの風味も加わって、かなり美味しいカレーに!!

これはかなり良いところまで行き着きました!

じゃがいもも、思ったよりソースに溶けなかったけど、そのぶん具として成立して、これがうまい!
カレーにじゃがいもは、日本人のDNA的に(インド人も?)絶対合いますね!
今までソースのことばかり気にかけていたんですが、やはり具も重要だと気付かされる。特にじゃがいもは今後外せないなー。

今回はトマトを入れずにヨーグルトを多めにしたんで、色も赤みがすっかりなくなってます。
味的にはやはりトマトが多少でも入ってた方が全体のまとまりが良い気が。


てな訳で第4弾まで来たオリジナルカレー、まだまだ試さないといけないことが沢山あるので、一体いつ完成するのか分かりませんが、引き続きみなさんにも進化を報告していきたいと思います。

今日も東京の街のどこかで、僕らはカレーを作ってるんだなぁ・・・シミジミ
by yuhiblog | 2009-05-26 14:32 | 軟式グルメ
<< ホフディランソフトクリーム 7月に向けて! >>
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。